ひっかけ漁もいいですが、満潮時を狙って1メートルのたも網でもぼらは入ります。3匹4匹と入ります。なんと言ってもひっかけだとぼらの体に傷がつきますので小さいぼらなどは逃がしてやることもできません。その点たも網ですくったぼらは傷が無く元気よく逃がすことが出来、殺生しなくてすみます。1月6日の日は6匹だけたも網で獲りました。全部刺身にするためです。刺身は私が作ります。前にも刺身を作りましたが、テレビで、うどの旅してごめんの番組中の篠島での話しの中に、釣り人が釣ってきた鯛の刺身をさばくところがあり、その人はうろこを取らずに皮をはぐと言ってたので、獲ってきたぼらをうろこをつけたまま早速3枚に料理し、皮と身を剥がしたところ、うろこを取ってないので、皮が丈夫でうまく皮と身を分けることが出来ました。私も本当の料理人のように、刺身を作れるようになったみたいです。もちろん切れる包丁も必要であり、砥石で研いでおかないとだめです。わき腹の小骨も薄く切り取り、刺身作りの料理人としてバイトが出来るかもしれません。6日の晩御飯にはぼらの刺身を1品加えておいしく頂きました。