借金の返済を一本化する、返済の利息が下がるなど、盛んに宣伝されているおまとめローン。
私の依頼人からもそれを利用したいと言われることが多いです。
おまとめローンを利用する検討する前に確認すべき事があります。
それは、

今のあなたが負う借金はいくらなのか?

ということです。
貸金業者が言う残高を全部足し算しても,法律上正確な額でないことがほとんどです。
極めて基本的な事であるにも関わらず,現状の貸金業者の対応では,あなたの正確な借金の残高を明らかにするのは難しいのが実情です。

例えば,貸金業者に電話して借入残高を聞くと,教えてくれる借入残高は,法律上無効な金利,いわゆるグレーゾーン金利を含んでいます。従って実際の借入金額より多くなっています。

実際の借入額はその金利分を借入元金から引き算する必要があります。
そうすると,元金が減るので,引き算した日以降の金利計算をやり直す必要があります。
この計算は,計算機を使ってやれないこともありませんが,本当に時間がかかるので,パソコンを使ってやるのが一般的です。

計算のために必要な「取引履歴」は,貸金業者に請求すれば送ってきてくれます。

正確な借金の総額を確認した上で,おまとめローンが必要か否かを判断すべきと思います。

事務所のHPへ