10日に鎌田町内会の秋祭りがありました。今年からは田原のお祭りより1週間早く行われることになりました。4月の桜祭りが今年からは無くなりまして、今年最初の班長仕事です。そして、またまたおにぎり班ですよ。このおにぎり班は老人会が当番になっていまして、女性陣が型に入れておにぎりを作ります。そこに一人男がいるんですよ。私もおにぎり班は3回目ですが、この男がどうしても許せません。ここは直接手に触れる食べ物班ですからね、清潔が第一ですよ。しかしこの男はこれが分からないのです。去年の桜祭りの最初の班長のとき、この男は手袋をしないで仕事をしていました。私も最初の1回目の班長の時は要領が分からず朝遅れてきまして、この男が既に座って手袋無しの指でおにぎりに穴を開けていました。私もしばらくは遠慮して何も言えませんでしたが、やはり見ておれなくなりまして「手袋をしてください」と言いました。すると女性陣も動きまして、この男に手袋を差し出しました。私が班長になる前は、誰もこの男には言わなかったのでしょうかね。素手でおにぎりに穴を開けていたのですからね。ところがその時に手袋をした指を口に持っていきしゃぶったんですよ。私も「何をやってるんだ」と言って、頭をこつんとたたきました。本当に驚きましたよ。はっきり言ってやめてもらいたいですよ。私も今回の10日の日曜日に、この男の奥さんもおにぎり班にいることが分かりまして、夫婦で来ていることが分かりました。奥さんも注意はしなかったのかね。おにぎり造りが終わりまして、一般の方がおにぎりを取りに来るんですが、その時には素手で取り手渡していました。私も見かねて私がやるからと変わりました。するとすぐ後ろで気に入らなかったのか、蠅たたきで、ばしばしと音を立てて机を叩くんですよ。私は手袋をしてほしいだけです。この男は昔どんな仕事をしていたのか知りたいですよ。本当に「おまえはクビだ」と言いたいです。簡単にクビにするトランプがうらやましい。

 話は変わりますが、偶然、おにぎり班の中に夜中にスモールランプを点けていた女性の方もいまして、改めてお礼を言われました。

 また今回は綿がし当番に、背の高いシングルマザーの方が来まして、3月の慰労会以来久しぶりに見ることができました。実を言いますとこの女性に凄く嫌われまして、私も少しは超能力がありますので、すぐ分かりました。慰労会の時に私を睨んでいましたので、なんとなくわかりました。私もカラオケで覚えたての古い歌を歌っていましたところ、彼女が隣のおばさんに「いつの時代の歌だ」と言っていたそうです。年が離れていますので、やはり恋人になるのは無理ですよね。ところが彼女がアプローチしていた男性との仲がうまくいかなかったみたいで、私に何事もなかったように普通に接して頂くことができました。そしておにぎりを造るのも自然に手伝って頂きまして、10時半には彼女におにぎりを持って他の班へ試食サービスに行ってもらいました。私が行っても絵にならないですよ。ここは背の高いスーパーモデルの出番ですよ。ニコッと笑って引き受けてくれました。その後私も率先していそいそと綿がしのお手伝いをさせて頂きました。本当にどうして離婚したのか分かりません。じつに謎の多い高身長美人シングルマザーですわ。とにかくこれからは嫌われないように、観音様と思い後ろからそっと手を合わせて拝ませていただきます。

 台風18号が近ずいていますが、今度の日曜日は大丈夫ですかね。田原のお祭りに直撃ですよ。私も超能力で進路を北へひん曲げて行くよう使わせて頂きます。

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 田原情報へ