自己破産申立書の添付書類で、本来添付すべきですが、添付できな場合があります。

たとえば、自営の方が自己破産する場合ですが、確定申告書(控)であるとか、課税証明書などなど。

つまり、確定申告していないわけです。

本来であれば、添付すべき書類なので、確定申告していただければ、それにこしたことはありません。

しかし、今から、確定申告しなさいと、言っても、控除すべき必要経費の領収書も、どこかにいってしまい、それが、難しい時って、かなりあると思います。

そういう場合、自己破産の要件として、確定申告が要件になっているわけでもなく、確定申告しなければ、自己破産できませんよ、とまで、断言できないと思うのです。

確定申告していなくても、自己破産の申立をしたことはありますし。

とりあえず、添付できない理由を上申書にして、あとは、自己破産の要件を満たしているか、いないか、裁判所が判断することではないでしょうか?

少なくとも、今まで、確定申告書(控)を添付しないで、申立をしたことがないという理由で、確定申告していないのであれば、自己破産できませんよとは、言えないと思うのですが・・・・・・・・・・・・・・・・