エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

プロ野球日本シリーズは昨日の試合にソフトバンクが勝利してソフトバンクの3勝、日本一に王手を掛けましたね。

 

内川選手のバント、柳田選手のサヨナラホームラン、と勝利への貪欲さ前回の試合になったように思います。強いです。

 

しかし、ここでまたマツダスタジアムに試合会場が切り替わりますので、ソフトバンクがこのまま勝利するのか、ホームで広島が大逆転をするのか、まだまだ楽しみですね。

 

 

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「個人再生時に車の価値はどのように計算するのですか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「基本的には中古車販売業者で査定をしてもらってください。」

 

です。

 

 

個人再生のお手続をすると、

借金の金額が、

5分の1(最低100万円)

持っている資産の額

のどちらか高い方まで減る、

という効果が得られます。

 

例えば、

借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている

という場合、

 

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円

を比べると、車の方が高いので、

 

この場合は、150万円を

原則3年で分割弁済する

という結論になりますね。

 

毎月の支払額は、

150万円÷36で

4万2000円くらいです。

 

こう考えると、

もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば

残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、

というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

 

ということで、個人再生では、お借入の金額だけでなく、お持ちの資産がどれくらいあるか、ということも裁判所の注目ポイントになるところです。

 

預金のようにサッと金額が出るものであればさほど大変な作業ではないのですが、車のように、様々な条件で資産価値が上下するものの場合は、ある程度信頼性の高い算出根拠が必要になります。

 

基本的には車の場合は、中古車販売業者さんに車を持ち込んで買取価格を査定してもらい、査定書を出してもらえれば査定書を裁判所に提出することになっています。

 

一方、実際には売らない場合には査定書を出さないという業者さんも多いので、そういった場合は口頭で査定額を聞いて、その金額を裁判所に報告するという方法もあります。

しかしながら、この方法による場合に、インターネットで見られる車種と年式から割り出される一般的な査定額から大きく下がった金額を報告すると、裁判所からの再査定やディーラーでの細かい査定をするように指導されることもありますので注意が必要ですね。

 

といっても、お借入の金額や他の財産との兼ね合いで、査定額が変わっても再生手続に大きな影響がないという場合には、そういったことも求められませんが、念のためインターネットでも車の価値を調べてみると二度手間にならずに良いですね。

 

 

個人再生について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>