エール立川司法書士事務所の萩原です。
 
プロ野球では、ベストナイン、MVPが発表されましたね。
そして今年のベストナインとは別に、プロ野球発足80年記念として、
80年間の歴代ベストナインも発表されました。
 
捕手部門で選出された野村さんが体調不良のために欠席されたのはとても心配ですが、
改めてベストナインの名前を並べてみると、感動的な顔ぶれですよね。
 
さて、債務整理をご検討中の方からよく頂くご質問として、
 
「返済を長期間滞納していましたが、住民票を移した途端に督促状がきました。どうしてですか?」
 
というものがあります。
 
お返事は、
 
「債権者の立場で住民票の取得ができるため、です。」
 
です。
 
返済を滞納するうちに、転居はするものの住民票は移さない、という状態で長期間過ごされる方もいらっしゃいますね。
 
住民票を移さなければ、確かに居所が分からなくなるので、返済の督促は止まります。
 
転職をして職場が変わり、
携帯電話の番号も変わり、
住民票を移さずに住所も変わる
 
となると、連絡のしようがなくなりますからね。
 
ですが、債権者は定期的に、滞納されている顧客の住民票の調査をしているようです。
 
今のところ、市役所としても、債権者であることの証明を出せば住民票の発行には応じているようですね。
 
ですから、健康保険の加入のために、などの理由で住民票を移した途端に債権者に住所が分かって、督促が再開する、というのは比較的よく聞く話です。
 
住民票を動かしていない間に、裁判を起こされてしまっていたりすると、自分の知らない間に判決が出てしまっていたりしますし、長期間放置をしてしまうことによるデメリットというのもあります。
 
ということで、いずれにしても住民票を移したら督促が再開する可能性が高い、ということを念頭に置いて、早めに手を打つこともご検討頂ければ幸いです。
 
債務整理について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>