エール立川司法書士事務所の萩原です。




最近、仕事用のスマートフォンの電池の減り具合が早過ぎて困っています。





今までは一度充電すると一日半位はもってくれていたのに、今や何も触っていなくても一晩で電池切れ。



しかし充電すると30分で満タン。




そろそろ買い替え時なのでしょうかね。。






さて、個人再生をご検討中の方からよく頂くご質問として、




「家計簿はどれくらい詳しく書けば良いですか?」



というものがあります。




お返事は、



「紙を一枚二枚見れば金額が分かるものは一円単位で書きましょう。」




です。




個人再生申立時に添付する家計簿は、今後、個人再生をすれば返済をしていけるかの審査のために作成します。



毎月の収支状況はどのようになっているのかを確認することは、再生計画に無理がないかの判断材料になりますので、結構大事な書類です。



ですから、書き慣れていない方は大変だと思いますが、なるべく詳しく書きましょう。



少なくとも、家賃、水道光熱費、電話料金、保険料など、契約書や請求書を一枚二枚見れば正確に書けるものについては一円単位で書く必要があると思っております。



一方、食費や日用品費など毎日のように発生するものについては、なるべく細かく、という程度で許されることが多い印象です。



家計簿と聞くと、面倒な印象を持たれる方も多いと思いますが、我々もお手伝いしますので、後ろ向きな気持ちにならずに取り組んで頂けると有難く思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com


立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所