新着記事top10

食品営業許可のうち飲食店経営をするにあたり 必要な許可を飲食店営業許可と言います。 飲食店営業許可を受ける為には 保健所に対して飲食店営業許可を 申請しなければなりません。 そして、飲食店を営むためには以下の要件が必要となります。      ↓ 1食品衛...

契約書といえば、契約書という名称の文書を取り交わせばいいものだと 思われている方もいらっしゃいますが、そうではありません。 例えば、市販の雛形的な契約書の場合は、一般的な形で作成されているので、 皆さんが利用する際には皆さんの契約内容に沿った形で修正する ...

火災保険や地震保険の契約をする場合に建物の所有者や建築年月日が 確認できる登記事項証明書が要求されることがありますが 普段登記事項証明書の取得手続きに慣れてない方は 面倒だと思われる方もいらっしゃると思います。 弊所では保険契約で使用する登記事項証明書の...

法人の古物商許可申請においては個人の場合と異なり、役員の 身分証明書や住民票といった必要書類の収集の数が増えるため 通常の場合よりも手間がかかります。 また、定款の目的に古物商をすることが読み取れる記載が なければ定款の変更等も行う必要も生じます。 弊...

工事などで道路を使用する必要がある場合や 宣伝目的等でビラ配りを行いたい場合、 検査・調査等で道路上で作業を行いたい場合、 宣伝カーを走らせたい場合などなどは 当該場所を管轄する警察署の許可を得る必要がありますし、 場合によっては道路占有許可申請等のその他...

司法書士受験を検討されている方 司法書士試験を受験したいが勉強方法が分からない方、 司法書士を何年も受験しているがなかなか合格できない方 などなどに関するご相談を受付中です。 ご相談は予約制で2時間で15,750円となります。 相談可能日は土日祝のみとなります...

1対1の対面の場合と違って多人数を相手に話をした場合は、話した内容の 修正がききにくいですし、緊張感も1対1の対面と比べて全然違ってきます。 こういった場合、うまくしゃべろうとすることが逆に深みにはまってしまう こともあるようです。 基本的に人前でしゃ...

自分で契約書を作成したいものの作り方が分からない、 雛形を利用して契約書を作成したいが内容面で心配だ 専門家に契約書の作成を依頼する予算がない こういった方々のために弊所では契約書の作成相談を 実施しています。 5250円からのご相談料をお支払いいただけれ...

離婚に伴う財産分与による所有権移転登記とは土地や建物を離婚に伴う財産分与に よって譲り受けた場合になす所有権移転登記のことをいいます。 不動産の譲受けは対抗要件のため仮にAさんからBさんが土地の分与を受けた としても未登記のままで放置していると後にAさんがそ...

相談会などでどうやったらいい司法書士や専門家を捜すことができるのかと ご質問を受けることがありますが、 基本的にいい司法書士というのは人によって異なるのでなんともいえません。 少なくともいえるのは自宅の近所にあるからといって必ずしもその専門家に 頼む必要...

人気記事top20

  1. 2009年08月13 リンク集(2916)