12日、熊本県某市福祉課の生活保護担当職員が
市内のすべての生活保護受給者名簿と
剣道団体の会員189人分の名簿を
ヤミ金融業者に渡していた旨の報道がありました

職員自身もヤミ金融業者に借金をしており
業者からの求めに応じて無断で渡したようです

また、市は生活保護受給者を訪ねて謝罪し
ヤミ金融業者による被害に
遭っていないかを確認する予定とのことです


借金の問題では、任意整理(過払い訴訟含む)
特定調停、破産、個人再生等の
手続きをとりますが…
対ヤミ金においては、そもそも違法金利による
犯罪という構成をとりますので
全く別の手続きとなります

他の手続きとは異なり、本人の意思と
行動力も必要になりますが
私の所属している任意団体でも
当職の事務所でも、やはり相談はございます
一人で悩まずに司法書士や弁護士に打ち明けて
なんらかの手続きに踏み出してみることを
お勧めいたします


また、今回の名簿のニュースとは
少しズレますが、生活保護に関しては
受給の段階や、受給後の段階で
しばしば問題や疑問が起きますが
こちらも一人で悩まずに
司法書士や弁護士等の専門家に
相談してみることをオススメいたします