エール立川司法書士事務所の萩原です。

 

アジア大会に出場しているサッカーU21日本代表は、UAEとの準決勝に勝利し、韓国との決勝戦に勝ち上がりましたね。

 

レギュレーションではU23カテゴリーが上限の大会で、オーバーエイジも認められていますが、日本はオーバーエイジなしの1つ下のカテゴリ-で戦っていますので、東京オリンピックへ向けた強化とも位置付けられそうな大会ですが、結果も出れば言うことなしですよね。

 

韓国はU23世代とオーバーエイジでチーム構成していますから、大変な決勝戦になりそうですが、頑張ってトップを取ってほしいと応援しております。

 

 

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

 

「ネットカフェで暮らしていますが自己破産出来ますか?」

 

というものがあります。

 

お返事は、

 

「まずは定住地を決めたいところです。」

 

です。

 

 

昨今、都心部ではネットカフェなどの滞在施設がしっかりしている一方、賃貸住宅を借りるのにも保証会社や保証人が必要ということも多いので、賃貸住宅を借りるのも一苦労ということが増えているような印象です。

 

そこで、保証会社の審査も通らないし、保証人も初期費用も用意できないという場合は、ネットカフェなどに長期滞在するということも多いのではないかと思います。

 

そういった状況にある場合、自己破産の申立をして、お借入の問題を解決しておくということが出来るのか、というと、裁判所的には一応、住所地を基準に管轄裁判所が決まるということもありますので、定住地を先に決めてから破産の申立をするように、という指導が入る印象です。

 

生活の再建をするにしても、定住する場所があることが大前提、という考え方を重視すると、やはりそのような指導になるのでしょうね。

 

ですから、家賃のお安いところなど、お探し頂いて、なるべく住所地を定めて自己破産の手続に臨んで頂ければと思います。

 

 

自己破産について、

ご不明な点やご不安な点が

おありになる方も、

お気軽にご相談頂ければと思います。

 

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>