本日の報道によると、ドコモはスマートフォン、ギャラクシーS6を実質的に約1万円という大幅値下げをするとのこと。

S6は4月下旬に発売したばかり、ということで、発売直後の機種が大幅に値下げされるのは異例ですよね。

しかし、実質的に、というのはよくある話なので、最初に払ったり、契約したりするお金が1万円減るかどうかはよく確認する必要がありそうです。


さて、自己破産をご検討中の方からよく頂くご質問として、

「実際住んでいるところに住民票を移していなければ自己破産できませんか?」

というものがあります。

お返事は、

「実際住んでいるところに住んでいるということが分かる書類があれば大丈夫です。」

です。


自己破産のお手続をご検討されているものの、色々な事情で、今住んでいるところに住民票を移せていないという方もいらっしゃいますね。

単に手続に行けていないということであれば、お時間をみていただいてお手続に行って頂ければ問題ないのですが、そういうわけではなく、今住んでいるところに住民票を移す予定がない、という場合に自己破産が出来るのか、ということは少し検討する必要があります。

自己破産の申立をする場合は、どこに住んでいるか、ということは住民票や部屋の賃貸借契約書を提出して裁判所に示すのですが、住民票が実際住んでいる場所と違う場所にある場合は、部屋の賃貸借契約書を提出できれば、実際に住んでいる場所も特定出来るので、賃貸借契約書が出せれば自己破産のお手続は進んでいくというご理解で差し支えないと思います。

住んでいる場所は、破産管財人が付いた場合などは、郵便物の転送をしたりと事務的にも破産手続のキーポイントになりますので、提出すべき書類はなるべく提出したいところではないでしょうか。


自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com
<BR>
<A href="http://www.air-tachikawa.com" target="_blank">立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
<A href="http://www.saimuseiritachikawa.com/" target="_blank">借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所</A>
<BR>
<BR>