エール立川司法書士事務所の萩原です。


ACミランの本田選手がリーグ戦初アシストを決めましたね。
コーナーキックで味方のヘディングシュートをアシスト。

ミランでコーナーキックもフリーキックも蹴れるのも凄いですが、
アシストで結果を残したのも素晴らしいですね。

しかも決勝点のアシストとのことで、
監督、チームメイトからの信頼もさらに増したことと思います。

毎週の試合が楽しみになってきましたね!




さて、自己破産をご検討中の方からよく頂くご質問として、


「過去の借入契約書や返済明細を全部捨ててしまったのですが、自己破産できますか?」


というものがあります。


お返事は、


「大丈夫です。」


です。



お借入をご家族に内緒にされている、という方も多いことと思います。

一方、
借入の時に出来上がる借入申込書であったり、契約書であったり、
返済の時に出てくる返済の明細であったり、
と、借入をするに際してはいろいろ書類が手元に来ますね。

ご家族に内緒の方は、これらの書類をやはり捨ててしまうと思います。
内緒の場合は、書類が手元にあって知られてしまうことを避けたいものですよね。

借入のときはそのように内緒が優先で書類を捨ててしまったけれど、
いざ自己破産をするという時に、
手元に借入や返済に関する書類が何もないという状態でも自己破産ができるのか、
とご不安に思われる方もたくさんいらっしゃることと思います。

ですが、
お手元に借入や返済に関する書類が何もないという場合も
自己破産のお手続きはできますので、
安心してご相談下さい。

我々は、債務整理のご相談をお受けすると、
各債権者に、
現在の借入の残高とこれまでの貸し借りの記録の照会
をしますので、
債権者側から貸し借りの記録を全てお預かりすることが出来ます。

ですから、
お借入先の会社のお名前だけ教えて頂ければ大丈夫ですので、
この点についてのご心配はひとつクリアして頂ければと思います。


自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談下さい。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com


立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所