エール立川司法書士事務所の萩原です。



本日のヤフートピックスの記事によると、
埼玉西武ライオンズの涌井投手が今シーズン終了後に、
フリーエージェント宣言する可能性があるとのこと。


涌井投手といえば、西武の大エースですが、
今シーズンはやや調子を落としており、チームの起用法も安定しない
という現状にありますね。


移籍先候補は、
首脳陣に元西武関係者が多くいるロッテ
涌井投手の母校横浜高校出身者が多い横浜DeNA
などが挙げられているそうです。


27歳とプロ野球選手としてバリバリの働き盛りの涌井投手が、
いい活躍ができる環境でいいプレーを見せて下さることを
一プロ野球ファンとして期待しております。





さて、自己破産をご検討中の方からよく頂くご質問として、



「通帳を親が保管しているので、自己破産に必要な通帳のコピーが提出できません。どうしたらよいですか?」



というものがあります。



お返事は、



「いくつか方法はありますので、ご相談下さい。」



です。




自己破産のお手続きをしていることを、
ご家族に内緒にされている方も多くいらっしゃいますね。


家族に心配をかけたくない、
というお気持ちから内緒にされるので、

自己破産に必要な書類収集に、
ご家族が関与しなければならない、
となると一苦労があることも多いとご推察致します。


自己破産の申立に必要な書類を
ご家族が保管している

という場合に、
なんとか理由をつけて、
そのコピーを取らなければならない
というのは一苦労の代表例ですね。


よく聞くのは、

・生命保険の証券
・通帳

などです。


どうしてもコピーが取れないので、
なんとかなりませんか?
といっても裁判所はなかなか取り合って下さらないので、
ここはなんとかするしかありません。


取り急ぎ、自己破産の手続のことだけ考えれば、
なんとかする方法はいくつかあります。


例えば、通帳を親御さんが管理している場合でも、

1、
銀行に行って、過去2年分の取引明細を出してもらう

2、
インターネットバンキングに申込んで
今後の出入金はネットからプリントアウトする


という方法で、
親御さんが管理している通帳を拝借せずとも
自己破産のお手続きに必要な書類を収集できますね。


親御さんが書類を管理している場合に、
実際のところ、なんとかなるのかならないのか、
についても、ご相談の際にお話させて頂いていますので、
ご相談の際にお気軽に仰っていただければと思います。



自己破産についてご不明な点やご不安な点がおありになる方も
お気軽にご相談頂ければと思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com


立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所