エール立川司法書士事務所の萩原です。





昨日は久しぶりに東京地方裁判所本庁のある霞が関に行って来ました。




霞が関に行く時は、特に買いたい本がなくても、裁判所の隣にある弁護士会館の地下の本屋さんに寄っています。




よく、士業は仕入れがなくていいね、と言われますが、本を買って知識を身につけることが私達の仕入れなので、とにかく本は沢山買います。





一冊だけでも重いので、最近は専らアマゾンで買いますが。。




それでは、金曜日。今日も頑張りましょう!






さて、自己破産をご検討中の方からよく頂くご質問として、




「自己破産の申立で裁判所へ行く時は司法書士も同行してくれますか?」




というものがあります。





お返事は、




「もちろん同行しています。」




です。




多くの裁判所では、自己破産の手続では三回裁判所へ行くようになります。




特に一番最初に行く時は、裁判所書記官さんから補足説明を求められたり、書類の追加を求められたりするので、自己破産の申立に携わる司法書士は大体同行していると思います。





その後の二回は、あまりやることはないのですが、私は御守り的なイメージで同行させて頂いています。




自己破産の手続にかかわらず、何でも初めてのことをするときは、流れを知っている人が一緒にいた方が気が楽ですしね。




知識をつけること、できることはやることでご依頼者様の不安を少しでも解消できれば嬉しいことです。



自己破産の手続についてご不明な点やご不安な点がおありになる方もお気軽にご相談下さい。





お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分~午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com


立川で借金相談。無料相談受付中 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所