先日久しぶりにヤミ金融から借金をしているという方の依頼があった。
 現実には、過払いなので回収したいが、携帯電話の番号と、銀行口座しかわからず、しかも他人名義なので、捕まえるのが困難なため、せめて取立てを止めるよう交渉した。大概の業者はすんなりいったが、一社のみしぶとく取立てを続けていた。
 それでこちらから電話をかけ、「取立てを止めろ!」と叫び続け、相手に電話を切られてもすぐに掛けなおし、同様のことを言い続け、更に切られてもしつこく繰り返したところ、しまいにはヤミ金から「お前は司法書士じゃない!ヤミ司法書士だ」と言われ切られた。
 またそのヤミ金から依頼者に電話があり、「何であんなしつこいヤミ司法書士に依頼したんだ」と言われたそうである。
 うちはたとえヤミ金でも穏やかな所は穏やかに交渉し、しつこい所は、口座を凍結した上しつこく交渉するが、依頼者から後ろから鉄砲を撃ってくるようなことをされることが多いので、今後ヤミ金関係の受託は慎重にしようと思う。