新着記事top10

■ 相続の放棄 相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなかればならない。(民938) 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。(民939)      申述期間 熟慮期間 相続人は、自己のために相続の開...

□ 抵当権の抹消 金融機関(銀行・保証会社)からの借入れの返済が終わると(住宅ローンの返済等)、金融機関は不動産(土地や建物)に設定されていた抵当権の抹消に必要な書類一式を送ってきます。 そこで、管轄の法務局に抵当権抹消登記の申請手続きをすることになります...

□ 債務の一本化 債務の一本化をすすめるCMが沢山あります。インターネットの検索でもたくさん出てきます。 債務整理で相談に来るお客様の中にも「一本化を考えたのですが」と言う方がおります。 こんなに沢山宣伝しているのだから良い方法だと思う人も多いのではないでし...

□ 不動産の相続登記 □ 相続登記に必要な書類   書 類        1.遺言書      2.遺産分割協議  3.法定相続 遺言所          ○           ×           × 遺産分割協議書    ×           ○...

□ 生活の立て直し 債務整理の真の目的は生活の再建です。 債務整理をすることで請求や取立が止み、借金問題が解決しても、それで生活が再建できたと言えるのでしょうか。 たしかに、多重債務者と成ったのは借金を重ねていったからです。しかし、借金問題は一時解決しただけ...

□ 当事務所ではオンライン登記申請に対応しています。 電子定款の公証人認証を受けるには、インターネットを経由して法務省オンライン申請システムを利用しなければならなくなりました。 株式会社を設立するには、定款を作成して公証人の認証を受けなくてはなりません。...

 □ 相 続 □ 出生と死亡 人が生れても、手続きとしては、名前を付けて戸籍の届けを期間内にするだけです。 出生に対して、死亡した場合には、たくさんの手続きが必要です。 例えば、死亡届や火埋葬許可申請、年金、生命保険、銀行等の手続き、税金や登記の手続きなど...

□ 相談から受任へ 借金問題の解決には、早めに専門家に相談することです。ただし、整理屋等は決して利用してはいけません。 当事務所では、依頼者とお会いすることなく債務整理を受任することはありません。相談者とお会いして、お話をうかがうことからはじめます。債権...

□ 債務整理 債務整理の方法には、裁判外の手続きとして「任意整理」が、裁判上の手続きとして「自己破産」「個人民事再生」「特定調停」があります。 債務整理の方法を大まかに分けるとすれば、 1 依頼者が分割返済(原則3年)により、債務を完済できる見込みがあれば...

□ 消費者金融やクレジットの債務でお困りの方。 司法書士鶴岡事務所では多重債務者の借金問題  を解決する債務整理をしています。 (費用分割支払・相談無料) □ 借金問題でお悩みの方 現在の日本は消費社会であり、クレジット会社や消費者金融(サラ金)からの...

«Prev || 1 | 2 || Next»

人気記事top20