思い込みというのは、それを払拭するのに労力を要するもの。

一度固着した観念は、自らに受け入れる態勢が整わない限り覆すことは不可能だ。

若者よりも年配の人。

自由度の高い仕事の人よりも型にはまった仕事の人。

どちらかといえば、それぞれ後者の方がより難しいと実感する。



昨日は立て続けにそんなことがあった。

一つは、必要書類について。

もう一つは、約束の時間について。

詳細を書くことは差し控えるが、難しいものだと思う。

対人間だから意思疎通が不可欠。

だが、そこには当然のことながら「こうであればいい」という主観が入り込む。

その主観が強ければ強いほど、「こうでなければおかしい」と思考は変容していく。

それが、思い込みである。

どうやら今回は変容に巻き込まれてしまったようだ。



そうした思い込みを解くためには、第三者の力が必要となる。

冷静に、固まった考えを融かしていく説得力があるか。

そして、本人にその第三者の言葉を聞き入れる姿勢があるか。

逆に当事者である私の言葉は届かない。

そんな場面に出くわすと、私は引いてしまう。

「私のご説明が至らなかったのかもしれませんね」、と。

憤っても、嘆いても仕方がない。

巡り合わせというものもあるのだから。



bobo.jpg

香を焚き、自分を落ち着かせる。

焦りも、苛立ちも、悲しみも自分の中から生まれ出でるもの。

だとすれば、それを取り除こう。

余分な感情に引きずられぬように。

自分を統御することこそが、自分の人生を変え得る術である。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】