濃ゆかった三泊四日の道央滞在。

締め括りの写真を披露します。



小樽観光の帰路、お酒の影響もあって車内で眠りこけ、目を覚ますと車が山を登っていました。

辺りは暗くなっているのにどこへ連れて行かれるのか・・・。

傍らの奥様はニコニコ、運転席と助手席の姪っ子夫婦も何やら隠している様子。

駐車場に車は停められ、そこが藻岩山だということに気付くのにしばらくかかりました。

ボーっとした頭を振り、三人に付いて行くとどうやらロープウェイで展望台へと上がっていくことができるようです。

「もいわ山ロープウェイ」に揺られること5分。

幸いなことに吐き気を催すこともなく、無事に頂上へ着きました(笑)

そこには、地元ではお目にかかれない美しい夜景が待ち受けていました。

sapporomoiwa.jpg

総人口約200万人を数える札幌市が、眼下に広がっています。

奥様が夜景好きであるという情報をいつの間にやら入手し、素敵なプレゼントとして贈ってくれた姪っ子夫婦。

粋な心遣いに、酔いが一気に冷めるほど感動しました。

ありがとう、まなちゃん、ひろきくん。



翌日、夜の札幌を楽しむためホテルへのチェックイン後、散策へと繰り出しました。

テレビ塔の写真は前の記事でご紹介しましたが、他の目的は「赤レンガ」こと北海道庁旧本庁舎。

現在は北海道立文書館として利用され、ライトアップされた夜の姿を見るためです。

sapporodocho.jpg

やはりレンガの風格は威風堂々たるもの。

開拓時代の空気感を今に留めているといった表現はありきたりでしょうか。

庁舎の火災など、受難の歴史も乗り越えて現代も佇む様子を見るに、万感の思いです。

宿泊先だった札幌グランドホテルからは僅かに200メートル足らず、1ブロック先の場所に位置する旧道庁。

元・札幌市民だった奥様の案内もあり、すぐに辿り着けるのかと思いきや・・・

ススキノのネオンに吸い寄せられたのか、ぐるっと遠回りして1時間ほどの予期せぬ散歩となりました。

綿密に計画した旅は強制されるかのようで、詳細を決めることは私の性格ではありません。

何が起こるか分からない行き当たりばったりの旅というのも、また乙なもんですね(笑)

おしまい。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】