sisters.jpg

朝の日だまりで飼い猫と戯れる、妻と姉さん。

いきなり現れた僕を家族として迎え入れてくれてありがとう。

妻と音信不通になって約10年でしたね。

再会して、あっという間に元の仲良い二人になった様子を見て、涙が出ました。

姉妹っていいものですね。

一人っ子の僕にはとっても新鮮に見えました。



僕が妻と出会って6年。

その前にも、結婚してからも、本当に色々なことがありました。

心が氷のようになったり、頼る人を失った僕たちは心のどこかに無理を募らせていたのだと思います。

そんな過去を丸ごと受け止め、僕たちを勇気づけてくれた姉さん。

きっと、この10年のうちに姉さんにもつらいこと、悲しいことが数多くあったのでしょうね。

あなたの言葉には、僕たちを融かしてくれる温かさがありました。

僕たちの心はいつの間にか解され、軽くなっていました。



「団子、食うか?」

朴訥で飾らない、北海道人の気さくさ、大好きです。

相手の顔色を見ることが多い僕には、優しさがストレートに響いてきました。

「妹と会わせてくれてありがとうね」

姉さんはそう僕に言ってくれましたね。

いえ、きっかけは妹である妻が、あなたの娘であるまなちゃんが作ってくれました。

僕はただその後押しをしただけです。

再会の場に居合わせることができた僕は幸せ者です。



縁って不思議なものですね。

結婚してから何度となく、姉さんの話は妻から聞いていました。

言葉の端々からは、仲良くしていた昔を懐かしんでいるのが見てとれたのです。

今年に入ってたまたま妻がまなちゃんをSNSで見付け、姉さんと繋がることができました。

「鉄は熱いうちに打て」。

僕は、何とかして今年のうちに会ってもらいたい、と思いました。

直感のようなものかもしれません。

急転直下の日程にもかかわらず、迎えてくれて感謝しています。

おかげで僕らに欠けていたモノをいただいて帰ることができました。



「つらくなったらいつでもおいで」。

ちょっと年の離れた姉さんは、母のように優しい言葉をかけてくれましたね。

帰る場所があると思えるだけで、これからもきっと頑張っていけます。

ありがとう。

あなたの弟になることができて、僕は心の底から嬉しかった。

必ずまた二人でお邪魔しに行きますね。

新しくできた故郷に。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】