言葉、声はつくづく不思議なものだ。

科学者に言わせれば、声帯を狭めて呼気を震わせて共鳴音を作り出された音、と片付けてしまうだろう。

そうした「メカニズム」には無機質な印象しか持ち得ない。

しかし、私たち人間には意志がある。

強い意志を言葉に表して発声に乗せたとき、そこには力が宿る。

人の心を打つ話とは、この意思が極めて強く滲み出ているということなのだと思う。

「言霊」である。

意志を欠き、表面的な言葉だけ並べ立てた言葉に力は宿るまい。



さらに力を与えるのは、「表情」と「ジェスチャー」だろう。

表情は語り手の人となりを物語り、ジェスチャーは語り手の説得力を高める。

これらの実感は、大人数を前に語ったときの聴衆の反応から得ることができる。

加えて言うならば、そのバックボーンとなるべきは、語り手のそれまでの人生経験の豊富さかもしれない。

社会の中でいかなる人と出会い、いかなる体験をし、自らの中に何を得たのか。

経験は何にも勝る糧であり、自らを構成する要素である。

自らの中に何も受け入れず、机上の論理だけを振りかざしても聴衆の共感は得られなかろう。



enzetsu1.jpg

先日アップした記事、「応援演説@北沢てつや総決起大会」にも書いたとおり、思いの迸った言葉は聴衆に伝わる。

小手先の理屈をこねて聴衆を煙に巻こうとしても見透かされるだろう。

本気であるか、否か。

その点を見極められていると言っても過言でない。

27日投開票の長野市議補選候補者・北沢てつや氏は、武骨ながらも長野市への思いのこもった言葉で訴えた。

私も彼の思いに自らの思いを重ねて訴えた。

その結果は間違いなく実を結びつつある。

いよいよ選挙戦最終日。

候補者と共に一人でも多くの方に思いを伝えたい。

全ては愛すべき長野県と、中核となる長野市の未来のために。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】