夫婦間において良好な関係を維持するに、何が大切なことか。

個人としては、一も二もなく納得いくまで話をすることではないかと思っている。

配偶者が傷付くことはできることならしたくない。

配偶者を傷付ける後悔も味わいたくもないだろう。

人間の持つ優しさからすれば、当然に抱く配慮であり防衛本能である。



「お二人の仲が良くて羨ましい」。

有難いことに、私たちを見た多くの方たちは決まってこの言葉を掛けてくださる。

「何十年も連れ添ったような雰囲気がある」、と言われたこともある。

だが、これとて一朝一夕に築けた関係では決してない。

ここに至るまで、表には決して出すことのない道程を私たちは辿ってきている。

ストレートにぶつけてくる妻に対し、言葉に出すことが苦手な私。

まあ、一般的にはありふれた夫婦の光景ではないか。

私も親の背中を見て育った口であるから、必然的にそうなってしまったきらいがある。

しかしながら幸せなことに、妻は徹底して話し合いを模索する。

それに引きずられるかのように私も口を開かねばならない状況に追いやられる(笑)

一時間、二時間、半日。

互いが納得するまで、話し合いは続く。

結果として一つの結論に辿り着き、元の鞘に収まる。

そうした過程を5年間で何度となく繰り返してきた。

それこそが私たち夫婦の結び付きに繋がっているのだと信じている。



「喧嘩できない夫婦は、本当の夫婦ではない」。

少なくとも私はそう考える。

遠慮などしていても、心からの信頼を結ぶことはできない。

いや、互いを愛する気持ちを信じているからこそ喧嘩ができるのかもしれない。

どちらが先に来るのかは分からない。

しかし、本音をぶつけ合うことは互いの理解の促進にこそなれ、それで崩れる夫婦はそれだけの関係だとも思う。

また、そこに配偶者の親も絡んでくれば一層の複雑さを増すだろう。

ただ、ここで立ち止まってみなければならない。

親を立てる、自分が身を引く、そうした駆け引きも時に必要なこと。

だが、そちらに気を取られるあまり、自分が最も大事な存在のことを忘れてはならない。

誰でもない、夫婦関係の改善を優先させることが必要だ。

何のために結婚したのか。

その点を見誤らなければ、自ずと取るべき行動は見えてくるだろう。

かけがえのない相手と、自分の人生のために。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】