期日が迫っている訴訟で、当事者尋問を行うことにしました。

書証での立証もほぼ終わり、立証の手段としては最後となります。

我が国の民事訴訟においては書証が圧倒的な証拠能力を持ちますので、一般の方が思い描く「尋問」のイメージとは少し異なるでしょう。

テレビドラマに映し出される(刑事事件の)尋問ではそれこそドラマチックな演出により、一発逆転する展開がかなりあります。

しかし、実際の訴訟、特に民事訴訟では書証を中心に淡々と進んでいきますので、傍聴していても面白みとしてはあまりないかもしれません。

あくまでも書証での立証が不足する場合の、補充的な証拠能力しか有していないというのが一般的な取り扱いです。



被告が主張する、和解契約の成立。

私は原告代理人として類似した判例に照らし、その無効を主張しています。

無効の成否を判断するにあたっては、和解したとされる当時の原告被告のやり取りを丹念に洗い出す必要があります。

何年か前の出来事であり、依頼者の記憶ももはや薄れてきてしまいました。

断片的ではありますが、手元に残った書類の年月日、時間の印字と合わせて当日のやり取りを再現してみようと思います。

証拠申出書と尋問事項。

裁判所と被告に直送し、依頼者本人には想定問答を送ります。

当日、裁判所の雰囲気に呑まれずに落ち着いて尋問に臨んでいただけるか。

法廷の様子を想像し、依頼者が応答しやすい問答を作ります。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】