今年も残すところあと5日。

一年を見つめ直し、新年へと向かう態勢を整える時期になりました。

以下、総括と共に思うところを書かせていただきます。



仕事の面では、比較的堅調に推移した年でした。

債務整理の新規受任件数は減少しましたが、代わりに登記の受任件数は増加しました。

集計してみれば瞭然かと思われますが、恐らく開業後最も多く登記申請をした年だったと感じます。

それもこれも友人知人からのご依頼とご紹介とをいただいた賜物です。

以前の依頼者の方からも、別の新しいご依頼をいただいたり。

私を、私の人となりを覚えていてくださったことには感謝しかありません。

人脈は宝、と実感した一年となりました。

この場を借りて皆様に御礼申し上げます。

ご期待に沿えるよう、さらなる精進を重ねてまいる所存です。

また、本年中に解決に至らず持ち越しとなってしまった案件については反省材料です。

事務の効率化と顧客満足度の向上との二兎を追うべく努力してまいります。



仕事外の活動の点では、いつになく悩みの深まった年になりました。

リードする仲間との意識レベルの差異から対立に発展し、見るべき活動をすることができませんでした。

また、その対立の中で周囲の仲間にも多大なご心配とご迷惑をおかけしたことは不徳の致す限りです。

自らの信じるところを意見の提起をしたのみで、押し付けたわけではありませんでしたが、その手段が相当ではなかったのだと思います。

さらに言えば、相手に対しても噛み砕いた表現で指摘をすべきだったのかもしれません。

その点では、建設的な議論の難しさを痛感しました。

同時に、自身の組織における存在意義を考え直す年でもありました。

前述の対立もその端緒となったわけですが、原因はもう一つ存在します。

組織の在り方を数年にわたって検討する中で、私も少なからず議論に参加し、関与させていただいていました。

しかし、今年、所管するグループと連絡を取り合う機会に恵まれませんでした。

非公式ながら方向性が出かかっているという噂を耳にした時、私のこれまでの関与はなんだったのか、と感じてしまいました。

顔を合わせる機会がなかったわけでなしに、私にも情報をいただきたかったというのが偽らざる感想です。

これ以上書けば組織に対する必要以上の批判となりますので避けますが、構成員の意識の低さに触れた思いです。

議論の埒外に置かれていたのであればともかく、中心的な役割を担わせていただいていたという自負が打ち砕かれました。

「組織が自分に何をしてくれるかではない。組織のために何ができるかが大事だ」。

専門的知識を提供できる機会であったのですが、その必要性以前の問題として悲しく思いました。



それ以外にも、数々の「戦い」を繰り広げた一年でした。

自分の信念と、他者の言動とのせめぎ合い。

残念ながら私の信念を捨てざるを得ないことが多くありました。

古いタイプの人間として、世間の潮流に乗り遅れているのか。

それともかつての常識が通用しない世に変わってきているのか。

真相は分かりません。

必死に抗い、不器用ながらも戦い続けた日々でした。

妻とも時には力を合わせ、自分を貫くための戦い。

たとえ無益な戦と分かってはいても。



しかし。

それら全部のマイナスを帳消しにしてくれる嬉しい出来事もありました。

先日来ブログで取り上げている、赤ちゃんの誕生です。

自分の子でなくとも心に温かな火を灯してくれる、この上ない存在との出会い。

kizuna3.jpg

…いやー、どうみても父親ですね(笑)

これぞとっておきの蔵出しショットですよ…(∀`*ゞ)

終わり良ければすべて良し、ってことで!







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】