2013年 4月の記事一覧

«Prev1 2Next»
13年04月17日 00時25分26秒
Posted by: tsuchihashi
130416.jpg

16日、松本市役所司法書士法律相談の午前の部を担当しました。

毎月一度、司法書士が二人で受け持ち、午前午後で計16人の予約制です。

法律相談の担当となって以来、必ず4月の午前中の担当になっています。

新年度が始まるこの時期、相談に見える方は少ないのかと思いきや、予約はぎっしりと埋まっていました。

人の世の悩みは尽きないということでしょうか。

個人的に、法律も専門家も存在しない、トラブルのない社会が理想なのだろうとは思います。

漠然と考えながらもご主張を充分にお聞きし、最適と思われる助言を差し上げるのが私たちの役目。

当然、税務等は業務範囲の関係で専門的な情報提供ができかねる場合があります。

お断りしつつも、基礎知識程度はご説明させていただきます。



お一人が急遽いらっしゃらなかったので、精神的に余裕を持って対応することができました。

トラブル等の根本的な解決策は提示できなくとも、同じ目線に立って共に考えることが私たちの存在意義だと思います。

お一人あたり30分という限られた時間ですが、その中でいかに「相談してよかった」という満足度を上げることができるか。

事務所にいらした方とはまた異なり、一期一会です。

初めて司法書士に相談される方は、この法律相談が司法書士全般に対するイメージを決定づける可能性もあります。

手抜きをせず、今後も相談に臨んでいくだけです。





と、気持ちを新たに事務所に帰ったところでしたが。

常識の通用しないお方との和解交渉に30分弱も費やしてしまいました。

和解書も取り交わすことなく和解金をお支払いすることはできません。

ご自身の尺度でしか物事を見ることができず、相手方の主張を一つたりとも聴こうとしない姿勢には呆れます。

そして、会話の内容は録音しているとのこと。

録音されてもやましいことはありませんが、何のために録音の準備をしているのでしょうか?

「土橋さんも大変なお立場ということはよくわかりました」

・・・それってすごい皮肉です。

あなたが問題を大きくしているのではないですか?

交渉は最初から最後まで平行線のまま、終いには、「話しても無駄ですね」・・・

それはこちらの台詞です。

和解は、互譲によってはじめて成立するもの。

譲るべき部分では譲る、という柔軟な姿勢が必要です。

専門家の私が介入した意味、重みが全くご理解いただけていないようでした。

これからの世の中、一昔前の日本人が持っていた良識の欠落した方が増えていくのでしょうか?

とっても、とっても残念な気分になり、何とも言えない憐みにも似た感覚を覚えてしまいました。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月16日 00時49分02秒
Posted by: tsuchihashi
勢いというものはなんとも恐ろしいものです。

過日、アルピコ交通上高地線のキャラクター、淵東なぎさちゃんのイラストを目にし、夫婦で一気に盛り上がりました。

通販サイトを見た奥様の、「マグカップが可愛い!」の一言で、次の瞬間には注文ボタンをクリックしていたのでした。

届いた商品は、こちら。

nagisagoods.jpg

左からピンバッジ、フィギュア、記念切符、マグカップです。



単なる萌え系とは一線を画した彼女の風貌。

溌剌とした爽やかさをまとい、男性のみならず女性からの支持も高いのではないでしょうか。

デザインはプロの方かと思いきや、女性社員によるものだとのことです。

男性に媚びない健康的な風貌となったのもこの点が大きいのでしょう。

ご当地のゆるキャラもいいですが、松本ローカルのみならず、大きく羽ばたいてもらいたいと個人的に思っています。

今度改めて渚駅に行き、彼女のイラスト入り駅名板を拝んできます!









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月15日 00時04分52秒
Posted by: tsuchihashi
富士には月見草がよく似合ふ。

太宰治の著書、「富嶽百景」の有名な一節です。

この表現方法を私なりにアレンジさせてもらうならば、「古城には桜がよく似合う」。

川沿いに立ち並ぶ桜も、山中に一本だけ佇む桜も、それはそれで趣深いものですが、日本人の心を揺さぶられるのは古城と桜の取り合わせだと思います。

地元・松本城の城郭とのコントラストも美しいものですが、城跡に咲き乱れる桜はかつての栄華を主張しているかのよう。

万物流転、盛者必衰。

そんな言葉と共に、「もののあはれ」を感じずにいられないのです。



高遠城址公園に行って来ました。

13takato1.jpg

武田信玄五男の仁科盛信が城主だった1582年に落城し、江戸時代には高遠藩となり、明治4年の廃藩置県に伴って取り壊し。

歴史の悲劇と言っても過言ではないでしょうが、現代まで城郭が残っていたらと残念な思いもあります。

13takato2.jpg

山城の空堀の桜は、城攻めの攻防に散った武士を弔って咲いているようにも見えます。

旧藩士たちが桜を植樹して現在の公園の基礎が出来上がったわけですが、彼らの思いはどうだったのでしょうか。

元禄以降の城主だった内藤氏の祖先の英霊を祀る藤原神社が敷地内にあり、そっと手を合わせました。





帰途、8ヶ月ぶりに辰野町の小野駅前にあるタイガー食堂へ。

soytan.jpg

看板料理の一つ、豆乳坦々麺にチャレンジです。

なるほど、胡麻ダレのもったり感はきれいに豆乳で再現されていました。

お腹へずっしりと来る感覚は同じですが、後にもたれないのが特徴です。

まろやか、薄味に仕上げられているので、一杯引っかけた後の締めにいただいても翌日に残らなそうです。

また、通常の坦々麺は挽肉が使われますが、こちらは粗く刻んだバラチャーシューが乗っています。

おとなしめのスープとのバランスを図ったのだと思います。

豆乳好きではない私でも、スルッと美味しくいただくことができました。

さあ、次は季節を選んで猪鹿料理に挑戦です!







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月14日 00時46分45秒
Posted by: tsuchihashi
13日の土曜日は、心なしかいつもより早起き。

仕事でも、研修でも、青年会議所活動でも、はたまたプライベートでもなく長野へと向かうためです。

新たな年度に、新たな出会いと刺激とを求め、新たな場所での一歩を踏み出します。

少しの緊張感と期待とに胸を躍らせながら、妻が準備したスーツに身を通しました。

私の我がままを許してくれる世界で一番大切な女性に、心の中で詫びを入れながら。



向かった先は長野市内、現在外壁工事中のビル。

穏やかな日とはいえ、目隠しで日光が遮られた室内には涼しい空気が満ち、身体を凛とさせる効果がありました。

冒頭、

04134.jpg

その証が配られました。

私の置かれている状況からして詳細を書くことはできませんが、目的は自己研鑚です。

一年間という限られた時間の中で自身を確立し、周囲へのフィードバックができる人間へとなること。

インターネットでその情報に触れた時、渡りに船、自身の糧となると直感しました。

多くを妻には語りませんでしたが、理解してくれた彼女に感謝しています。

果たして、県内各地から同じく集まった多種多彩な仲間たちがそこにはいました。

まず行動に移せば、自身が変わる。

自身が変われば、周囲が変わる。

巷間囁かれることですが、仕事を通じても感ずることが多くあります。

私を作っていくのは、紛れもない私自身。

新たな仲間達から大いに刺激を受け、修練に努めたいと思います。



04135.jpg

入塾証の交付に続き、小松裕代議士からの講義を受けました。

いよいよ、始動。

それぞれが思いを込めた自己紹介とスピーチをし、一年のスタートです。

今後の経験からどんな刺激を受け、自身の中でどんな化学反応が起こるのか、楽しみにしています。

個人的に思うのは、周囲のためとしていることも、結果として自分自身のためになっているということ。

仕事にしても、ボランティアにしても、自身には有形無形に返って来るものがあります。

こうした場に参加することは、その「返って来るもの」を掬い取る感覚を養うことにも繋がります。

この感覚を次の機会に活かし、再び「返って来るもの」を得る。

充実した人生というのは、このような正のサイクルの繰り返しなのではないでしょうか。



「志」は、侍の心、と書きます。

相手を重んずる武士道精神を矜持として持ち、精神の陶冶を怠らない、我が国が世界に誇るべき尊い心。

士業の一員としてもこれを忘れることなく、後半生を歩んでいきたいと思っています。

限られた時間、限られた人生。

きっと、生き急ぐくらいがちょうどいいのでしょう。

私は、私の中に宝物を一つずつ、増やしていきます。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月13日 00時00分00秒
Posted by: tsuchihashi
世の中生きていれば、思わぬ軋轢にも少なからず巻き込まれてしまうもの。

傍から見れば些少なことで、過ぎ去ってしまえば大したこともないと思うようになるのがほとんどです。

気に病めば、日常のささやかな幸せの感受性が鈍ってしまい、実に勿体ないことだと思います。

実直に、誠実に人生を送り、人に後ろ指さされないように心掛けたいものです。



そんな私の生き方が天に通じたか、シアワセのプレゼントが我が家に届きました!

sugomori2.jpg

梱包を解くと・・・

sugomori3.jpg

大好物、「いと忠 巣ごもり」の詰め合わせが!

以前に同商品を購入した際、同封されていたアンケート葉書に記入して返信したら、毎月10名の狭き門に当選したのでした。

「巣ごもり」、「フルーツ巣ごもり」3種、季節の「さくら巣ごもり」、「カスタード巣ごもり」、甘さ控えめ「天使の巣ごもり」がセット。

早速ありがたさを噛みしめつつ、夕食後のデザートにいただきました。

今回初体験の「さくら」と「カスタード」。

「さくら」はその名のとおり細かな塩漬けの桜葉が春の到来を強くアピールしています。

「カスタード」はしっかり餡の黄色が鮮やかで、口に入れるとまるでプリンを食べているかのように豊かな風味。

柔らかく上品な甘さだけではない、思いのこもった温かさを確かに感じました。



そして、さらに嬉しいことには、テンプレートどおりではないお礼状が付けられていたこと。

以下、私宛の文面を紹介します。

「土橋秀俊様

ご当選おめでとうございます。
この度はアンケートはがきへのご回答、まことに有難うございました。
ハガキにお書き下さいましたご感想、有難く読ませていただきました。
早速ブログを拝見させていただきました。
大きく「フルーツな巣ごもりたち」の写真をご紹介下さり、ありがとうございます。
とても感激いたしました。
土橋様のこうしたお声を大切に、これからもますます良いお菓子作りに取り組んで参りたいと思います。
今回は当選品と致しまして、「巣ごもり7色セット」をお送りさせて頂きます。
どうぞ色々なお味を奥様とご一緒にお楽しみ下さいませ。
(中略)
土橋様の今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。

平成25年4月 株式会社いと忠 代表取締役 横前忠幸」



顧客を大切に考える会社と社長の姿勢に、またもや感激しました。

一期一会と言いますが、その言葉どおりの会社だと思います。

いと忠さんのHPには、寄せられたアンケート葉書がアップされています。

こうした部分も、一顧客からすれば嬉しく思うところです。

素晴らしい会社、素晴らしいお菓子。

私たち夫婦は、これからもいと忠さんのお菓子をいただき、応援し続けたいと思います。

これからの生き方を、いと忠さんの姿勢に学びながら。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月12日 00時39分57秒
Posted by: tsuchihashi
昨晩遅く、このブログのカウンターの回り方が通常と異なった。

理由は、すぐに判明した。

辞任した依頼者の相手方被告が、私のブログを閲覧していたからだ。

そして、被告が記述するブログにおいて、見逃すことのできない発言が見受けられた。

また、そのブログには私を揶揄する発言もあるので、被告に無断で転載する。

なぜならば、被告は私が作成した準備書面等を、私の許諾なく自己のブログに転載しているからだ。

以下は、その一節である。



「彼は、あの文面で、被告である私を悪者扱いしているが、それは、あの文面が、裁判の中でのみ使われることを前提にしており、私が、ブログで、それを、全世界に向けて開示するとは思いもかけなかった。」

いやいや、アンタの性格からすれば想定の範囲内やぞ?

逆に「今かい!」ってくらい遅いタイミングやったわ。

そやけど、アンタの発信力はそないにゴツイんかいな?

「司法書士は、弁護士同様、客商売であり、悪い評判が立てば仕事が来なくなり、途端に生活が苦しくなり、信用を取り戻すのにも時間がかかるから、軽い気持ちで低い料金で引き受けたこの仕事を放り投げるのは当然のことであった。」

ちゃうちゃう、アンタがワシの悪い評判を立てたろ思て躍起になっとるやん。

ワシの生活の心配をする暇があるんやったら、アンタ自分の生活を心配しとった方がええよ。

それこそ、大きなお世話ってもんよ。

アンタの悪評は検索かけたらゴマンとヒットしてくるで。

ワシの経歴についても違てるところがようけあるし、一方的な解釈しかしよらんやん。

(まだ35になっとらんよ、満34よ。しかも「19で高校卒業」なんてウソ書かれたらダブったみたいやんけ)

もはや笑うしかないわ。



被告のブログ読者がどれほど存在するかは知らないが、私には多くの仲間がいる。

被告のようにほんの一握りの友人しかいないわけではないので、ご心配には及ばない。

さらには、私を若造、安上がりなどと誹謗しただけでなく、報酬の低廉さゆえに放り出したと断言した。

私が彼に馬鹿にされなければならない謂われはただの一つもないし、真実は、全くもって異なる。

無論、報酬の多寡に関わることなく、依頼された仕事に全精力を傾注することは職責である。

本件を受任させていただいた時、もちろん決して手を抜くつもりはなかったし、ここまでの軌跡において依頼者も認めていることだ。

彼が指摘することではなく、依頼者の名誉を重んずる関係において真実を露見させてはならないのだ。

我々の持つ職業倫理としては言うまでもないことであり、墓場まで持っていくべき事柄になる。

資格を有する者にしてみれば当然のことではあるが、他者の悪口に生き甲斐のようなものを見出す被告には想像もつかなかろう。

「7日(日)付けのブログ記載内容を見て、最終的に辞任の判断を下した、と、考えるのが妥当である。」

などと好き勝手なことを記述しているが、逆に私の文書が世の人の目に触れることとなり感謝しているくらいだ。

自身の非常識性を描写したくだりが白日の下に晒されているのに、厚顔無恥もいいところだと思うのだが。

私の書面を最初から最後まで見ていただければ、どちらの主張に筋が通っているかは自ずと判断がつく。

少なくとも、被告のブログを見て失笑することはあっても、私の執務に微塵も影響を及ぼし得るレベルのものではない。

どれほど自身がなした公開行為の成果を誇りたいのかは知らないが。

まあ、私が辞任したことが相当嬉しかったということなのだろうとは思う。



さて、その無断で転載された私の準備書面だが、そこには原文と異なり、誤字が多く散見される。

どうせ転載するのなら、この辺りのチェックも抜かりなくしてほしいものだ。

誤字もそのままにアップすることは、私に対する愚弄に値する。

閲覧した方からすれば、私が文章作成能力に乏しい人間であるとの誤解を招きかねないからだ。

search0001.jpg

彼のブログでの書きぶりを確認したい方は、「準備書面 土橋」、「土橋秀俊 辞任」で検索すれば辿り着くことができるだろう。

高校卒の私の文才を遥かに凌駕する驚きの文面が、訪問者を待ち受けている。



憶測で物事を見ることは、その本質を見失うことになる。

科学者を自称する被告としては、らしからぬ失態だ。

それこそが、科学者として大成することができなかった核心的理由にほかならないだろう。

まさしく笑止千万。

さらに指摘すれば、上から目線で周囲の人々を見下す輩は人間関係を構築できない。

孤高を良しとする自称科学者らしい自己偏愛の極みにあるとしか評価できないが。

自己の周囲にある人間は、すべからく低能であるという理屈のようだ。

論文の一つを書いたから、何だというのか。

「科学者」という響きに陶酔しきっており、自己の置かれている状況を俯瞰的に把握できないらしい。



被告は、どこから来てどこへ行くのか。

自らの出自が差別や偏見との戦いであったことは理解できる。

しかし、いつの間にやら自らが、他者を学歴等で差別する側に回っていることに、彼は気付いていない。

学歴で人間の何が分かるのか。

職歴が、その人の全てを判断する材料となり得るのか。

私の何を分かっての批判か。

私を批判するのは構わない。

私をブログに登場させるのもいいだろう。

だが、依頼者の、裁判官の、書記官の氏名を公にし、名誉を貶めることは人間としてどうなのか。



彼は、こうも書き綴る。

「弁護士でさえ、居候弁護士を何年かやって、仕事を得る技術を身につけ、人脈を作る作業もやり、また、実地に仕事をやる中で一人前になるのであるが、土橋秀俊の場合には、試験合格の2年後に単独で事務所を開設している。誰かが資金を出したに違いない。」

私の社会的経験が不足しているかのように誤解を生ぜしめようとしている上、開業資金の心配までしてくれている。

私がどこの誰から資金を調達していようが、彼が知る必要などない。

彼が知ったところで何の益もないどころか、事実を曲解することしかできないだろう。

悲しいかな、彼の文面から伝わって来るのは「やっかみ」の響きのみだ。

不遇の渦中にあっても、直向きに前を向いて歩む人間がいる。

そんな人の未来は、明るく幸せであって然るべきだ。

自己の境遇を呪い、周囲を羨み、喧嘩腰で挑む人間のどこに魅力があろうか。

他人の心に困惑という名の化学反応を起こさせるのはお手の物であるらしい。

さすがは私よりも20年以上も無駄に人生を送っている科学者さんである。



敵を作り、自分の正当性を声高にブログで一方的に叫ぶことが楽しみという困った人間性。

妻と、いつも語り合う。

「子どもができ、身体に障害を持って生れて来たとしても私たちの子どもに違いない。

そんなことよりも、人の優しさや人とのつながりに感謝できない子どもになることの方が悲しいよね」

彼の非協調性が、彼にどのような最期を迎えさせるのか、見ものである。

大いなる自己矛盾を内包しながら人生を送ればいい。

弱い犬ほど、よく吠える。

精神が未熟な者ほど、過剰な反応を示す。

彼がまたこの「低俗な」ブログを見るかどうかは知らないが、書き込むコメントは興味深い。

いつでも書き込み、また、自身のブログでも偉そうに論評すればいいだろう。

私は大人の対応で受けて立つ。

井の中の蛙は、たとえ大海に出ても蛙のままなのだから。



こういう大人も世の中には存在するんやね┐(´д`)┌

特に子どものみんな、こないな大人になったらアカンで。

注意しましょね~







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月11日 00時11分00秒
Posted by: tsuchihashi
sotoku84-5.jpg

本年3月31日をもって期限切れを迎えた租税特別措置法第84条の5。

一般的にご存じの方はほとんどいないかと思われますが・・・

登記をいわゆる「オンライン」で申請した場合に適用されていた特例です。

不動産の所有権移転、抵当権設定、会社の設立登記などの登録免許税が10%が軽減されていました。

(平成23年度は最大で5,000円、24年度は同4,000円、25年度は同3,000円の軽減でした)

例えば、本則での計算で50,000円の登録免許税だった場合

⇒ 50,000円の10%は5,000円ですが、限度額の3,000円が控除

⇒ 50,000円-3,000円

の47,000円が登録免許税になっていました。



抵当権等の担保を追加する登記の場合には、不動産一個について1,500円がかかります(登録免許税法第13条第2項)。

そして、この場合にも租税特別措置法第84条の5の適用があり、

⇒ 1,500円の10%である150円が控除

⇒ 1,350円

となり、100円未満の端数は切捨てる(国税通則法第119条)こととされているため、1,300円を納付していました。

・・・この「1,300円」という金額。

司法書士業務に携わられている方ならピンとくる数字です。

住宅用家屋証明書の発行手数料。

今回、この金額の絡む単純なミスをしてしまいましたΣ(゚д゚lll)



4月1日からはオンライン申請の控除が廃止となり、前述の担保追加も1,500円が納付金額です。

ところが、うっかりと住宅用家屋証明書の1,300円と重ね合わせてしまい、1,300円のみ納付。

あえなく200円分の追納となりました。

・・・うーん、期限切れは頭にあったのだけれども、勝手に思い込んだうえにチェックミス。

春ってもんですねぇ(+o+)

同じような単純ミスをされた同職の方、いらっしゃいますか?







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月10日 00時13分35秒
Posted by: tsuchihashi
法務局、裁判所、市役所、お客様の会社、そして金融機関。

ドタバタと駆け回り、帰途に着こうという時に奥様からの事務連絡。

「青年会議所の方が見えてるよ」

・・・!

何というサプライズ訪問!

急ぎ事務所に戻ったところに待ち受けていたは正副委員長。

委員会出席率の悪さについての叱責を受けるかと思いきや、委員一人一人の会社を訪問しているとのこと。

普段、互いの仕事場を訪れる機会はそれほど多くないだけに新鮮でした。

(そういえば、他の委員の会社前を通った時に二人をお見かけしたので悪い予感はしたのですが・・・)

委員の中で最も離れている私の事務所を最後に訪れたようです。

突然の「家庭訪問」に、何やらバツが悪いやら(笑)

今後の活動についての意見交換を含め、雑談をしました。

どの組織にも共通して言えることだと思いますが、委員会の結束は正副委員長の連絡の密度に比例すると思います。

その点、お二人が揃って行動されている様子を見て安堵します。

今年度の活動はまだ4分の1を越えたばかり。

可能な限り、委員会活動を支えていこうと思いました。



前振りが冗長になりましたが、この日のおやつ。

dorayaki.jpg

「信州松本上高地線どら焼き」(1コ150円)。

地元密着のローカルスーパー、「アップルランド」で購入しました。

このパッケージの前面に登場する「淵東(えんどう)なぎさ」ちゃん、アルピコ交通上高地線のオリジナルキャタクターです。

「淵東」も「渚」も、上高地線に実在する駅。

最近はグッズ販売にも力を入れているアルピコグループ、なかなかのъ(゚Д゚)グッジョブ!!

HP内には特設ページも設けられており、なぎさちゃんグッズもオンライン通販で求めることができます。

個人的にも好感できるキャラクターですね。

いわゆるローカル私鉄の上高地線ですが、なぎさちゃんと力を合わせていつまでも地域の足として頑張ってほしいと思います。

事務所近くの和菓子メーカー、「まつもと六萬石本舗」さんの製造です。

美味しくいただきました。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月09日 00時02分24秒
Posted by: tsuchihashi
スカッと晴れた8日、松本城お堀北に位置する簡易裁判所と家庭裁判所へ。

心のモヤモヤも吹き飛ばしてくれた爆弾低気圧一過、スッキリと用事を済ませることができました。

さて、午後からは事務所で新規の打ち合わせ、さっさと戻らなければ・・・

今が盛りの松本城の桜を見ることなく去るのか・・・と思っていたところに事務連絡。

「相談者の方がご都合悪くなり、予定より送れそうです」

・・・!

・・・・・・!!

これは千載一遇のチャンス。

念のため私の留守を預かる奥様にお許しをいただき(笑)、お堀から松本城公園を散策することにしました。



13sakura5.jpg

西方向からの一枚。

埋(うずみ)の橋の赤、烏城の漆黒、春の青空に桜木の薄桃色のコントラストは表現できない美しさです。

13sakura3.jpg

東南方向からの一枚。

雄大なアルプスをその背に従え、凛と聳える城郭は威厳に溢れています。

13sakura2.jpg

お堀の北に架かる橋から東の二の丸御殿跡方向への眺め。

張り出して伸びる桜枝が水面に映り込み、重なり合う花たちにあわれを感じます。



予期せぬ予定変更により実現した松本城の花見。

大勢の観光客に交じり、ひとときの現実逃避をしました。

桜が日本人の遺伝子に刻み込んだ影響は計り知れないものがあると思います。

帰り道、やはり松本市の桜の名所として知られる弘法山の麓にある郵便局へ。

普段寡黙な私が、自ら局員さんに桜の話題を振ったほど。

心を解きほぐしてくれる「優しさ」が、桜にはあるのでしょう。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月08日 00時34分43秒
Posted by: tsuchihashi
過日、松本の伝統工芸である押絵雛展を観覧に行きました。

江戸時代後期に武家の女性たちの内職として広まり、明治期には松本の特産品として県外にも販売されたとか。

錦絵が元となった押絵雛、

hina1.jpg

雛段にするとやはり見事なものです。

中には、

hina2.jpg

花魁や力士といった変わり雛も。

飾り羽子板の作り方と同じ方法で作るのでしょうか。

(ご参考までに ⇒ http://www.sakurahorikiri.co.jp/oshie_tukurikata.html)



松本市立博物館、はかり資料館と共に展示会場となった馬場家住宅。

hina3.jpg

右手に見えるのは、藩主専用の通用門。

hina4.jpg

屋敷内の囲炉裏もとってもいい雰囲気です。

展示規模こそ及びませんが、屋敷の趣にピッタリの展示会場でした。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月07日 00時16分32秒
Posted by: tsuchihashi
松本市内では、薄川沿いの桜も見ごろを迎えました。

しかし、この低気圧で生憎の雨。

さすがに河川敷に下りて花見に興じている方も見かけませんでした。

散り急がず、一日でも長く私たちの目を楽しませてくれればと思います。



桜を尻目に、松本の街を離れました。

hijiri1.jpg

海抜969メートルと、松本市街地よりも300メートル以上の高所に位置する聖高原。

桜前線はまだここまでは到達しておらず、お天気も相まって釣り人の他に人影は皆無でした。

雨は聖湖の水面を打ち、遊覧船も動かない休日。

結婚前、奥様と二人で「レストラン聖 レイクサイド館」でお茶を飲んだのを思い出し、懐かしさで再訪しました。

当時の思い出に浸りつつ、食事をする感慨。

何をしなくとも、二人でいられればそれだけで幸せだったあの頃。

二人の間に流れる空気は、当時のものでした。

いつまでも変わらず、共に齢を重ねていくことができたらと思います。

hijiri2.jpg

善光寺街道旅御膳。

地物の野菜がふんだんに使われており、とてもヘルシーにいただけました。

信州サーモンやフキノトウの天麩羅など、長野県の味覚がぎっしり。

自然の豊富な長野県に生きる幸せを感じます。

雨中のデートも乙なものでした。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月06日 01時19分55秒
Posted by: tsuchihashi
春。

「花は桜木」とは申しますが、もちろん桜ばかりではありません。

我が奥様の高尚な趣味の一つがガーデニング。

今年、とうとうこれまで所望してやまなかったお花を入手されました。

rantana.jpg

ランタナ。

赤、橙、黄、白などの色を付け、開花から徐々にその色を変えていくという珍しい植物です。

和名はそれを表すかのように、「シチヘンゲ」と付けられています。

海外では厄介な雑草として知られ、世界の侵略的外来種ワースト100にノミネートされているのだとか。

美しく咲いている花に似合わない一面に少々驚きました。

目に鮮やかですので、とても意外な印象を持ちました。



この花を見ていて思い出す歌は、やはりこれでしょう。

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」

言わずと知れた、百人一首にも選ばれている小野小町の詠んだ歌です。

あっという間に時が流れ、自分だけが置いてけぼりを食ってしまうかもしれないという危険を孕む現代。

今も昔も、有限の時を大切に過ごさなければという教訓に思えますね。

人生の折り返し地点も見えてきました。

一日、一分、一秒を、悔いなく送っていきたいものです。

色々な「出会い」もまた大切にしつつ。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月05日 00時43分36秒
Posted by: tsuchihashi
春の訪れは、同時に雑草との戦いの始まりを意味します。

夕刻、日が暮れるまでの間に奥様と敷地内の草むしり。

花粉アレルギーという爆弾を抱えつつ、一念発起しました。

いつの間にこれだけ背丈が伸びたのだろうと嘆息しつつ、小一時間ほどムシムシ。

20℃近くまで気温が上がった日中は暖かかったとはいえ、さすがに日が傾くと風が冷たい空気を運んできます。

毎年のように繰り返す光景ですが、今の私たちにとって何気ない幸せの一ページ。

身体が冷えようとも、心は温かいままです。



そんな私たちに思わぬご褒美が。

大家さんの娘さんからのおすそわけです。

maroncake.jpg

県内の洋菓子屋さんの試作品。

販売前に先行して食べることができると、優越感に浸ることができます。

生クリームの中に秋の味覚を閉じ込めた一品。

素材の風味を損なうことなく、スポンジと生クリームとの調和が保たれています。

スポンジの甘みが控えめで、生クリームが苦手な奥様でも食べ進むことができました。

・・・善行をすれば返ってくるのかもしれません。

商品化された暁にはきっと買い求めるでしょう。

ご馳走様でした。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月04日 01時11分15秒
Posted by: tsuchihashi
前日に桜の蕾が松本平にも、などと書いたところ、信州大学付属病院の敷地に三分咲き程度の木を見付けました。

早咲きの品種から遅咲きの品種へと遷移し、国宝松本城公園内の桜もカウントダウンといったところでしょう。

道を走っていても、木蓮の白、桃のピンク、オウバイの黄、と自然の織りなす彩りに心も浮き立ちます。

ちょっとした外出も厭わなくなる季節ですね。



新年度になり、法務局に行って来ました。

一般のお客さんと思われる方々が多く、結構な賑わいでした。

法務局内部でも人事異動があったようで、この日の受付担当はまだ着任されたばかりの職員さん。

申請書類を手渡しつつ、手短にご挨拶を済ませました。

年度替りで証明書類を取る必要に駆られる方が多いためか、待ち時間も普段の倍くらいはかかったでしょうか。

そこに拍車をかけていたのが、証明書発行手数料等の改定でした。

書面申請の場合、それまで1通700円だった登記事項証明書が600円に、500円だった公図や要約書が450円に4月1日から変更になっています。

それまでの手数料で慣れていた方が、印紙売場で値下げに驚かれていました。

まあ、一昔前までは登記事項証明書が1通1,000円でしたから、だいぶ下がった感はあります。

しかし、住民票が300円、戸籍が450円という多くの自治体での設定金額からすれば、まだ高いという感想をお持ちの方は多いでしょうね。



で、印紙売場でのレシートを見ると、

recept.jpg

人材派遣会社の社名が印字されていました。

証明書発行業務などのいわゆる乙号事務は、既に民間委託の対象となっています。

法務局のコンピュータに登録された内容を、申請書の記載に従って出力するのみですので、民間へ委託するに際して特段の心配もありません。

事務作業をこなす能力のある人間であれば、その主体が公務員である必要性に乏しいものと言えます。

委託直後に発生した混乱はともかくとして、現在特に不都合を感じることも、制度の信頼性を損ねることもありません。



それに対し、いわゆる甲号事務、登記手続などの公簿への搭載事務は趣を異にします。

不動産という高額な財産の権利関係を公証し真実性を担保する一連の事務は、民間業者はおろか地方自治体等への委託には値しません。

なぜならば、国が公証し、かつ全国一律での手続を確保することによって初めて登記の信頼性が確保されるからです。

国から地方への権限移譲が議論される都度、俎上に上る法務局の地方移管。

移管された地方によって取扱いが異になるということでは、結果として登記制度の信頼性を損ねる結果となりかねません。

私たち司法書士政治連盟では、国による登記制度の運用を守り、ひいては国民の権利を守るため、法務局の地方移管に断固反対します。

政治連盟の活動に興味を持たれていない同職の方にも、理解していただきたい重大な問題です。

これが全ての活動ではありませんが、法制度と登記制度を守るために全力を挙げてまいります。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月03日 01時12分19秒
Posted by: tsuchihashi
黄砂が風に乗って景色を曇らせ、春雨が土に潤いをもたらす季節。

4月に入り、松本平でも桜の蕾はその時を待ちかねているようです。

春の風物詩といえば、桜と花見と花粉症。

例年であればゴールデンウイーク頃に花粉症はピークを迎えるので、桜の開花は待ち遠しいというよりも幾分恐怖です。

今年はそれに加えてPM2.5という目に見えない悪魔が忍び寄っているのでなおさらです。

用心しても大なり小なり症状が出ますので、俎板の上の鯉のような心境なんですが・・・



さて、食で春を感じるものといえば、その筆頭は間違いなくこれです。

sakuramochi.jpg

桜餅。

地元松本の誇る老舗・開運堂さんの一品です。

友人からのいただきもので、こちらは関西風。

道明寺種で餡をくるんだもので、初めていただきました。

桜の葉を二枚使っているのが少々贅沢な感じですね。

日替わりで関東風と関西風を提供しているようです。

桜の葉の優しい香りは、四季の移ろいを愛でる日本に住まう幸せを実感させてくれます。

・・・桜餅の次は、柏餅ですね!









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
«Prev1 2Next»