この1ヶ月いろいろありました。
総会あり、理事会あり、研修部会あり。
プライベートでも先週末引っ越しをしまして、やはり歳ですかね…疲れと筋肉痛が全然取れません。
山のような段ボールがいつになったら片付くことやら…
まあ、そんな中でも日々なんとか暮らしております。

ところで、そんな私の状況などお構いなしに事業が始まってしまいました。
いよいよ第1回勉強会が6月28日に直方地区で開催されました。
テーマは「成年後見の申立」で、テーマがテーマですので、リーガルサポートとの共催です。
成年後見はリーガルサポートが主となって取り組んでいる仕事ですが、司法書士としては家庭裁判所に提出する書類の作成は当然に業務範囲には入るわけで、依頼があれば拒否する正当理由がない限り引き受けないといけないわけですから、リーガルに所属していようがいまいが身につけなければならない知識ですので、研修部としても平均して2年に1回くらいのペースで申立に関する勉強会を開催させていただいております。
今回の研修では事前の相談の対応、司法書士からの説明、そして申立人・本人とのコミュニケーションの重要性を本当に感じました。
成年後見は、申立の目的と申立てた結果に大きなギャップが出る可能性の高い業務です。
申立てをする前から、考え得る結果を最大限説明して納得していただいて業務を遂行しないと、司法書士自身も大変なトラブルに巻き込まれるのですね。
他にもいろいろ感じる所はあったのですが、まとまらないのでこれくらいにしましょうか。
しかし、今回の研修は講師の先生の実際の経験も交えたとてもリアリティのある講義で本当におもしろかったです(もちろん毎回素晴らしいしおもしろい研修なんですけどね)。
講師の先生、参加していただいた受講者の先生方、そして設営等をして下さった研修部のみなさん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】