昨日の研修部会は無事に予定時間ピッタリに終わりました。
早く終わったわけではありませんが、これだけピチッとした時間に追われたのは研修部員のみなさんと支部事務局職員のご協力のおかげだと思っております。
内容の方も充実しました。
6月は公正証書遺言に関するDVD研修。
DVDと言っても侮る無かれ、ちゃんと研修部員が内容を見てこれは面白いと判断して採用しています。
去年も何回かDVD研修はありましたが、DVDを見るだけという感覚があるのか参加人数はいまいちですが、実際の参加者のウケは良好だったように感じました。そんなわけで、今後の課題は終わった後で良いものだったではなく、始まる前にいかに会員のみなさんに良い研修があるんだと知ってもらうことでしょうね。
そして、7月は懲戒に関する研修。
昨今の司法書士業界の懲戒事例はかなり厳しくなってきているようです。
司法書士の簡裁代理権獲得以後、司法書士の職務範囲・知名度は確実に上がってきているように思えます。
しかしその分責任も重くなっていることを我々はしっかりと自覚する必要があると考えて企画しております。
権利と義務(あるいは責任)はコインの裏表です。
表ばかりを欲しても怪我をするということですよね。
その他にも、今後の研修事業についていろいろと検討しました。
いよいよ、新年度の事業が本格的に始まるなと身震いしますが、会員のみなさんが自信を持って仕事が出来るように研修部一同頑張っていきたいと思います。
PR:債務整理ナビ.link【費用を比較して借金減額の相談と依頼へ!】