こにちわササです。

午前中に遠くの法務局へ行ってきました。
いつもは本局に行くことが多いので、どこに何の窓口があるのか、
案内板を見ることなくスタスタ進んでいけます。
今日行った法務局は、かなり久しぶりだったために、入口できょろきょろ。
目的の窓口は見当たりません(案内板も見つけれらず・・・)。
ひたすらきょろきょろ。
おそらく、よっぽど挙動不審だったのでしょう・・・。
印紙売り場のおばちゃんが、たまりかねたように声をかけてくれました。
「ここで印紙買って窓口にいくんだよ!」
そうですね。でも、今日は原本還付です。印紙はいりません。
そこで、
「あの~、登記の申請の窓口は?」
と伺ったところ「あっちだよ。」と奥の方を指さして、親切に教えてくださいました。
そうだ!思い出した!ここは奥の方にあったんだ。はるか昔の記憶は当てになりません。
その後、調べ物をしている際も、おばちゃんは私の挙動を気にしているようでした。
ちなみに、コピー機の場所も聞いたのですが、職員立ち入り用みたいに、板が一枚あって
入って良いのかどうか、迷う感じでした。
ところ変われば配置も雰囲気も変わります。
おばちゃんは私の挙動に気をもんでいるようでしたが、結局は親切にしていただいたので、助かりました。おばちゃん、ありがとう。
初めての場所でも(今回は初めてではなかったのですが・・・)挙動不審に思われないように、スマートな動きができるようになるにはどうしたらよいのでしょうか?
なかなか、難しいですね。