スタッフのK介です。
司法書士として、よつば司法書士行政書士事務所を引っ張っております。
もちろん引っ張っているのは足ばっかりです。
これからもこの調子でグイグイ引っ張ります!

突然ですが、私の家には電波時計なるものがあります。
電波を感知し、正確な時間から少しずれると、自動で調節します。
常に正確な時間を教えてくれるスグレモノ!

・・・

とはならないのですよ!
悲しいことに。

この時計、正確な時間から少しでもずれると、「カタカタカタカタ・・・」と正確な時間を表示するまで、針が回り始めます。
それは結構なのですが、その時たった1分足らずの微調節のために、いちいち長針が12回転するのです。
つまり、半日分進んで調節するわけです。
そこは、アドリブで1分進んだり戻ったりして合わせてくれよ!

しかも、2時ちょうどと4時ちょうどで休憩をとります。
へたれ!
2時から4時の、たった2回転で休憩って!?

そんなわけで、いつもカタカタ言っており、肝心な時間を教えてくれません。
時計を見ればグルグル回ってるし、見てない時はカタカタうるさい。
最近はずっと動いているせいで疲れがたまってきたのか、昔より精度が悪くなってきました。
なので、狂う→カタカタ動く→疲れたまる→狂う→・・・の間隔が短くなってきてヒドイものです。
丑三つ時あたりに、カタカタ言って起こすのは止めて欲しい。
夜泣きか!甘えん坊さん!!

電波時計よ、そんなに生き急ぐなってば!