新着記事top10

不倫の慰謝料請求や交通事故の慰謝料請求などで示談を する場合、示談書を作成する手間なども考慮して 口約束だけで安心してしまう方もいらっしゃると思います。 確かに口約束で示談を成立させた場合も後にもめることが なければそれで問題はありません。 しかしなが...

不動産の賃貸借契約を締結する場合、たいていの場合は不動産業者の作成した 賃貸借契約書を利用する方が多いかと思います。 しかしながら、契約を締結するのはあくまで借主と貸主であるため第三者的な業者が 作成した契約書では双方の要望を十分に考慮したものとなってい...

相続登記を行う場合、昔に亡くなられた方の土地や建物で、相続人が複数人に 及ぶ場合は、相続人の一部が所在不明ということがあり得ます。 こういった場合は、そのままだと遺産分割協議ができないことになりますので、 相続登記をなす前提として不在者財産管理人の専任の...

不動産の登記事項証明書が必要とされる場合の具体例としては以下のものがあります。 1、確定申告をする場合 2、銀行などで根抵当権や抵当権を設定する場合 3、売買などを行う場合 4、財産調査をする場合 5、遺言書を作成する場合 6、遺産分割協議書を作成する場...

裁判所において訴え等を起こす場合、 登記事項証明書(登記簿謄本)が 要求される場合があります。 たとえば、裁判において法人が当事者となる場合、 登記事項証明書(商業登記簿謄本) が必要となります。 また、不動産に関する訴えなどを提起した場合には、不動産...

建設業の許可の有効期間は5年です。 許可の有効期間の末日が日曜日等の行政庁の休日であっても 同様の取り扱いになります。 このため、、引き続き建設業を営もうとする場合には 期間が満了する日の30日前までに、当該許可を受けた時と同様の手続により 許可の更新の...

相続が発生した際や遺言書の作成を行う際には、物件情報を正確に把握するため 土地や建物などの不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)を取得する必要性が 生じる場合があります。 このような場合、普段取得に慣れてない方だと法務局へ行く交通費や手間などを 考えれば面...

大阪の路上などで宣伝目的などでビラを配布する場合には、 道路使用許可を受ける必要があります。 許可なく宣伝ビラやチラシ(ティッシュやうちわなども含む)などを配布した場合には 罰則を受ける恐れもありますので注意が必要です。 弊所でもビラ配りの許可を含む道...

大阪府で建設業許可を受けた建設業者は、 決算終了後4か月以内に事業年度の決算内容等について、 所定の書類で大阪府知事に届け出る必要があります。 これを怠っている場合は、次回の許可の更新の際に支障が生じたり、罰則の対象と なりますので、注意が必要です。 ...

建設工事の完成を請け負うことを営業するには その工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず 建設業第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。 ただし、軽微な建設工事のみを請け負って営業する場合には 必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこと...

人気記事top20

  1. 2009年08月13 リンク集(2885)