「うさぎが好きな」と題しながらまだうちのうさぎを紹介していなかったですね。
 名前はひー君(ネザーランドドワーフ雄 3才)です。
 この間体をいつものように撫でてたら左足のあたりがでこぼこしていてなんとなくおかしいと感じて、そのことを妻に話したら、妻は病院に連れて行った。
 そしたら皮膚がかさぶたになっていて、そこを開けると細胞が壊死しているということで緊急手術。3日間の入院生活をして帰ってきました。帰ってきた時、手術後の傷を舐めないようにとわっかがつけられ本人はそれが非常に邪魔そうで頭をぶんぶん振り回したり、かじってわっかを切ろうとしたり。当然駄目でますます機嫌が悪く・・・
 手術後1週間して抜糸が終わりやっともとの状態へ。
 ひーくんは以前以上に甘えっ子になってしまい、わっかがついていた時ごはんが食べづらいだろうと自分の手にご飯を乗せ、食べやすい位置に持って行き食べさせていたら、わっかがとれてもそのようにしないとあまり食べなくなり、さらには催促までするようになってしまいました。