niku45.jpg

1月4日に発売されたキン肉マンの第45巻。

「仮面の下に隠された熱い魂」を持つ超人博士・ロビンマスクと完璧無量大数軍・ネメシスの対決も遂に決着。

そのロビンを師と仰ぐ漆黒のロボ超人・ウォーズマンが満を持して登場しました。

超人師弟コンビとしてトーナメントにもエントリーしたことのあるロビンとウォーズ。

読者の人気投票でも正義超人の人気上位に必ず食い込んでいます。

ロビンの激闘を眼に焼き付けたウォーズの対戦相手は、シロクマ状の肉体を持つ「完力」ことポーラマン。

ウォーズの爪を用いた必殺技、ベア・クローとシロクマのポーラネイルとの爪対決が予想されましたが・・・。



ともかくも、ゆうにウォーズの肉体よりも二回りはあろうという巨躯に戦局の不安は募ります。

思い起こしてみれば、過去のウォーズの対戦相手は彼よりも巨体を誇る相手ばかり。

ざっと振り返ると、

・悪魔超人バッファローマン(超人強度10倍、ハリケーン・ミキサーの餌食にされた)

・完璧超人ネプチューンマン&ビッグ・ザ・武道(=ネプチューン・キング)のヘル・ミッショネルズ(クロス・ボンバーで覆面を剥がされた)

・王位争奪戦ゼブラチーム所属のマンリキ(やはりウォーズよりも巨体、辛くもパロ・スペシャルで勝利)

といった具合です。

マンモスマンとの対決も想定していたくらいですから、彼は巨体との対戦が宿命づけられているに違いありません。

(・・・というよりも、巨体との対戦を嫌うキン肉マンを筆頭とする正義超人軍の狡猾な策略に嵌められたのかも)



長くなりましたが、そうした読者の不安を掻き立てるかのように前半戦はポーラマンにあしらわれていきます。

そしてお決まりの30分間しか戦えないという時間制限が現実としてのしかかります。

体から出る白煙。

幾度となく目にする光景ですが、ピンチの中で見えてきたのは師の教えと仲間からの友情。

そこからの快進撃には目を奪われました。

一部の読者からは「噛ませ犬」との揶揄も受けてしまっていたウォーズ。

しかし、師の教えを受け継ぐと決意を固めた彼は今までで一番光っていました。



ポーラマンとの戦いも終焉を迎え、戦いは新たなステージへ。

次巻以降で悪魔超人軍参戦の真相が徐々に判明していくことでしょう。

新たな「伝説」を再び楽しみに待ちたいと思います。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村