よしなしごと(=由無し事)。

とりとめもないこと、を意味する歴史ある言葉です。

吉田兼好の徒然草に登場するこの語。

浮かんでは消えていくおぼろげな様子をよく表現した、美しい日本語の一つだと思います。



政治連盟の任務も一段落し、帰り道に友人の店舗へ寄ってしばしの歓談。

互いの思うところを忌憚なく言い合うことのできる間柄は必ずしも多く存在するわけではありません。

恐らく、彼は私の考え方に通ずるものを持っているのでしょう。

順調に事が運んだ時も、事が上手く運ばない時も、変わらずにいること。

常に立ち止まって考え、慎重さを失わずにいること。

物事に対する考え方、世の中の摂理に関すること。

仕事や共通の活動といった話題を超え、いかに生きるかという哲学をも共有できる素晴らしい友人です。

それこそ尽きるともない「よしなしごと」が私たちの口をついて出ます。

祖先を敬う日本という国に生まれ、周囲との調和を重んずる心を私たちはいつまでも持ち続けたいものです。



kamo.jpg

心優しき彼の店舗の裏を流れる川辺に「住み着いた」カモ。

居心地の良さに引き寄せられたのでしょうか。

ほのぼのとした彼に似つかわしい、ほのぼのとした光景でした。

・・・K君、皆さん。

今日は参議院議員選挙の投票日ですよ!







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村