533967569391.jpg

写真は、見てのとおり金の延べ棒。

打刻を見る限り、限りなく純金に近い999‰です。

先ごろ延べ棒と思って盗んだら時価4,000円程度に過ぎないレプリカだった、なんて三面記事もありました。

金の輝きは古代より人の心を捉えて離さず、だからこそ普遍的な価値として金本位制が取られていたのでしょう。



一方で純金は非常に柔らかく、擦り減りやすいという特質も持ちます。

価値としては純金に近いほど高く、対して、合金とすれば様々な色を持つ金属を作り出すことが可能です。

人間も同じことが言えるのかもしれません。

混じりっ気のない純粋な人ほど他者との摩擦に弱い。

しかし、他者とぶつかり様々な要素を取り入れることができた人間は、強い。

衝突を回避し、温室に守られただけの人生では得られるものは多くはないでしょう。

今までの歩みを振り返り、そんなことを思いました。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村