telephone.jpg

参議院議員選挙もとうとう中盤から終盤戦へと差し掛かって来ました。

一日の仕事におよその目処がついた夕方、参議院議員選挙に向けた電話作戦を行いました。

前週に政治連盟総務会で了承を得て、役員らで分担して司法書士各位へと電話をかけます。

分担の割り振りは私がさせていただいたこともあって率先垂範、私の担当会員数は最も多い23名。

政治連盟として推薦している候補者がいることを告げ、その方への投票を依頼します。

お一人あたりにお願いのお話をするのに数分程度を要しますが、概ね趣旨を理解いただけましたので助かります。

長野県司法書士政治連盟が電話作戦を展開するのは10年ぶりくらいのことなのだとか。

組織体制が改まり、制度を巡る環境が激変している現状から今回の実施に至りました。



電話の向こうの会員からは、こんな言葉も頂戴しました。

「大変だね」、と。

確かに会員一人一人に電話をする時間というのは馬鹿になりません。

他の仕事もできるし、というのは事実かもしれません。

しかし、司法書士制度に関する問題を勉強でき、政治的に解決していく先端を担っているという気概が私を支えています。

極論すれば、司法書士の未来のために働いていると言っても過言ではありません。

金銭的に置き換え難い任務に携わっているという充足感は、これまでに受けた会務の比ではないし、大変なことではないのです。

幹事長代理として臨んだ電話作戦。

連絡がつかなかった会員への再連絡は翌日に回すこととしましたが、もうあと少々。

引き続き折に触れて依頼を行い、意中の候補者の当選へ尽力します。



特に登録年数が浅い司法書士会会員へ、伝えたいことがあります。

政治連盟の存在意義を今一度考えていただきたいと思います。

私達政治連盟は、制度の維持発展と国民の権利擁護のためのみに活動しています。

特定の政党のみを支援するものではありません。

あくまでも上記目的を達成するためにふさわしい候補者を支援し、ロビー活動を行っています。

その結果としてもたらされたものが、簡易裁判所の訴訟代理権です。

訴訟代理関係業務の認定を受けている会員は、この恩恵に浴しているわけです。

司法書士制度に理解ある議員のご尽力や政治連盟の活動がなければ、この成果は決して実現しませんでした。

そして、これからも業際問題をはじめとする様々な課題に取り組んでいきます。

司法書士でありながら政治連盟に関心を持たないことは、自己否定若しくは制度の自壊に繋がると考えます。

国民の便益と制度の未来を切り拓くのは、他でもない私たち自身。

そのために司法書士全員が一丸となっていく必要があるのではないでしょうか。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村