結婚されて一年近くになるお隣さん。

そのお嫁さんの実家のある北陸・金沢市では、嫁ぎ先にご両親からお饅頭を贈る習慣があるそうです。

himuro.jpg

加賀藩の氷室開きに由来し、毎年7月1日(旧暦の6月1日)に食べられるようになった伝統のお饅頭。

その名を、「氷室饅頭」。

白、赤、緑の三色は目にも鮮やかです。

夏の訪れを告げる風習として当地に伝えられているそうです。



日曜日の夜、お隣さんがわざわざお裾分けで届けてくださいました。

簡単に説明していただきましたが、松本では行われていない風習だけに興味津々。

縁起物として早速にありがたくいただきました。

中身はこし餡。

くどくない甘さで、気温が高くてもさっぱりと食べることができました。

古くからの伝統を、これからも大事に守っていっていただきたいと思います。

氷室饅頭をはじめとする金沢の夏の風習については、こちらのページをご参照ください。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村