債務整理の依頼者の方から質問されることの多い標記の問題。

「およそ」の知識で回答してきましたが、銀行系の信用情報について。

trust.jpg

金融機関の窓口に何気なく置いてある、こちらのリーフレットに書かれています。

以下、最も質問の多い登録期間について転載します。



「取引情報」

 = ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況の履歴

   ⇒ 契約期間中及び契約終了日から5年を超えない期間

「照会記録情報」

 = 会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容等

  ⇒ 当該利用日から、本人開示の対象は1年を超えない期間、会員への提供は6か月を超えない期間

「不渡情報」

 = 手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分

  ⇒ 第1回目不渡は当該発生日から6か月を超えない期間、取引停止処分は当該処分日から5年を超えない期間

「官報情報」

 = 官報に公告された破産・民事再生開始決定等

  ⇒ 当該決定日から10年を超えない期間


とされています。

詳しくは、全国銀行個人信用情報センターHPに掲載されています。

信用情報に不安のある方は参照されてみてはいかがでしょうか。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村