持つべきか、持たざるべきか。

所属する松本青年会議所は会館を取得すべきかどうか、方向性を出す時期に来ています。

130617.jpg

17日夜に開催された標記勉強会では、これを主題とした話し合いの場が設けられました。

40年以上にわたって積み立てられてきた会館建設基金。

その総額は数千万円単位にまでなっています。

取得すのであれば、いつごろに定めるか。

また、その場所は。

直面する問題は多く、その上に先輩方の意思統一も図られてこなかったこともあり、組織としての決定は先送りされてきました。

特例民法法人の期限切れを11月に控え、この基金の扱いをどうするかという決定もする必要に迫られています。

以下のような選択肢に絞られることになります。

1) 将来の会館取得に備え、資産取得資金として積立を継続する。

2) 会館を取得せず、取り崩して事業費などに充てる、若しくは寄付する。

3) その他の処分を行う。



参加者を小人数に分け、グループディスカッションを行いました。

グループごと、意見は分かれます。

取得すべき。

取得を見送るべき。

取得後の諸問題は将来の会員がその時々で判断すべき。

将来の会員に負担となり得べき可能性のあるものを押し付けることは避けるべき。

どの意見にも個々の思いが色濃く滲み、どれも間違いと言うべきではないと思いました。

こうした議論の喚起をすることができたのも、山本理事長、小林議長のご尽力の賜物です。

これらの意見を充分に吸い上げ、次週の第三回目を経て理事会決議へと進むことになります。

タイムリミットが迫る中、特別会議体の総力を挙げて組織の意思決定に貢献できるよう、一員として協力してまいります。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村