とある友人から依頼された件。

市街化区域内にある、現況は道路、登記簿上は農地である土地のことで、所管の土地改良区へ代わりに相談に出向きました。

※土地改良区(とちかいりょうく)は、土地改良法(昭和24年6月6日法律第195号)に基づく土地改良事業を施行することを目的として同法に基づいて設立された法人である。(wikipediaより引用)



念のため、先立って農業委員会の窓口で転用届出についての相談をしてあります。

「届出受理通知書」が友人宅に保管してあるかどうかにより、事がスムーズにいくかどうかが変わってきます。

ある場合、当該通知書をもって地目変更ができます。

紛失等の場合、再度転用の届出をしなければならないこともあり得ます。

その場合には、所管する土地改良区に意見書を出してもらい、農業委員会に届出書に添えて提出する必要があるとのこと。

地目変更の前提として農業委員会、そこへの届出の前提として土地改良区という「二重の関門」があるわけです。

友人に尋ねたところ、受理通知書は「ない」との回答。

そこで第一関門である土地改良区に相談に行って来ました。

打ち合わせの結果、現況により意見書乃至これに代わる証明書を申請することになりました。

こんなことでもなければなかなか勉強する機会も、行く機会もありません。



結果を受けて友人に伝えようとしたところ・・・

「受理通知書が見付かった」との一報。

面倒な手間が省けてご本人にとっても良かったと思います。

逆に色々勉強させていただいてありがとうございます。

13recker.jpg

移動の途中に事故現場に遭遇。

ハンドル操作を誤って水田に落ちてしまったのでしょうか。

行楽にはもってこいの陽気ですが、気を付けたいものです。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村