何もない日曜日。

文太さんとの食事会松本山雅の決起大会と連日出席した疲れか、起床してもだるさが消えず。

何をするでもなく、ボーっと時の過ぎ行くままに時間を浪費してしまいました。

とうとうコンビニにすら出ることもなく、一日が終了。

夕方からは今週の仕事の準備に入ることができただけヨシとするより他ありません。



もともと大人数が嫌いで、人と群れることを極力避けてきた私。

対人関係というものに対する自身は未だにありません。

一人っ子という生まれで、多分他人との距離感をどう保つべきかが鍛えられていないのですね。

たまたま目に付いた他人の言動に憤り、それをぶつける。

言ったからといって何が変わるでもないことをいつまでも考える。

気持ちの切換えをすべきなのに、どうしてもそんな気にならない。

こうした傾向が顕れてくると、我ながら少し危機感を持ちます。

相手との適切な距離を保ちつつ、適切な態度を常に忘れないこと。

これが抜け落ちてしまっているということは、根底にちょっとした焦燥感があるのでしょう。

メリハリを付けて、休めるときは休み、動くべきときは動く。

自然の摂理に基づいて自分を労わりつつ生活できればいいんでしょうけど。

知らず知らずのうちに疲労を蓄積させてしまう厄介な性格のようです。



山雅の決起大会で再会したK原先輩に指摘されました。

「何か去年は暴れたらしいじゃん」。

去年、青年会議所の中で取ってしまった行動が、どうやら先輩の耳にも入ったようです。

「いいウワサってのは僕らの耳に入ってこないんだけどね・・・」。

正直言って、この指摘は相当堪えました。

もちろん、そうしたウワサが飛び交うことは予想していましたが、面と向かって言われると・・・。

自分の言動には自信を持っていたつもりでした。

でも、現実には独り善がりのところがあったのかもしれない。

・・・それは、仲間のうちだけだろうか。

普段何も言わない妻も、本当は・・・。

事情を詳しくは知らない他人からの評価というものは貴重です。

自らが気付かないうちに他人を傷付け、困惑させていることもあるのだと心しなければならないと思いました。

一事が万事、口は禍の元。

諸々思うところはありますが、それを全て口にすることは必ずしもクレバーではありません。

抑えるべきは抑え、より大人としての振る舞いができるよう、自らに磨きをかけようと思います。

何もない日曜日だからこそ、自分と向き合えたのかもしれません。

そう考えれば、喧騒から身を置く日はやはり必要ですね。

・・・ということで、自分に無理をせずしっかりと休もう(´・ω・`)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村