柔道界が揺れている。

全日本女子の監督でメダリストの園田隆二氏による暴行問題である。

指導に当たっていた選手たちからの告発というのだから、只事ではない。

氏の釈明によれば、「強化という重圧」が背景にあったことを示唆した。

確かに国際ルールが変更され、海外選手の台頭してきたことで「お家芸」が低迷している中での強化は相当なプレッシャーであろうことは想像に難くない。

いきおい指導に熱を帯びることは当然にあり得よう。

「暴行」と「指導」の境目は曖昧なものだと思われる。

氏も記者会見で繰り返した、「信頼関係」という言葉。

では、選手との間での信頼関係があれば、「暴行」は「愛のムチ」へと転化され、肯定されることになるのであろうか。

同様のことは家庭の中でも言えることだ。

「愛情」があれば「虐待」は「しつけ」に名を変えて肯定されることになるのであろうか。

いずれも、閉ざされた密室の中での事件と捉えることができよう。

山下泰裕氏も嘆いたという。

「柔道は人づくり、人間教育だという嘉納治五郎先生の精神はどこへ行ってしまったのか」

全く同感である。

我が国に古くからある競技の殆んどは、技を磨くのと同時に精神の陶冶も図るものだ。

心を蔑ろにし、結果のみに対する執着が招いた感がある。

競技を観戦する者としても、「勝って当然」という認識を改める時期に差し掛かっているのではなかろうか。



奇しくも、同じくメダリストであった内柴正人被告が準強姦罪に問われた裁判では、実刑が言い渡された。

地位を利用し、人として許されぬ行為に及んだうえ隠蔽工作までも図ったとされる被告。

被告を信じて指導を仰いでいた女子部員たちの心の傷の深さは、想像を超えるものだろう。

創始者・嘉納治五郎氏はどのような心持で一連の問題を見ているだろうか。

Kano_Jigoro.jpg







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村