奥様の妹君の戦いは、深夜の鈍痛から始まった。

22:00、前駆陣痛が5分おきに起こるようになり、一緒にいた私たちが病院に搬送。

marunouchi.jpg

場所は私が生まれたのと同じ、丸の内病院。

痛みで軋みを上げる妹の腰を二人してさすりつつ、夜間入口から院内へ。

そのまま陣痛室へ搬送され様子を見ていたところ、日付が変わりご主人が到着。

同院では、妊婦の配偶者と母親しか陣痛室、分娩室への入室が許されない。

よって、私は離れた談話スペースで待機。

時間とは不思議なもの。

何らの情報ももたらされずに過ごしている間はジリジリとした焦燥感しかないが、
いざその瞬間を迎えると意外にも短かった感覚しかない。

ご主人がお母様と妹さんに連絡を入れたのが5時を回ったころ。

子宮口が開いてから産声が上がるまでは、初産にしてはスムーズな流れだったようだ。

6:30過ぎ、元気な女の子が生まれる。

私が生まれたのが6:55らしいので、何かしらの巡り合わせすら感じる。

親等の関係で、私はその瞬間に居合わせることも、新しい命に対面することも、
微かに産声を耳にすることさえも叶わなかった。



ご主人からの報告を受け、9:00過ぎに一旦帰途につく。

121215rainbow.jpg

西の空には妹一家の前途をを祝福するかのような虹。

よく頑張ったね…

午後からの面会時間に合わせ、改めて彼女に労いの言葉を掛けに行こうと思う。

大仕事を終えた彼女の顔つきは、立派な母親のそれになっていることだろう。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村