2013年 8月の記事一覧

«Prev1 2Next»
13年08月31日 00時00分59秒
Posted by: tsuchihashi
昨日の移動中の風景。

yaris.jpg

信号待ちで前に止まっていた一台のヴィッツ。

・・・と思いきや、「YARIS」のエンブレムが。

YARISといえば、ヴィッツの欧州・北米向け名称です。

国内でこのエンブレムが付いた状態で販売されることはないようですが、パーツは入手できるようですね。

おそらくボディカスタマイズとして、エンブレムを交換されたのだと思います。

乗り換える前の車がヴィッツだったのでついつい気になりました。



maxel2.jpg

そしてこちらが現在乗っている、マークX。

の、トミカです(笑)

3年前の2010年の夏に発売(378円)されていたようで、玩具売場で見付けて衝動買いしました。

私の車の色と同じだったので非常に嬉しいです。

今回初めてトミカを買ってみましたが、細部まで作り込まれていたのに驚きました。

・・・こうなると黒の覆面パトカーバージョンも欲しくなります。



蛇足ですが、ほのぼのとしたお話を。

買い物のため車を停めてお店に入ろうとした時のことです。

2歳くらいの男の子が車の前を通りがかり、フロントグリルを指さして一言。

「まーくえっくす!」

よくそんなに長い名前を言えたね!

奥様と顔を見合わせ、「かわいー!」。

「自動車、好き?」

「テレビでも出てくるねー」

などと男の子のお母さんそっちのけで会話を楽しませてもらいました。

やっぱり子どもって可愛いですね!



【予告】

次回から、運転中に出会った風景は「マクセルの車窓から」と題したシリーズでお伝えします(嘘)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月30日 00時00分00秒
Posted by: tsuchihashi
松本市の伊勢町通りに設置されている、手まり時計。

一定の時刻になると「カパッ」と手まりが二つに割れ、中に仕込んである人形が演奏するそうです。

長らく松本に住みながら今までタイミングが悪く、決定的瞬間を見ることはありませんでした。

昨日、移動の途中に運よく通りがかりました。

temari.jpg

が、気付くのが少々遅く・・・

写真に収めたのは閉じかけたところでした(´・ω・`)

ビミョーに頭が見えるのがお分かりいただけるでしょうか?





肉眼でしっかり見たいという方は・・・

temari2.jpg

イメージ的にはこれが近い!?

(・・・近くもないか)

余談ですが、この日、司法書士登録証を入れた財布を忘れて法務局に行ってしまいました。

登記識別情報を受け取る際には身分証明書を提示する取扱いになっています。

財布を忘れたことすら気付かずに受領の窓口に行ったところ・・・

登記識別情報が発行される登記ではなかったため、事なきを得ました。

・・・うーん。

「買物しようと町まで 出かけたが 財布を忘れて 愉快なサザエさん♪」

を地で行ってしまいました、(;´д`)トホホ…







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月29日 00時00分00秒
Posted by: tsuchihashi
おれおれ詐欺(母さん助けて詐欺)に代表される詐欺事案。

手口は多岐にわたり、投資話や還付金、名簿商法など枚挙にいとまがありません。

スキを見せたら付け込まれる、何とも世知辛い風潮には溜息しか出ません。



当事務所にも、無差別に送り付けられるFAXDM。

こちらはセミナーの勧誘あり、文具販売あり、PCや携帯電話販売などなど。

受信拒否したいものですが、「もう送るな」欄にチェックを入れて送信してもかえって面倒なことになりそうです。

トナーの浪費になるよ・・・と思いつつも、藪蛇になることを恐れて放置しています。

さてさて、今回は下の画像のDMを受信しました。

yamidm.jpg

見るからに胡散臭さがプンプンです。

ご丁寧に「ご返済例」なんて付けてくれてありますが、決して騙されてはいけません。

融資額1億円までなんて正気の沙汰ではありませんね。

それでも金融機関から融資を断られたら、こうしたDMにもすがってしまうのでしょうか。



まず着目すべきは、貸金業を営んでいるにもかかわらず登録番号が記載されていないこと。

「登録貸金業者情報検索入力ページ」で検索してみると、案の定該当する商号は存在しませんでした(笑)

商号と住所、商号と電話番号などで検索してみても、もちろんHPはじめヒットする情報には辿り着けず。

ここまで充分予想されたことですが。

念のため、Googleのストリートビューで所在住所の立地状況を確認したところ・・・

1階にコーヒーショップが入居する3階建ての雑居ビルでした。

が、お世辞にも1億円からのお金を動かすような会社が入居する建物とは思えません。

というわけで、インチキDM確定です。

恐らくは大口での融資をちらつかせて、「保証金が必要」とか言って小金を巻き上げようとしているのでしょう。

全くもって油断ならない世の中。

店舗や責任者などもあっという間に行方をくらましてしまうので、被害の回復も困難なケースがほとんどです。

甘い話はどこにもない、ということですね。

事前に知識を身に付け、騙されないように備えておくより他ありません。



しかし・・・。

ウチもさすがにそこまでお金に困ってはいないぞ・・・(;´∀`)

(画像は万が一を考え加工処理してあります)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月28日 00時36分03秒
Posted by: tsuchihashi
castle.jpg

朝晩はめっきりと涼しくなり、すっかり秋の空気に包まれだしましたね。

空を見上げても夏雲の面影はいつの間にか消え去り、文字どおり天高し。

視界いっぱいに広がる青空を眺めていれば、私の中に蔓延るいざこざも小さなものに感じます。

自分の身の回りにある悩みは、そのことのみに気を取られればさも人生の大問題であるかのようにのしかかってきます。

しかし、大空を見上げるように視点を変えたとき、自身を縛っていた観念から解き放たれることもまたあります。

そうしたヒントを与えてくれるのが、最大の理解者である配偶者や親友という間柄にある人なのでしょう。



人は、しばしば自身の存在意義について思い悩みます。

自分は何のために生きているのか。

何のために仕事をするのか。

そして、自分は誰かに必要とされているのか。

これらの悩みは人間として生きている以上、むしろ自然なことであると思います。

無論、私自身も思い悩んだことがあります。



現代のように資本家と労働者階級とが分離している社会においては、特に仕事の意味を見出しずらいのかもしれません。

決められた時間に出勤し、指示された仕事をこなし、規定の俸給を受け取ることで完結してしまいます。

目の前に現れる仕事を遂行することのみに目が行きがちであり、これと対価関係にある俸給のみが関心事かと思います。

ですが、その仕事の向こう側には何があるでしょうか。

なかなか見えずらいことかもしれませんが、自らが関わった商品なりサービスなりの提供を受けて役に立つ人が必ず存在します。

原始社会においては、個人の貢献が分かりやすい共同体がそこにありました。

現代では社会的分業が確立し、徹底した仕事の細分化により自身の仕事の意義が曖昧になっている気がします。

一面では雇用主のために仕事をしているのでしょうが、他面では社会のために仕事をしているのです。

自分の仕事に誇りとやりがいとを持って取り組んでいる人は、常にこのことを頭に置いていると思います。

決して利己的ではなく利他的に生き、社会に貢献する自覚を持っていれば、仕事の、そして人生の意義を見失うことはないのでしょう。

人間ですから、不平や不満を抱くこともあります。

自分の心掛け次第で取り除けるものは取り除き、割り切ることも時には必要なのです。

ただし、人にそれをぶつけたり、逃避したり、ましてや見返りのために何かをすることは自分自身の成長には繋がりません。



偉そうに書いた私も、様々な渦に飲み込まれて見失いかけることがあります。

しかし、仕事をするということは生活の糧を得るという現実問題であると同時に社会貢献でもあるということ。

拘束される時間や限られた金銭的対価のみに汲々とし、一番大事な社会貢献の観点を忘れないようにしたいものです。

仕事のみならず、プライベートの時間でも利他の姿勢を可能な限り持ちたい。

一生を通してこの姿勢を貫くことができたとき、例え金銭的に恵まれずとも、いい人生だったと振り返ることができるのでしょう。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月27日 23時14分15秒
Posted by: tsuchihashi
東京ヤクルトスワローズの宮本慎也内野手が現役引退を表明した日、訃報が飛び込んできた。

そのヤクルトスワローズでも監督を務めた、土橋正幸氏。

24日に筋委縮性側索硬化症により亡くなったという。

現役時代に脱三振記録を打ち立て、草野球から登り詰めた立志伝中の投手。

「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」は彼の代名詞だった。

引退後、ヤクルトを含めて三度監督を歴任したのはその人柄によるところが大きかったようだ。

目にする機会はプロ野球ニュースや野球番組の解説。

頑固そうなオッサン、という印象の他になかった。

土橋という名前を全国に轟かせた人物でもあるが。



監督時代こそ優勝とは縁遠かったものの、親分肌で慕われる存在でもあった。

何より野村ヤクルトの黄金時代の礎を作ったとの評価もある。

名監督であるとの評価こそ受けていないが、球史には間違いなく偉大な足跡を残した。

強烈な個性を持つ野球選手は現代においては皆無である。

実力と個性とを兼ね備えた選手が台頭し、もっとプロ野球を盛り上げてほしいものだ。

土橋氏も、きっとそれを望んでいることだろう。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月26日 00時02分09秒
Posted by: tsuchihashi
昨年の衆議院選挙に続き参議院選挙にも敗北した民主党。

日本維新の会、みんなの等も議席が伸び悩み、いわゆる衆参のねじれは解消した。

政権交代可能な二大政党制を目指したものの、民主党にはその受け皿としての適格性がないことが立証された格好だ。

それだけ約三年に及ぶ政権において国民からの信用を失ってしまったということである。



参議院選挙投票日、民主・維新・みんなの各党幹事長が一堂に会し、野党再編に向けた勉強会を立ち上げるという報道があった。

直後、民主党幹事長の細野豪志は選挙敗北の責任を取って辞任。

みんなの党幹事長の江田憲司は、代表の渡辺喜美から自らとの温度差を理由に解任の憂き目に遭う。

それに留まらず、同党代議士の柿沢未途は党を追われるという内紛が繰り返された。

対する日本維新の会も橋下、石原の両共同代表の確執が取り沙汰されること数度。

揃いも揃ってボロボロの内情を抱えた三党が、果たして野党糾合の核たり得るのか甚だ疑問に思う。

そもそもがして、理念を後回しにした数合わせの印象が拭えない。

思い起こしてみれば、自民党脱党組から日本社会党までをも飲み込んだ旧民主党の結党と同じ匂いしかしない。



非自民連立政権の大仕事として、衆議院選挙において小選挙区制度が成立した。

しかし、結果として二大政党へと収斂していったのではなく、二大政党の一翼を無理矢理に作り出そうとした。

目的と手段とを取り違えたことこそが、この20年間における我が国の政治の悲劇の源である。

政治理念と政策とを蔑ろにし、政治勢力の結集のみに走った小沢一郎の功罪であると言えよう。

民主党には、下野の責任の総括よりも前に責任を転嫁した姿勢に批判が集中した。

みんなの党は渡辺代表の独裁色が強まり、純化主義が加速している。

日本維新の会は地元である大阪の足元すら危うく、国政政党としての力量も疑わしい。

果たして我が国に二大政党制は、小選挙区制度は必要であろうか。

中庸の精神が根付く我が国に、二者択一はそぐわないのではないか。

日本には、日本の風土に根差した制度があればよい。

何事においても欧米の猿真似では、いつまでも政治は三流のままであると思う。

(文中敬称略)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月25日 00時01分32秒
Posted by: tsuchihashi
まさか、日帰りで沖縄へ行くことができるとは・・・

旅の概要は以下のとおりです。



前夜、奥様と自宅近くのホテルに宿泊し、チェックアウト後に立ち寄った建物。

左手方向には「青の洞窟」、直進方向には「奇石展示館」の表示がありました。

鉱物好きの奥様のため、迷わず直進すると程なくして風景が変化し、空港のアプローチ通路を歩いていました。

通路を通りぬけて屋外へ出ると、そこは南国。

あからさまにヤシの木が生えており、否が応にも沖縄の雰囲気を強調しています。

上空に見えるはひと固まりのかき曇った黒雲。

図らずも私たちは空から歓迎のシャワーをその身に浴びたのでした。

空港から先に行ったところには、よもやの桃園がありました。

フルーツ好きの奥様としばしの間桃狩りに興じたのですが、お土産用に収穫したわけではありません。

収穫体験し、手ぶらで近辺の散策へ。

前方には街並みが見えます。



時刻はお昼近く。

体を動かしてお腹も空いてくる頃です。

せっかく沖縄まで来たのだから、と「ソーキそばでも食べに行く?」と奥様に水を向けた私。

対する奥様は、「あんまりお腹空いていない」との答え。

確かに無理して食べることもないかと考えなおし、街へは行かずに郊外の景色を楽しむことにしました。

間もなく、目の前には一軒の平屋が現れました。

知人の家です。

何年も前に沖縄を離れて本土に来ているため、不在であることは明らか。

「いるわけないよね」と話しているところへ、自転車に跨った一人の老人が。

どうやら彼は知人とも顔見知りのようでした。

豆腐を売り歩く71歳の摩文仁(まぶに)さん。

共通の知人がいるというだけで話は盛り上がり、彼が若い頃の世間話や商売の秘訣なども聞くことができました。

温暖な気候はこれほどまでに人の性格を開放的なものにするのだろうか、などと考えながら歓談していました。

まじまじと彼の顔を見ると、どことなく我が家の守り神であるシーサーに似ている気が・・・

きっと彼にもシーサーの加護があるのだろうな、と。



摩文仁さんとの別れ際、生き別れとなった奥様の親族、親友が突如として合流してきました。

といっても、私にその姿は見えませんでした。

彼らに導かれるようにして知人宅を後にし、帰途につくことに。

奥様はさっさと彼らと共に先を行きます。

遅れがちについていく私にも友人が合流し、あれこれと話をしているうちにあっという間に帰松。

夕方、待っていたのは珍妙な祭りの喧騒でした。

4~5名が一つのグループを作り、酒をかっ喰らって大声で互いを罵り合う・・・

・・・こんな祭りは地元にあっただろうか?

不思議に思いながらもその騒がしさを避けるように一軒の食堂に入りました。

その食堂とは、グループリーダーの祖父が始め、現在は弟が経営を引き継いでいる様子。

何とかしてお店を残していきたいと、新メニューの考案や改良に熱心に取り組んでいました。

彼の気丈さに胸打たれつつ、本当に日帰りで沖縄へ行けるのか、と妙に納得している自分がいました。



・・・と、不意に目が覚めて夢の中での出来事であったと気付きました。

そりゃそうです、松本からは直行便がないうえに福岡便が夕方にしか飛ばないわけですから日帰りなんてできるわけがありません。

私が生きているうちに実現するかも怪しいものです(笑)



夢は記憶の整理であると脳科学の分野では定説になっています。

確かにここ最近の自分の体験のエッセンスがそこはかとなく散りばめられているようです。

分析は科学者の方に任せるにして、やはり人類が未だ全てを解明できていない謎の一つ。

だからこそ夢占いに託す人々の思いも消えないのだと思います。

覚醒時には存在する時間的・空間的制約をも軽々と超越する夢。

私には、神が与え給うた魂のドラマに感じられるのです(特に楽しい夢の場合には)。

それにしても珍しく長編の夢を見たものです。



warsman.jpg

ウォーズマン 「良い子のみんな、夢の力を馬鹿にしちゃいけないぞ! いけない子にはスクリュー・ドライバーだ!」

・・・ロボ超人であるウォーズマンも夢を見るのでしょうか?







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月24日 00時50分13秒
Posted by: tsuchihashi
shiga2.jpg

松本市四賀支所。

平成17年、梓川村、安曇村、奈川村と共に松本市に編入合併された四賀村の役場です。

松本市の北端に位置しているものの、市街地からは国道143号を通って安曇野市を経由しなければ行けない事実上の飛び地。

四賀地籍に属する七嵐地区と、稲倉(しなぐら)地区とを結ぶ林道白張稲倉線(稲倉峠)も存在するには存在しますが、車同士の行き違いも困難で現実的ではありません。

四賀村は松本市との合併に際し市街地との直結道路建設を要望しているものの、現在も開通せず・・・

そのことも幸いしてか、合併後も四賀地区はのどかな風景を留めています。

そうした中で支所の雄然たる佇まいは特筆に値するといえましょう。



四賀村時代からの振興策をそのまま引き継いでいるのも特徴です。

滞在型市民農園のクラインガルテン。

化石産出の利を活かした四賀化石館。

松茸の産地であることから開設された松茸山荘。

街道の街並みを現在も残す会田宿。

そして村花だった福寿草の群生地であることから毎年3月に開催される福寿草祭り。

見どころはたっぷりとある四賀地区。

地元に住まい訪れる機会になかなか恵まれませんが、ゆっくり回ってみたい魅力的な地でもあります。

その特色をいつまでも残していってほしいと思います。

本当の意味での「松本の奥座敷」としてふさわしい地ではないでしょうか。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月23日 00時37分16秒
Posted by: tsuchihashi
年に数回、県内の某所へ水汲みに行く。

深山幽谷分け入って、というほどの場所ではないが、林道の先にその場所はある。

知っている人は知っているもので、平日であっても数組のグループが見られる。

県外ナンバーの車もよく目にする。



自然からは、誰でも分け隔てなくその恩恵を受けることができる。

私たちも少しだけおこぼれにあずかるべくそこへ赴き、感謝の念と共にいただいてくる。

地球、大地、山、そして木々の一本一本に至るまでの全てに対する感謝である。

私はそれら全てに神が宿っていると考えるし、それらの前において「欲」は禁物であると思っている。

water.jpg

だから、汲んでくるのは2L入り容器に2本だけ。

「飲めば飲んだだけご利益がある」だとかいう考え方にはならない。

自然の中で生かされている、そうした気持ちがあれば「少しだけ」で充分である。



ある日も、ポリタンクを5個以上も持ち込んで汲んでいる県外の方がいた。

確かに湧き水は無料だ。

遠方から来たのだから少しでも多く持ち帰りたい、というのは人間の心理というものだろう。

そうした心理を理解できないわけではない。

だが、考えてみてほしいと思う。

私が考えるように、自然に神が宿っているのだとすれば、人間の浅はかな欲など見抜かれるはずだ。

さすればその欲を叶えんがための行動も否定されることになるのではないだろうか。

人間も自然界の中に活かされている存在である以上、自然の、神の意思に反することはできなかろう。

ましてやその水を営利目的で売ろう、などというのはもってのほかと思う。

自然が末長く守られるよう、欲望のレベルを少し落とし、感謝と共に保全の意識を高めなければならない。

さらには観光協会をはじめとする関係団体が、関連産業の発展のみならず、保護のための施策をもっと高めていくことが必要だ。

人間と自然とが共生していくためには、私たちの側にも一定のモラルを持つことが望まれる。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月22日 00時14分33秒
Posted by: tsuchihashi
tainou.jpg

ご存知の方も多いかと思いますが、念のため。

長野県では市町村税や県税を滞納すると、「長野県地方税滞納整理機構」の処理下に入ります。

同機構は、地方自治法第284条第3項に基づく広域連合として、長野県内全市町村及び県によって構成されています。

その設立の趣旨によれば、

「・・・景気低迷などの影響により、(中略)新規滞納の抑制とともに、なお一層の徴収対策の強化が求められ(中略)・・・地方税の収入未済額を効率的に縮減するためには、市町村と県とが共同で滞納整理に当たっていくことが有効と考えられる」

とあります。

特に悪質とされる事案については徹底的な財産調査を行い、差押等による回収を図っていくことになります。

もちろん滞納者には事情もあると思います。

ご相談にいらした方にも申し上げることですが、税金は破産しても免責されません。

納期が到来している税金は、放置すればするほど延滞税や督促手数料がかさみます。

逃げていても何も解決になりません。

担当課に電話がかけづらい、そんな気持ちも理解できます。

しかし、せめて誠意を示して事情を話すことこそがあるべき姿であり、正しい納税者だと思います。



納税は国民の義務の一つでもあります。

税金によって各種の公共サービスを享受できるわけですから、意図的に納税をしない方へのそれは制限されて然るべきです。

こうした機構が発足せざるを得ないのは残念ですが、悪質な滞納者が少しでも減ることを祈ります。

正直者が馬鹿を見るような世の中は勘弁願いたいところです。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月20日 00時00分00秒
Posted by: tsuchihashi
お盆休み後、再始動しました。

一発目のお客様は、訴訟追行中の方。

次回期日に「受諾和解」となる見込みのため、そのご説明と書面への事前署名をお願いするためです。

(受諾和解とは、「当事者が遠隔の地に居住していることその他の事由により出頭することが困難であると認められる場合において、その当事者があらかじめ裁判所又は受命裁判官若しくは受託裁判官から提示された和解条項案を受諾する旨の書面を提出し、他の当事者が口頭弁論等の期日に出頭してその和解条項案を受諾したときは、当事者間に和解が調ったものとみなす。」と規定する民事訴訟法第264条に基づく裁判上の和解の一形態です)

被告との間で裁判外で和解の段取りを付けておき(もちろんご本人に被告と直接やり取りしていただき)、被告から受諾和解の上申書を提出してもらってありました。

書記官と和解条項案の最終確認をし、この日に至りました。

次回の期日に出頭し、和解条項案を受諾すれば成立し、後は入金を待つばかりとなります。

入金予定は約二ヶ月後。

履行は確実と思いますので、これで一区切りといったところです。



そんなお客さまから、お茶受けをいただきました!

mochikichi.jpg

もち吉のお煎餅です。

どんなものであれ、お気持ちをいただくのは本当に励みになります。

新規でのお問い合わせもいただき、今年の残り約4ヶ月のスタートになった一日。

秋からは研修や会議が多くなります。

健康第一、お客さま視点で励んでいくだけです。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月19日 01時17分35秒
Posted by: tsuchihashi
何やかやで結局のところ三連休止まりだったような今年の盆休み。

奥様の体調も考慮し、外出は控えることにしました。

その過ごし方は・・・ジグソーパズル。

奥様は独身時代に一人ジグソーに興じていたほどであり、夫婦共通の趣味です。

購入してからというもの興じる機会になかなか恵まれませんでしたが、ようやく日の目を見ました。

hanabipuzzle.jpg

作品は放浪の天才画家・山下清画伯の「長岡の花火」。

1000ピースながら、ちぎり絵独特の難しさにかなり苦戦しました。

花火→観客→夜景の順番に組み立てていきましたが、夜景部分は推理を入れる余地がない・・・(;´∀`)

画伯を少しばかり恨んだりもしました(笑)

結局奥様の「下手な鉄砲」戦法に頼り、私はサポート役に。

丸二日とちょっとの苦闘の末、とうとう完成しました。



hanabipuzzle2.jpg

完成後は額に入れ、玄関に飾りました。

和テイスト漂う玄関にピッタリ。

(・・・秋口には時期的に飾れませんが)

弊事務所にお越しの際は是非鑑賞してやってください!



共同作業の愉しみは何にも勝る贅沢。

どこに行かずとも、奥様は満足してくれたようです。

お金も時間も使わず、スローでアナログな休日を満喫しました。

あまりの充実感と完成による解放感からか、完成後に二人揃ってお昼寝(つ∀-)

こんなヒッキーな休日もありですね。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月17日 00時32分58秒
Posted by: tsuchihashi
15日は金融機関へ登記完了書類を届け、法務局へ印鑑カードや書類の受領に行きました。

金融機関の設定書類や使い回される資格証明書など、登記の完了後は速やかに引き渡さないとどうにも気持ちが落ち着かないもの。

いつもの年ならばお盆明けに届けるのですが、半勤半休の今年。

書類の引渡しが終わってようやくお盆休みです。

初日はお昼くらいまで高鼾、でした・・・。

送り盆の16日になってやっとご先祖の眠るお墓へ赴けた始末。

お参りが遅くなり大変失礼しました。

・・・お休みもあと二日かぁ( ´ー`)

さあどうする、ノープランな私!



~NO PLAN 「Oh! サマー」~

こんな感じのお祭り騒ぎはもうできないなー・・・。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月16日 00時24分34秒
Posted by: tsuchihashi
13gokoku.jpg

市内美須々にある長野縣護國神社では13日から16日までの4日間、「みたま祭」が斎行される。

明治以降の緒戦、とりわけ大東亜戦争に散っていった長野県出身の英霊の御霊を祀る同社。

信濃國総守護であり、夕闇に灯る慰霊の提灯はその厳粛さを強いものにする。

私たち子孫のためにその身を擲ち現在の平和の礎となった彼らに対しては、畏敬と感謝の念しかない。



列島が鎮魂の空気に包まれるこの時期になると、きまって隣国からの耳障りな発言がもたらされる。

内閣総理大臣の靖国神社参拝に対する批判である。

その批判に屈する形で、歴代総理の大半は参拝を控えてきた。

また、時期を外して参拝を行うにしても、その「肩書き」について是非が巻き起こってきた。

そもそも、参拝を控える必然性がどこに存在しようか?

そもそも、私人か公人かの肩書に意味があろうか?

なぜ、隣国におもねるような報道がなされるのであろうか?

そして、私たちがそれらに対しての感覚が麻痺してしまっているのはなぜでであろうか?



他国がいかなる批判を繰り出そうとも、参拝の自由はこれにより何ら制限されるものであってはならない。

国会議員をはじめとする日本国民は全て、その信ずるところに従って参拝することができる。

思うに、隣国は死者に対する我が国の思想文化を全くもって顧みることはないし、その器も持ち合わせていない。

あるのは我が国に対して批判をすることにより、相対的な優位性を確保し続けようという思惑のみである。

その根底には、戦後70年弱を経てもなお自らが被害者であることに対する意識のみがある。

一体いつの世まで怨みを抱き続けるつもりであろうか。

我が国がどれほどの姿勢を示せば彼らは虚栄的な満足を得られるのであろうか。

不毛なやり取りを、英霊たちはどのような気持ちで天上から眺めておられるであろうか。



国会議員はじめ国民は、堂々と靖国神社へ参拝すれば良い。

批判をする自由はあるが、それが我が国国民に影響を及ぼすものであってはならない。

内政干渉というよりも、重大な思想信条に対する侵害である。

その上で、私たちは私たちの祖先に対する考え方を示せばよいのだ。

我が国では、没したものはすべからく仏になる。

生前に善行を積み重ねた徳深い者であるか、咎を犯した者であるかを問わない。

仏となった後は、我々子孫の幸福を見守る霊となって存在し続ける。

こうした思想が彼らの理解できるところであるかはともかくとして、我々が後世に伝えていくべき崇高な思想であると思う。

かかる精神文化は他国の批判や干渉には与しない性質のものである。

それは靖国神社に合祀されたA級戦犯とされる英霊であっても変わるところはない。

戦犯という肩書きはあくまでこの世での不名誉な勲章にすぎず、この世を去り仏となった彼らはこうした軛(くびき)から解放されるべきであるからだ。

隣国に同調し、我が国の伝統文化を破壊せしめんと活動する諸団体は、少なからず存在する。

それらの影響を排除していくには、私たちが子孫に正しい歴史教育を施し、文化を継承していくより他なかろう。

戦犯とされた方々は方向性に誤りがあったとはいえ、我々子孫のために命を落としていった事実に違いはない。

他国の文化を尊重し、共存共栄を図るという近代国際社会の不文律を侵す愚行を、諸外国は冷ややかな目で見ているはずである。

内閣総理大臣は堂々と胸を張って靖国神社に参拝すれば良いし、一国民として私はそれを望んでいる。

私たちが誇れる精神文化であり、それに勇気付けられる国民は多い。

他国の干渉など、何ら意味を持たないことだ。

何より祖先に対する非礼を重ねることはこれ以上許されないだろう。

私も機会があれば、終戦の日に祈りを捧げるために靖国神社へと足を運びたいと思っている。

我が国の善良で崇高な精神が、永年にわたって継承され続けるように、と。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年08月15日 01時21分17秒
Posted by: tsuchihashi
前日13日にオンラインで申請した会社設立登記。

14日の午前中に郵送した書類が到達し、午後には登記完了。

この間わずかに4時間余りでした。

商業登記が法務局の本局で集中処理されるようになって約二年。

以前より処理が早くなったとはいえ、お盆期間中でも変わらない早さだとは思いませんでした。

おかげで今週中に設立完了を希望されていたクライアントにいい報告をすることができます。

(お盆なのに「補正」連絡が来たなんてシャレになりませんから・・・)

世間が休日でも仕事をされている職員さんに感謝ですね。

法務局に限りませんが、周囲が休んでいる時に仕事に携わられている方がいるからこそ、私たちも暮らしていけるのだと。



とはいえ、14日は完全オフ。

午前中はポケーッとし、残りの休みの過ごし方を奥様と話し合ってみました。

・・・が、緊張の糸がぷっつり切れているのか話がなかなかまとまらず。

決断を迫られる状況下にない長期の休みはこんなものですね-y( ´Д`)。oO○

お墓参りの他は長らくお蔵入りしていた山下清画伯の作品のジグソーパズルに腰を据えて取り組もうかとの結論になりました。

完成したら事務室の一角に飾ろうかと思います。



15日も法務局へ行くことになりそうなので、半勤半休の3日目になるでしょう。

出会った皆さん、魂の抜けたような表情をしていたらごめんなさい。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。

当事務所(土橋司法書士事務所)のホームページは、→→コチラ←←になります。

是非一度ご訪問ください。



【ご協力のお願い】

ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
«Prev1 2Next»