2013年 4月の記事一覧

«Prev1 2Next»
13年04月30日 00時37分33秒
Posted by: tsuchihashi
maxel-gw.jpg

昨年の納車から10ヶ月。

ほぼ毎日私と行動を共にしてきた愛車も、ゴールデンウィークの昭和の日ばかりはお休み。

1万4,000km余りの移動を、文字どおり私の足となり支えてくれています。

頼もしき相棒にも束の間の休息。

また明日から元気に動いてもらわなければなりません。



私たちも過ぎ去った昭和に思いを馳せつつ、庭いじりに没頭する一日となりました。

強い風も吹かず、燦々と光を届ける太陽のもと作業は気持ちよく捗ります。

奥様は鉢植えの土づくりと花苗の植え付け、私はやっぱり草むしり。

無心で一つのことに取り組んでいると、嵐のように襲いかかっていたストレスもしばし忘れることができます。

仕事やら何やらから、自らを遮断した休日。

離れてみて初めて自分が凄まじい渦中にあったことを実感し、同時に素の自分を取り戻せた感覚です。



それにしても、この3月4月の状況はエラかった。

私は人から見ると当たられやすい風貌なのか、性格なのか、本気で悩んでしまいました。

仕事上、友人との間、プライベート・・・

朝っぱらの5時に叩き起こされたことさえありました。

常識を持たない人間とのやり取りほど無味乾燥なものはありません。

おかげで始終ピリピリとした雰囲気だったと思います。

一言で言ってしまえば、とばっちりの連続でした。

自分がいかなる攻撃を受けようとも、それに対して反撃することは得策ではないでしょう。

距離を置くべき人とは距離を置き、逆に善行を周囲の人に施していきたいものです。

同じ次元で殴り合っても自分の評価が下がるだけ。

大人の対応をしていくことが、自らの成長と他者からの評価にも繋がるのだと思います。

奥様、このゴールデンウィークは心静かに過ごそうね。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jp まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月28日 00時25分32秒
Posted by: tsuchihashi
やって来ました、ゴールデンウィーク。

その到来に呼応するかのように、私のアレルギーも最高潮に達しました。

朝起きると同時に闘いの火蓋は切って落とされました。

くしゃみ5連発、鼻水をかむこと数十回。

晴れやかな目覚めの余韻を味わう間もなく、肉体的には悲鳴が上がります。

アレルギー薬を服用し、どうにか鼻水を止めて外出することができました。

とはいえ、休みに入る前にゴールデンウィークの計画を綿密に立てることもなく・・・

日常が予定に縛られている以上、せめてお休みくらいは計画から離れることも重要ですしね。



で、向かった先は伊那市某所。

アレルギーにも負けず、桜の花を愛でに。

shinwa1.jpg

標高が高いせいか、最近の冷え込みのせいか、まだ満開には至っていませんでした。

丘全体がピンク色に染まる景色を期待していたのですが、時期尚早だったようです。

shinwa2.jpg

それでも中にはしっかりと花をつけている種類の木もあり、逆に一本一本を楽しむことができました。



あてもないゴールデンウィーク、明日以降はどうやって過ごそう・・・?

ああ、そうだ。

新ホームページのデザインを考えておかなければ。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jp まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月27日 00時47分38秒
Posted by: tsuchihashi
GW突入前の怒涛の一週間が終わりを告げました。

遠征あり、立会あり、ちょっとしたこともあり、これでもかというくらいのてんこ盛りな週でした。

事務所で仕事に取り組んでいる時間よりも外出時間の方が多く、行動あるのみといったところです。

どうにかこうにか乗り切れたのも、週末のお楽しみがあったから。



nikukuji0.jpg

それは、タイトーくじ本舗「キン肉マン ~七人の悪魔超人編~」の発売です。

24日にコンビニでこの告知を見かけ、発売を今か今かと待ち焦がれていました。

「下旬」、の一言しか書かれていないため、片田舎は冷遇されているのか?とあらぬ疑念も抱きましたよ。

25日も店頭に見えず、やきもきして店員さんに「いつ入るの?」と方々で聞きまくってしまった34歳と5ヶ月。

26日、午前の決済が終わって駆け込んだお店にもなく、土曜日か?と半ば諦めていました。

外回りを終えた夕方、某ファミリーマートでついにお目見え。

・・・まさに一日千秋の思いでした。

この瞬間のために過酷な一週間のストレスにひた耐えてきたと言っても過言ではありません。

早速、5回引いてみました。



結果。

nikukuji1.jpg

キン肉マンのマウスパッド(D賞)、ビッグマグネット(H賞)×2、付箋(G賞)。

マウスパッドはずっしりと重量感があり、萌え系のそれとは違う重さも漂わせています。

ビッグマグネットは悪魔超人戦の名場面をそのまま再現したもの。

付箋はコミックスの表紙をデザインしたもので、少年時代にコミックスを購入した者からすれば垂涎モノです。

そして。

nikukuji2.jpg

バッファローマンフィギュア(B賞)。

キン肉マンがバッファローマン戦での勝利後、バッファローマンが悪魔の制裁を受けたシーンです。

悪魔との訣別をした直後の非情な展開に、いたいけな少年だった私は少なからず衝撃を受けたのを覚えています。



30年近くも前の話なのに、読んだ当時にふっと戻れてしまう不思議。

一回700円の、大人になった人間ならではの贅沢な楽しみでした。

大物も小物も引き当て、くじ運もまずまずでしょうか。

・・・と同時に景品をコンプリートしたいという欲望が頭をもたげてきます。。。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jp まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月26日 01時09分30秒
Posted by: tsuchihashi
某日、依頼案件で伊那市役所へ。

手続に必要な住民票と、お預かりした印鑑カードで印鑑証明書を取得するためです。

13ina.jpg

5階建ての立派な庁舎。

目指す市民課は1階にあるはずでしたが、初めて訪れる役所なので勝手が分からずにへどもどしてしまいました。

入口付近のトイレで用を足してロビーを彷徨っていたところ、声をかけられました。

「どちらにご用ですか?」

・・・あ、トイレですれ違ったばかりの職員さん!

要件を告げると、道案内をしていただきました。

すっと声をかけていただけるとこちらの緊張もほぐれ、温かい気持ちになります。

建物が立派であればあるほど無機質な人が多いのでは・・・と思ってしまいがちですが、いい意味で裏切ってくれました。

コンシェルジュなどと称する専任の案内係を置くのも悪くないですが、職員の方お一人お一人がこうした親切心を持っていてくださると好印象ですね。

「ささくれ立った」心も、親切一つで癒されてしまうものです。

ちなみに1階は市民課のほか税務課、社会福祉課、子育て支援課、消費生活センターなど市民生活に関係の深い部課が集約されています。

慌ただしく立ち去ってしまったので、次回訪れたときにゆっくり見学させてもらおうかと思っています。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月25日 00時04分22秒
Posted by: tsuchihashi
あれやこれやと理不尽さが付きまとう最近。

荒ぶる内心をひた隠しに隠しつつ、どうにか自分を保っています。

仕事で受けるストレスを仕事の中で発散できればと思いますが、なかなかそういうわけにもいかず。

疲れた日は疲れついでに車を飛ばし、美味しいものを食べに行くに限ります。

自分の普段のテリトリーを離れるのが一番。

見知ったところに行っても、大した気分転換にはなりません。

そして何より大事なことは、間に合わせの食事で済ませないことでしょうか。

適当な食事では心を解すことができず、余計に心が荒んでしまいます。

さらに、できることなら日本人の遺伝子にしっかり刻み込まれている和食。

咀嚼をしているうちに心が徐々に解されていくことを実感します。



これらすべての条件を兼ね備え、ここのところハマっているのが藍屋

長野県内には諏訪店の一店舗しかないようです。

事務所からは一般道を通っても約一時間ですから、車を走らせるにしてもちょうどいい距離です。

ふらりと気軽に入ることのできる和食のファミリーレストランで、しかもちょっとだけ贅沢な気分になることができる場所。

ほどよく落ち着くできる店内の雰囲気もお気に入りです。

ある日に注文したのは、

aiya.jpg

「味ごよみ膳」、1790円。

小丼は「小まぐろ中落ち丼」、「小いくら丼」、「竹の子御飯」の三種。

サラダ、天ぷら、茶碗蒸し、香の物にみそ汁、白玉あずきがセットになっています。

色々な味を楽しみたい、私のような欲張りにはもってこいです。

これにデザートを頼めばもう言うことはありません。

奥様は、黒蜜をかけて食す「豆寒天」が大好物のようです。



さて、気力を取り戻して行くとしますか。

きっとまたお邪魔することになると思いますが(笑)









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月24日 00時14分14秒
Posted by: tsuchihashi
依頼者の最寄りの公証役場で、契約の立会のため同席しました。

松本の顔見知りの公証人の場合、当事者が行く手間はまず一度。

事前に文案と必要書類をFAXでやり取りし、予約した日は契約書の読み合わせと本人確認、署名捺印で終了します。

当事者の手間、時間を最大限考慮し、負担の少ない手続ができるよう工夫していただいています。



今回は、私も初めての I 公証役場。

普段お世話になっている地元・松本の公証役場でないため、一抹の不安があったことも確かです。

初回の訪問後、ようやく文案のやり取りをすることができ、二度目の訪問で、契約締結の運びとなりました。

(・・・まあ、一回で済まなかったという流れからして訝るべきだったのかもしれません)

契約書の読み合わせと署名捺印だけであれば、所要時間はほぼ30~40分。

順調に事は進むものと誰もが信じて疑いませんでした。

署名捺印が終わり、無事に契約終了かと思いきや、公証人の動きに何やら不可解な点が。

改めて書籍を引っ張り出して首ったけになっているのみならず、どこかに問い合わせの電話までかけ始める始末。

で、またPCのモニターに張り付いてチョコチョコと修正作業をし、複合機に4~5回は用紙を補充。

気付けば役場のドアをくぐってから1時間50分が経過していました。

驚くべきは1時間もの間、「何の修正をしているか」、「どれほどの時間がかかるのか」という説明がなかったこと。

途中で私が堪りかね、「どれくらいの目処ですか?」と聞いても「すぐ終わります」と返され、結局20分も待ちぼうけ。

・・・あの、これじゃ当日に備えて文案のやり取りした意味ってどこにもありませんよね?



不動産の売買で決済が完了するまで待つのも仕事です。

それが苦にならないのは、「着金が確認できるまで」という明快な理由があるから。

しかし、今回はそもそも「何のために待たされているのか」が公証人の口からは明らかにされませんでした。

あまりの対応に私も当事者も問い質す気力すら失われてしまいました。

公証人のプライドとして、納得いく書面を作りたいという気持ちも理解できないことはありません。

だとすれば、しっかりと当事者に説明をしていただきたいと思います。

当事者も、仕事の時間を割いて役場を訪れているわけですから。



役場を出たのは午後5時近く。

午後4時に予約されていた、私たちの後の相談者の方は1時間近くも待っておられたことになります。

きっと私たちに色々と問題があったのだと思われたことでしょう。

以後に予定を組んでいなかったのが、不幸中の幸いでした。

本来ならば契約を取り交わして一安心のはずが、どうにもモヤモヤした気持ちを払うことができないでいます。

「業が湧く」って、このことかもしれません。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月23日 00時57分54秒
Posted by: tsuchihashi
最近増えているのが、「ほじくり」的な債権回収。

長野県地場の消費者金融会社が、帳簿上未返済として残っている債権について片っ端から請求、督促するケースが目立ちます。

中には「最終通告書」と「訴状」の作成日付が同じ、なんて滅茶苦茶なケースも。

「最終通告書」に驚いてご相談に来られ、わずか数日で「訴状」が家に届けば二重にビックリします。

明らかに商事消滅時効の5年を経過していても何のその。

債務者の無知に乗じて、「支払って寄越せば儲けもの」なんて薄っぺらな考えが透けて見えます。

裁判所も時効の利益は当事者の主張がなければ取り上げられませんので、「またか」と苦々しく思っているのではと思います。

わざわざ訴訟などの手続を選択するということはそれなりの実費もかかるはずです。

が、実際の回収効率はどうなんでしょうか。



一件あたりの利息制限法引き直し後の債務残額が30万円と仮定すると、この回収訴訟の実費は約1万円。

30件訴訟を提起しても、一人がうっかり債務承認してしまえば元は取れてしまいます。

一割の方が債務承認すれば、60万円のプラス。

長らく塩漬けにしていた債権であったわけですから、管理の手間は別として、悪くない回収方法なのかもしれません。

しかし、債務者とすれば長期にわたって請求を受けず、忘れてしまっていた債務。

いきなり請求を受ければ慌ててしまい、正常な判断ができなくなるのが人間というものです。

こういう不意打ち的なやり口はやめていただきたいと思うのですが。

法務大臣の許可を受けた債権回収会社もやっていることは大差ありません。

道義的にはかなり問題のある回収方法ですね。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jp まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月22日 00時03分49秒
Posted by: tsuchihashi
kiku.jpg

端切れ時間に読み進め、ほぼ一年をかけて読み終えた本、「菊と刀」。

外国人による日本研究の代表作とされる同書は、確かに文化人類学者の著者の鋭い観察眼からの良書であった。

義理、恩など、西洋には存在しない概念について果敢に分析を試み、驚くべき精度をもって日本文化の本質に迫ろうという試みは、多くの日本文化研究の礎石となったに違いない。

そして、その中には現代日本人が忘れかけてしまっている「伝統」が確かに息づいている。

著者ルース・ベネディクト女史が実際に来日した事実はなく、文献や在米邦人などにその分析の根拠を求めた。

ラフカディオ・ハーンのように日本人と結婚し、本拠を我が国においていたわけではないので、余計にその分析には舌を巻かざるを得ない。

個人的に得心したのは、日本家庭における教育を分析した章であった。

なぜ自分がそのように考えるのか、日本人的思考と言われる概念は、かなり精緻な説明が施されているように思う。



その上で、巻末において川島武宜氏は高い評価を与えつつも、一定の批判を行っている。

日本文化を「型」に押し込めようとしたこと。

大勢に影響を与えないものの、来日の事実がないために著者の誤解が散見されること。

歴史的な考察が不足していること。

これらが取り払われ、さらに考察に深みを増したならば、この書の精度なり評価はさらに高まることだろう。

本書の発表は第二次世界大戦終結の翌年、昭和21年。

戦時中の研究ということもあり、著者とすればさらなる研究と推敲の余地があったかもしれない。

最終章である「降伏後の日本人」は、日本の将来像について言及しているが、それも凡そ言い当てている。

世界の外交担当者、とりわけ東アジア諸国の国民には、本書を読むことが日本という国の理解の助けとなろう。

同時に、和の心を忘れつつある日本人にも、一人でも多く本書を読んでもらいたいと願う。

各人の中に眠る日本人の繊細な感覚を取り戻すに、必携の一冊である。

良書は時代が下っても色褪せることがない。

その好例とも言える一冊であると思う。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jpm まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月21日 15時00分10秒
Posted by: tsuchihashi
土曜日、ホームページ問題の打開に向け、制作会社へ打ち合わせに伺いました。

青年会議所の仲間の経営する会社であり、およそ一年ぶりの訪問となりました。

ホームページが表示されない事態は対外的信用からすれば明らかにマイナスです。

その原因がどこに存在するのか?

事業譲渡の両当事者からは充分な説明を得ることができないため、少しでも真相に迫りたいとの思いがありました。

専門知識がない利用者とすれば、自分の与り知らない次元での現象ほど気持ち悪いものはありません。

原因さえ判明すれば、対策のしようもありますし、気持ちの面でだいぶ違ってきます。

また、これを契機に、ホームページ自体のリニューアルもしたいと思いました。

そうした全ての面で相談に乗ってくれるのは、何をおいても仲間です。



事態の概要を説明し、社長から回答を受けます。

どうやら、サーバ管理会社とホストサーバとの契約が切れてしまったいることに原因があるのではないか、ということでした。

こちらとすれば、口座引き落としによりサーバ管理会社に管理料を支払っているため、まさに青天の霹靂です。

・・・同時に、譲渡会社がそこまで逼迫した事態であったことに驚きました。

そこで問題になってくるのは独自ドメイン(tsuchihashi-solicitor-office.com)の問題です。

ホストサーバの質にも差があり、すぐにドメインが使用できなくなってしまう可能性もあるとのこと。

最悪、現在のドメインも「捨てる」覚悟をしなければいけませんし、ホームページ、メールのアドレスも変更となってしまいます。

ご存じの皆さんに二重にご迷惑をおかけすることになるのは、とても申し訳ないことです。

代替のドメイン取得も含め、考えておかなければならないことになりました。



もう一つ、ホームページのデータの所在です。

譲渡会社は、「譲受会社にネット関連の一切を全て引き渡しており、手元に何も残っていない」と言います。

譲受会社は、「譲渡の承認を受けた順に譲渡会社からデータを引き継ぐので、まだ手元に何もない」と言います。

どちらかが事実を隠蔽し、虚偽の回答をしていることは明らかです。

古いデータの入手にこだわっていてはそこから何も進みません。

幸い、私のパソコンの中に原稿が残っているので、そこから新しいホームページの骨組みを作っていくことになりました。



それにしてもです。

責任の所在を押し付け合い、真相をうやむやにして追及をかわそうとする意図が見え隠れし、気分のいいものではありません。

専門性があり、私たちの次元でどうにもできない部分ですから、なおさらです。

社長は言います。

「小者を相手にしていてもしょうがないから、気持ちを切り替えてやるじゃん。協力するよ」

力強いお言葉でした。

労多くして実少なし、の依頼かもしれませんが、快く引き受けてくださったことに感謝です。

両当事者への折衝など、お手数をおかけしてしまいましたが、私の心の重荷は明らかに軽くなりました。



普段の仕事では、依頼者のために責任の所在を明らかにしたうえで解決に導くお手伝いをしています。

しかし、自分のこととなると必ずしもそれが最良の方法ではないのかもしれません。

時間の無駄。

自分がいつまでもその問題に拘泥するあまり、お受けした仕事や家庭に影響をもたらしてはいけないと思います。

(と考えたのも、奥様や社長、他の仲間から陰に陽に助言されたこともあります)

そして、自分の信念に基づいて行動しても、それが正しく伝わらないこともままあります。

残念なことではありますが、気持ちを前向きに切り替えていくしかありません。

今日までに、かつての仲間だった譲渡会社の代表からは一枚の通知があっただけで、電話の一本も受けていません。

そんな人間性を見抜くことができなかった私も、また迂闊な判断だったと反省するしかないでしょう。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jp まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月20日 00時02分37秒
Posted by: tsuchihashi
mickey.jpg

ある日の日没後、西の空で見かけた雲。

何かに見えませんか?

私は一番に、「ミッキー・マウス!」と思いました。

耳までは確認できませんでしたが、目鼻がくっきりと出た横顔のように見えます。

自然の織りなす神秘には、ただただ驚かされるばかりです。



ホームページを巡るいざこざにも早く決着をつけて、無心で空を眺めたいなあ。

柳の枝は細くとも、樫の木を凌ぐ強さを持っています。

嵐が吹き荒れても、それを受け流すしなやかさを持っているから。

いつまでも直球勝負というわけにもいかないのでしょうね。







ご相談・お問い合わせは、tsuchi_shihou@yahoo.co.jp まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月19日 00時52分53秒
Posted by: tsuchihashi
今週に入ってから、当事務所のホームページ(http://www.tsuchihashi-solicitor-office.com/)が閲覧できなくなっています。

せっかくご訪問いただいた皆様にはご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

また、当事務所メールアドレス(info@tsuchihashi-solicitor-office.com)に宛ててお送りいただいたメールも送受信ができない状況です。

理由は、ホームページ作成とサーバ管理を委託した業者が、そのサービスから撤退したことにあります。



経過は、以下のとおりです。

~4月15日 ・・・ 正常にメール受信ができていた

16日 ・・・ メール受信ができないことを確認、メールソフトの設定が無効となっていることに気付く

17日 ・・・ 委託業者であるA社、サービス承継業者であるE社から承継に関する通知が到達する
       通知の内容 : 25日までに引継ぎを了承しない場合、30日をもってホームページ閲覧ができなくなる

17日夕方 ・・・ E社より電話連絡、引継ぎを了承するか否かの意思確認をされる
          事前通告がなかったことに抗議のうえ、引継ぎ了承を拒否

18日 ・・・ ホームページにアクセスしても下記画面が表示され、閲覧できない状態になっていることを確認

server0001.jpg



降って湧いた話であり、利用者の意向を無視する一方的な決定、措置です。

また、A社は社長が知り合いであったのにもかかわらず、本件に関して何の事前連絡もありませんでした。

同じく「知り合いのよしみ」でホームページ作成とサーバ管理をA社に委託した仲間がいます。

彼らに対しても、A社は私と同様に後足で砂を掛けられるような仕打ちを受けました。

裏切られた思いです。

これからの対応をしっかりと考えていかなければなりません。

それにしても、残された時間はあまりにも少ない。

現にメール受信ができないなどの損害が発生しており、法的な責任追及も可能かどうか検討したいと思います。

また、知り合いであったことから、道義的な責任もA社に問うていかなければなりません。

いくら知り合いであったとはいっても、筋が通らないことには断固として声を上げていきます。



皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご相談、ご連絡は、

メールアドレス(tsuchi_shihou@yahoo.co.jp)までくださいますようお願い致します。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月18日 00時47分02秒
Posted by: tsuchihashi
かつての民放ニュース番組の雄、ニュースステーション。

キャスターは久米宏氏が、サブキャスターは小宮悦子氏が長らく務めていた。

久米氏の軽妙なトークは他社の追随を許さず、私が欠かすことなく見ていた番組の一つであった。

その番組内のコーナーに、「最後の晩餐」というものがあった。

各界の第一人者をゲストに迎え、来歴などを紐解きながら、久米氏は最後の質問で決まってこう問う。

「もしも、次が最後の食事なら、何を召し上がりたいですか」

ゲストはその質問に淀みなく、あるいは悩んだ末にその食事への思いと共に回答する。

それは、ゲストの人生哲学なども如実に滲み出たものであり、毎回興味深く視聴していたことを覚えている。

視聴当時は私も20代前半で家庭も持っておらず、自らに迫るリアリティはなかった。

単に「自身の好物」を心にあれこれと思い浮かべ、ゲストのそれと比較するのが関の山であった。



ある日の夕食で、私のたっての希望で二つを妻に作ってもらった。

lastsupper.jpg

筍ご飯とけんちん汁である。

この日本らしい素朴な里の味覚が、私の心を捉えて離さない。

そして、家庭を持ったという心境の変化もあったのだろうか、不意に思った。

「人生最後の食事を摂るとしたら、これを食べたい」

素直に口に出してしまったので、妻は相当虚を突かれたようだった。

縁起でもないわね、と。

確かに普段、好物として妻に作ってもらうものとは少々趣を異にする。

ガツガツと貪るように食べる私が、この食事だけは噛みしめて食べている。

まるで、清貧を旨とする修道士のように。

これこそが、私の中に流れる日本人としての魂なのかもしれない。

手の込んだものでもなく、ハレの日の料理でもない。

去りゆく者には豪奢な食事などは必要ないのだ。

根っから欲求に乏しい人間だから、これでも贅沢だと感じてしまうくらいだ。

日本人として生まれ、生き、やはり日本人として死んでいくのだから、ある意味当然か。



人生もほぼ折り返し地点となり、後半生を考えることも多くなった。

生き方を考えることと死に方を考えることは、ほぼ同義であると思う。

「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」

江戸時代中期の書、葉隠の一節である。

エピローグへの助走は、既に始まっている。

私が先に逝くか、妻が先かは神のみぞ知る領域だが、その日まで懸命に生きていくだけだ。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月17日 00時25分26秒
Posted by: tsuchihashi
130416.jpg

16日、松本市役所司法書士法律相談の午前の部を担当しました。

毎月一度、司法書士が二人で受け持ち、午前午後で計16人の予約制です。

法律相談の担当となって以来、必ず4月の午前中の担当になっています。

新年度が始まるこの時期、相談に見える方は少ないのかと思いきや、予約はぎっしりと埋まっていました。

人の世の悩みは尽きないということでしょうか。

個人的に、法律も専門家も存在しない、トラブルのない社会が理想なのだろうとは思います。

漠然と考えながらもご主張を充分にお聞きし、最適と思われる助言を差し上げるのが私たちの役目。

当然、税務等は業務範囲の関係で専門的な情報提供ができかねる場合があります。

お断りしつつも、基礎知識程度はご説明させていただきます。



お一人が急遽いらっしゃらなかったので、精神的に余裕を持って対応することができました。

トラブル等の根本的な解決策は提示できなくとも、同じ目線に立って共に考えることが私たちの存在意義だと思います。

お一人あたり30分という限られた時間ですが、その中でいかに「相談してよかった」という満足度を上げることができるか。

事務所にいらした方とはまた異なり、一期一会です。

初めて司法書士に相談される方は、この法律相談が司法書士全般に対するイメージを決定づける可能性もあります。

手抜きをせず、今後も相談に臨んでいくだけです。





と、気持ちを新たに事務所に帰ったところでしたが。

常識の通用しないお方との和解交渉に30分弱も費やしてしまいました。

和解書も取り交わすことなく和解金をお支払いすることはできません。

ご自身の尺度でしか物事を見ることができず、相手方の主張を一つたりとも聴こうとしない姿勢には呆れます。

そして、会話の内容は録音しているとのこと。

録音されてもやましいことはありませんが、何のために録音の準備をしているのでしょうか?

「土橋さんも大変なお立場ということはよくわかりました」

・・・それってすごい皮肉です。

あなたが問題を大きくしているのではないですか?

交渉は最初から最後まで平行線のまま、終いには、「話しても無駄ですね」・・・

それはこちらの台詞です。

和解は、互譲によってはじめて成立するもの。

譲るべき部分では譲る、という柔軟な姿勢が必要です。

専門家の私が介入した意味、重みが全くご理解いただけていないようでした。

これからの世の中、一昔前の日本人が持っていた良識の欠落した方が増えていくのでしょうか?

とっても、とっても残念な気分になり、何とも言えない憐みにも似た感覚を覚えてしまいました。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月16日 00時49分02秒
Posted by: tsuchihashi
勢いというものはなんとも恐ろしいものです。

過日、アルピコ交通上高地線のキャラクター、淵東なぎさちゃんのイラストを目にし、夫婦で一気に盛り上がりました。

通販サイトを見た奥様の、「マグカップが可愛い!」の一言で、次の瞬間には注文ボタンをクリックしていたのでした。

届いた商品は、こちら。

nagisagoods.jpg

左からピンバッジ、フィギュア、記念切符、マグカップです。



単なる萌え系とは一線を画した彼女の風貌。

溌剌とした爽やかさをまとい、男性のみならず女性からの支持も高いのではないでしょうか。

デザインはプロの方かと思いきや、女性社員によるものだとのことです。

男性に媚びない健康的な風貌となったのもこの点が大きいのでしょう。

ご当地のゆるキャラもいいですが、松本ローカルのみならず、大きく羽ばたいてもらいたいと個人的に思っています。

今度改めて渚駅に行き、彼女のイラスト入り駅名板を拝んできます!









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年04月15日 00時04分52秒
Posted by: tsuchihashi
富士には月見草がよく似合ふ。

太宰治の著書、「富嶽百景」の有名な一節です。

この表現方法を私なりにアレンジさせてもらうならば、「古城には桜がよく似合う」。

川沿いに立ち並ぶ桜も、山中に一本だけ佇む桜も、それはそれで趣深いものですが、日本人の心を揺さぶられるのは古城と桜の取り合わせだと思います。

地元・松本城の城郭とのコントラストも美しいものですが、城跡に咲き乱れる桜はかつての栄華を主張しているかのよう。

万物流転、盛者必衰。

そんな言葉と共に、「もののあはれ」を感じずにいられないのです。



高遠城址公園に行って来ました。

13takato1.jpg

武田信玄五男の仁科盛信が城主だった1582年に落城し、江戸時代には高遠藩となり、明治4年の廃藩置県に伴って取り壊し。

歴史の悲劇と言っても過言ではないでしょうが、現代まで城郭が残っていたらと残念な思いもあります。

13takato2.jpg

山城の空堀の桜は、城攻めの攻防に散った武士を弔って咲いているようにも見えます。

旧藩士たちが桜を植樹して現在の公園の基礎が出来上がったわけですが、彼らの思いはどうだったのでしょうか。

元禄以降の城主だった内藤氏の祖先の英霊を祀る藤原神社が敷地内にあり、そっと手を合わせました。





帰途、8ヶ月ぶりに辰野町の小野駅前にあるタイガー食堂へ。

soytan.jpg

看板料理の一つ、豆乳坦々麺にチャレンジです。

なるほど、胡麻ダレのもったり感はきれいに豆乳で再現されていました。

お腹へずっしりと来る感覚は同じですが、後にもたれないのが特徴です。

まろやか、薄味に仕上げられているので、一杯引っかけた後の締めにいただいても翌日に残らなそうです。

また、通常の坦々麺は挽肉が使われますが、こちらは粗く刻んだバラチャーシューが乗っています。

おとなしめのスープとのバランスを図ったのだと思います。

豆乳好きではない私でも、スルッと美味しくいただくことができました。

さあ、次は季節を選んで猪鹿料理に挑戦です!







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
«Prev1 2Next»