2013年 2月の記事一覧

«Prev1 2Next»
13年02月11日 02時04分03秒
Posted by: tsuchihashi
他人夫婦を見ていて思うことがある。

どこの夫婦にもある、夫婦喧嘩。

その対応を巡ってのこと。

非を作った側と、それに巻き込まれた側と。

非を作った側にすれば、その事実を素直に受け容れて相手への対応を考えなければならない。

巻き込まれた側とすれば、相手を責めるのみではなく、冷静な判断を下す落ち着きが必要だ。

双方が大人として解決に向けた体制を整えなければならないし、第三者が介入すべき問題でもない。

「自分たちで解決できない喧嘩など始めるな」、という持論を持っている。



私たち夫婦も、喧嘩というのが正しいか、行き違いを起こすことが人並みにある。

…その原因の殆どは私にあるのだが。

しかし、やはり重要なのは冷静になることだと思っている。

頭に血が上っているうちは解決へのアプローチは得られない。

頭を冷やし、妻の心境に思いを馳せた時、「このままではいけない」と行動を起こす。

まず、一日と置くことはない。

時間を置くことで却って糸口を探しづらくなることは、私にとって最も近い夫婦である両親を見て感じてきたことだ。

妻もよくしたもので、終始落ち着いて感情的になることは、まずない。

話し合いの中で、互いにどう思ったのかというプロセスの部分を大事にする。

原因があり、過程があり、そこから結果が生じる。

その起承転結を重要視し、互いが納得するまで話をする。

話をする時間は長い場合、6時間に及ぶこともある。

そこまで徹底的に話をするからこそ、私たちは結び付きの強い夫婦でいられるのだ。



ひとたび愛し合い、縁あって夫婦となった二人である。

一時的な感情の昂りで再び他人となるにはあまりにも勿体ないことだ。

日頃から相手を尊重し、自己の感情のみをぶつけるのではなく、相手の立場も視野に入れた話し合いができるか。

こればかりは心掛け次第なのかもしれない。

仕事柄、他所の夫婦を見る度に考える。

相手を思いやっているか。

独り善がりの考えを押し付けていないか。

普段からお互いの考えを把握する姿勢、努力をしているか。

半ば冷ややかな目で見てしまう自分も、またいる。



離婚調停もあるが、夫婦関係調整調停もある。

手続的にも、夫婦の努力を後押しする制度があるのだ。

そうした選択肢も、再生可能な夫婦には提供している。



13ponkan.jpg

今年も伊豆の友人からポンカンが送られてきた。

バランスの取れた良い夫婦の顔を思い出しつつ、妻と二人で美味しく味わっている。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月10日 00時30分34秒
Posted by: tsuchihashi
日本国憲法第32条の規定。

「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない」。

民事であれ刑事であれ、自らの与り知らぬうちに不利な裁判が行われないよう保障する条文です。

この条文の存在により民事では原告又は被告となり、刑事では被告人としての裁判を受ける権利が認められています。

また、その手続法として民事訴訟法、刑事訴訟法、その他の訴訟規則等が制定されています。

こうした権利が保障されてこそ、基本的人権が確保されているということです。

裁判の中では立証活動を始めとする訴訟行為をすることができ、またその訴訟行為を弁護士、司法書士に委任することもできます。

そして、弁護士や司法書士を規定する弁護士法、司法書士法もまた存在します。

法治国家たる我が国は、このように憲法を最高法規とする種々の法律によって成り立っています。



自己の訴訟行為として、裁判内で自己の権利を侵害されないための一切の活動をすることができるのは当然のこと。

ですが、たとえ裁判内であっても相手方の尊厳を損なうような弁論を行うことは慎まなければなりません。

もちろん、裁判外ではなおのことです。

昨今はインターネットを利用することで、自己の意見を広く世間に発信することができるようになりました。

ホームページ、ブログ、さらには匿名の掲示板まで存在します。

それらへの書き込みにより、意図せず、又は悪意をもって特定人を誹謗中傷することが可能です。

書き込まれた被害者がプロバイダに対し書き込んだ者の個人情報の開示を請求するなど、トラブルも増えました。

残念ながら、私の関与している案件でも、依頼者に対する侵害行為が見受けられます。

案件は案件として、侵害行為は侵害行為として、依頼者の権利を擁護するためにできることを尽くすつもりです。



bitter&bitter.jpg

最近のお気に入り、キリン・ファイアのビター・ビター。

カカオの香ばしい香りが鼻腔をくすぐり、脳内で快楽物質の生成を促進することが実感できます。

頭を使う問題も多々ありますが、こうしてリラックスの時間を作ることも重要です。

…あ、法廷内では飲食禁止ですので、そこはきちんと守ってますよ(;´∀`)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月09日 01時13分34秒
Posted by: tsuchihashi
事務所から島内への移動途中、腹の虫が鳴き出しました。

嗚呼、今日はまともに食べれていないではないか!!

悲痛なる胃腸の叫びには忠実に耳を傾けざるを得ません。

ふと時計に目をやれば、午後4時30分…(;´∀`)

ランチというにはあまりに遅く、ディナーというには先走りに過ぎる中途半端な時間帯。

こうなると食事を提供してくれるのはファミレスくらいか…?

国道19号を北上していくうちに、腹の虫は切なげな鳴き声をなお一層あげて訴えかけてきます。

ふらふらと渚ライフサイトへ吸い寄せられるように入ると…



豚さん食堂」!

ジャストお昼時に何度も断念したお店。

ライフサイトの東南に佇む黒を基調とした店舗は、私の胃腸をここぞとばかりに刺激しました。



「豚のさんぽ」を核とするグループで、松本駅にも「豚みむら」を展開しています。

疲労回復に効果のある豚肉はもってこいの食べ物。

そして、店内をこっそり窺うと、時間帯のためかお客さんは人っ子ひとりいないのでした。



寒さもあり「本気のしょうが焼き」をオーダーしようかと激しく逡巡しましたが、

butasan.jpg

「驚きの板かつ定食(3枚)」@980円に決定。

ミルフィーユ様の薄いお肉に衣をまとわせて丁寧に揚げた一品。

お肉も柔らかく、衣が思った以上に薄いのでペロリとたいらげてしまいました。

かけられたソースの味が足りなければ、辛味パウダーやマヨネーズで調整すれば自分好みの味にすることができます。

写真ではかつの陰に隠れていますが、揚げゴボウを頂いた千切りキャベツが山のように盛られています。

そのボリュームに満足し、慌てて次の目的地へと車を走らせました。

…次回はしょうが焼きか、冬限定のチゲ鍋か、はたまたカレーか。

頭、というか私の腹の虫は既に次回のシミュレーションを始めたようです…(ノ∀`)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月08日 00時21分24秒
Posted by: tsuchihashi
司法書士会の担当理事から電話をいただいた。

今年は役員改選の年にあたり、私たち下々の会員も組織内での異動がある年だ。

二期四年務めた会報編集委員の任期も満了し、重任するかどうかの意向調査だった。

後半の二年間は編集長に祭り上げられ、一応は一区切りを迎えるといったところ。

通常会務の継続性の観点から、二期をもって1クールと捉えられている。

私自身、これ以上の期間は新鮮さを持って取り組むには長すぎるのではないかと常々感じていた。

やはり前例に漏れず、このあたりが潮時という感は拭えない。

そのような判断から、退任を申し出た。



編集の仕事は、言うまでもなく地味だ。

二ヶ月に一度発行される会報に掲載される原稿の校正作業はその筆頭。

派手な部分は一つとしてないと断言してもいい。

内向けの会報だから、いきおい取り上げる内容も、原稿の書き手も、会員が中心ということになる。

そして、総務部の下位に位置づけられるため、自由度や独立性には当然制限が付きまとう。

これまでに実施した会員向けアンケートは、上部からの意向を受けた形で行っている。

執行部から大枠で下達されたアンケートの仔細は委員会で検討するという、スキームとしての困難さを伴ったものだった。

主体となって事業を行うわけでもなく、やるべきことをこなす部門といったところが正解に近い。

その点、私のような束縛を嫌う人間にとってはそぐわない役職であったと感じる。

何事も経験と考えて務めてきたが、そろそろ解放させていただきたいというのが正直な感想であった。

また、まだ会務に取り組んで日が浅い会員にバトンを渡すというのも、組織活性化として一つの選択肢であるという判断もあった。



並行して、形式上別団体となっている長野県司法書士政治連盟の副会長を二年前から拝命している。

先般の衆議院議員総選挙においてもその前後で活動をし、長野県区選出の議員とも交流を欠かすことはできない。

講演会、パーティが開催されるとあれば参加し、政策要望のための陳情活動にも精を出す。

そうした中で様々な異業種団体の幹部の方々と交流を深めることができるのも、この役職の魅力の一つでもある。

外部に目を向けた活動が、今や私の中でも大きな位置を占めるに至ったことは間違いない。

もう一つ、日々の業務において目を向けることのなかった司法書士制度を巡る法的な問題点を考える良い機会ということもある。

司法書士は、常に社会的法律的流動性の中で翻弄され、波間を漂う小枝のような存在に例えられる。

確固たる法的基盤に拠って立つ存在として国民から認知され、各会員が自信を持って業務に取り組むことができる環境を確立したい。

そのための活動は、地道ながらも達成感を味わうことのできるものだと考えている。

未だ足を踏み入れたばかりの世界ではあるが、継続的に取り組むに値する有意義な活動として誇りに思っている次第である。

先日も、そのきっかけとしてお声掛けをいただいた会長とお話をする機会があった。

「私は目的を達成するために引き続いて政治連盟の役職を続けさせていただきたい」と申し上げた。

会長も私の性格はご存知の上での委嘱だったこともあり、早速調整に動いていただけたようだ。



組織は執行部が変われば、それに伴って大なり小なり変動が生じる。

事実、私の処遇というものも支部から本会へと、与り知らぬうちに動きがあるようだ。

本会執行部人事が固まり、支部役員人事が固まり、本会のその他の役職が決定されていく。

関係団体の人事が決定するのは、それらの調整を経た後になる。

誰かが何某かの役職を受けなければならない。

これまでは命ぜられるがままの役職であり、そこに私の自由意思は介在しなかった。

それを敢えてお引き受けするのも、日頃のご恩返しという解釈もできる。

だが、我がままを通させてもらえば、10年という節目の中で会務から少々離れたい。

会報編集の任に就く前は、やはり4年間研修所で研修会の企画運営に携わってきた。

8年連続での会務関与は長きに亘ったという感もまたある。

一度ここでリセットさせていただき、リフレッシュの時間を与えていただくのも強ち悪いことでもあるまいとも思う。

そして、新たに入会された会員に多くの成長の機会を提供するということは、長期的視点で見て会の活性化にも資することだ。



俗に「多重会務者」という言葉がある。

会の役職を多く引き受けることにより、個人の業務にも影響が出てしまう会員を指す隠語だ。

全ての会務を断る会員が存在するのも組織的には頭の痛い問題だが、会務のために個人の業務に支障が出ることもまた悲しい。

そんな悲劇を生まないためにも、適正な会務負担が実現されることを祈りたい。

何をするにも走っては休む、その均衡が大切なことだ。

会員個々にはそれぞれの仕事があり、家庭があり、他に社会的な役割も負っている。

各方面に多大な犠牲を払うことなく、会員の事情に即した応能負担となることは理想の形である。

執行部にしてみれば人事は最も気を遣う問題だと聞く。

最適な人員配置がなされ、体内的対外的に有意義な活動へと繋がればと願っている。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月07日 00時07分19秒
Posted by: tsuchihashi
玄関のチャイムが鳴り、妻が応対に出ました。

ドアの向こうに佇んでいたのは制服姿の高校生。

手にはお花を持っています。

市内のエクセラン高校の生徒さん達が、自分たちが育てたお花を売りにやって来たのでした。

学校から我が事務所までは約6km。



市内とはいえこれだけ離れた所にまで、寒空の下を売り歩くのも大変なことです。

お花を愛してやまない妻は、生徒さん達の健気さにも打たれて四鉢お買い上げしました。

13primura.jpg

そのうちの一鉢、「プリムラ・オブコニカ」。

サクラソウ科で、和名を常盤桜(トキワザクラ)というそうです。

原産は中国西部からヒマラヤという高地で、開花期は真冬の12月~3月。

出窓に飾り、我が家の華やかさを演出する予定です。



同校の建学の精神には、こうあります。

「花を愛し 美を創造する

豊かな感性を培うとともに 思いやりの心を育み

責任感の旺盛な 実践力のある人材の育成」

花を愛する人に悪い人はいないと思っています。

儚くも可憐に咲き誇る花に寄り添える人間は、人の心を思いやることができるのではないでしょうか。

お花を育てて咲かせ、それを売り歩くという一連の流れを経て、生徒さんたちは多くのことを学んでいることでしょう。

毎年やって来る、この季節の風物詩ともいえるお花の訪問販売。

来てくれるのを夫婦で楽しみにしています。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月06日 00時42分02秒
Posted by: tsuchihashi
前日の例会の気だるさが微妙に残る中、急遽依頼者のご自宅へ馳せ参じることになりました。

ご依頼は、間近に迫った裁判期日への対応。

事件の相手方は裁判所が定めた期日までに答弁書を出すことができず、遅れての提出となったため急を要することに。

郵便でやり取りをしていては委任状の提出が期日を過ぎる可能性がある…

とすれば、直接いただきに上がるしかありません。

幸いメールでのやり取りはできたので、事案の概要をそこそこ掴むことができました。

その上で簡単に事情をお伺いし、予想される今後の展開などについてご説明申し上げました。

事前に担当書記官とお話できたこともあり、心理的にも余裕を持って期日に臨むことができそうです。

まずは論点整理をする期日となりそうですが、裁判官の訴訟指揮を待ち、じっくりと反論を組み立てていくことになると思います。

相手方の主張が非常に散文的で、準備書面を作成するにも時間がなさすぎる…という不安は杞憂となりました。



hotakamaki.jpg

穂高の山麓線近くの運動場は、標高のせいかまだ雪に包まれていました。

6日も各所で降雪が予想されています。

どうぞ皆様も安全運転で。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月05日 00時43分29秒
Posted by: tsuchihashi
4日は、松本青年会議所の今年度初となる例会。

想い・物語の伝播委員会として運営に臨みました。

題材として取り上げたのは、2009年に制作した「新松本・安曇野宝かるた」。

このかるたは昨年のサマーコンファレンスでもグランプリを獲得した、我が松本青年会議所の誇りです。

各団体と協働した制作までの歩み、完成したかるたの魅力を再確認し、未来に向けた発信の方法を探りました。

講師としてお迎えしたのは株式会社クリップの島田昭彦氏。

島田氏は伊右衛門SALON京都のプロデュースなど、既存文化を活用して広く発信するプロフェッショナルです。

サマーコンファレンスの際の審査員も務められ、我らがかるたの可能性を見出してくれた方です。

世に受ける条件としては、「役に立つこと」と「楽しいこと」とを挙げられました。

かるたはその条件を満たすものだそうです。



氏の素地を作ったのは、学生時代。

アルバイトでお金を貯め、世界の「本物」に数多く触れたことがその発想の原点にあるとのお話でした。

曰く、「現場百回」。

現場の生の反響を聞かなければ、自分たちが良いと思ったものでもヒットに繋がることはない。

そして、「生み出す力を1とすれば、仕掛ける力は5」だそうです。

調査を怠らないことはもちろんですが、世に送り出すにはそれだけの努力が必要だということ。

メーカーが宣伝に力を入れるというのはこうした努力をしているのだということを再認識しました。

思えば、自分たちの仕事にしても、青年会議所の世間一般への訴求力も、この努力が足りない部分があるのかもしれません。

特に、動員という点では毎回毎回課題として持ち上がる頭の痛い問題。

広報を担当する委員会として、改めてその重要性を考えさせられた内容です。



かるたを全国に、そして世界へと広げるためには…

利用できる既存の枠組みを利用し、そこにニーズを発掘し、魅力ある提案をしていくこと。

そのためのヒントを氏の成功事例から聞くことができました。

教えていただいた内容から、今後の活動の方向性が見えてきたような気がします。

翻って、やはり私たちの仕事にも直結する提言をいただいたものと思います。

どれだけ良い製品、良いサービス、良い能力を誇っても、それを世に送り出す能力、努力が不足すれば世に知られることはありません。

一地方都市で小規模な事業に携わっている者として、痛感し共感する点は多々ありました。

今後の自身の仕事、PRの中に氏からの「学び」を落とし込み、活用していきたいと思います。

島田先生、はるばる京都から素晴らしいご講演をありがとうございました。



1302reikai.jpg

会場だった松本市中央公民館6Fホールの音響室からの眺めです。

自らの担当だった「新松本・安曇野宝かるた」の「作り手の考える魅力」の発表が終わった後、照明係になりました。

惜しむらくは、一般聴講者の数が予想に反して少なかったこと。

素晴らしいお話だっただけに、もっと多くの市民の方にお聞きいただきたかったというのが正直な感想です。

そこはそことして、今後の動員の課題として私たちが捉えていかねばなりません。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月04日 01時06分32秒
Posted by: tsuchihashi
0204-10001.jpg

本日の19:00より、標記例会が行われます。

私が本年所属する、「想い・物語の伝播委員会」が担当します。

講師に株式会社クリップの島田昭彦氏を迎え、地域資産として生み出した「新松本・安曇野宝かるた」を全国、そして世界に発信する方法を考えます。

同氏はプロデューサーとしての腕前も高く、応用できる部分も多数あるかと思います。

自社製品のPRなどをお考えになっている担当者の方も、参考になること請け合いです。

聴講希望の方は、松本市中央公民館(Mウィング)6Fホールにご参集ください。

私も5分ほどですが、マイクを握って発表予定です。

参加は無料ですので、ご興味のある方は、是非!







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月02日 00時40分24秒
Posted by: tsuchihashi
柔道界が揺れている。

全日本女子の監督でメダリストの園田隆二氏による暴行問題である。

指導に当たっていた選手たちからの告発というのだから、只事ではない。

氏の釈明によれば、「強化という重圧」が背景にあったことを示唆した。

確かに国際ルールが変更され、海外選手の台頭してきたことで「お家芸」が低迷している中での強化は相当なプレッシャーであろうことは想像に難くない。

いきおい指導に熱を帯びることは当然にあり得よう。

「暴行」と「指導」の境目は曖昧なものだと思われる。

氏も記者会見で繰り返した、「信頼関係」という言葉。

では、選手との間での信頼関係があれば、「暴行」は「愛のムチ」へと転化され、肯定されることになるのであろうか。

同様のことは家庭の中でも言えることだ。

「愛情」があれば「虐待」は「しつけ」に名を変えて肯定されることになるのであろうか。

いずれも、閉ざされた密室の中での事件と捉えることができよう。

山下泰裕氏も嘆いたという。

「柔道は人づくり、人間教育だという嘉納治五郎先生の精神はどこへ行ってしまったのか」

全く同感である。

我が国に古くからある競技の殆んどは、技を磨くのと同時に精神の陶冶も図るものだ。

心を蔑ろにし、結果のみに対する執着が招いた感がある。

競技を観戦する者としても、「勝って当然」という認識を改める時期に差し掛かっているのではなかろうか。



奇しくも、同じくメダリストであった内柴正人被告が準強姦罪に問われた裁判では、実刑が言い渡された。

地位を利用し、人として許されぬ行為に及んだうえ隠蔽工作までも図ったとされる被告。

被告を信じて指導を仰いでいた女子部員たちの心の傷の深さは、想像を超えるものだろう。

創始者・嘉納治五郎氏はどのような心持で一連の問題を見ているだろうか。

Kano_Jigoro.jpg







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月01日 01時18分52秒
Posted by: tsuchihashi
31日は、再び麻績村へ。

麻績村役場で減税証明書を取得するのが目的でしたが、他にもう一つ。

それは、通り道の筑北村坂北にある名店・ブルーメンさんでの食事です。

かねてより「赤い猛牛」氏が立ち寄っては舌鼓を打つという味。

ライダーである彼の料理への評価は間違いないはず。

彼の方々でのグルメレポを聞くにつけ、味に対する期待は高まるばかりでした。

先日は残念ながら時間帯が合わず準備中で、今回は満を持してのリベンジとなりました。

13時前、ほぼ想定どおりの時間に目的地に到着です(*^^)v

bluemen1.jpg

待っていたのは白亜の建物。

線路際の傾斜地に建っているため、写真の入口から階段を下りて店内へのドアをくぐることになります。



店内は木を基調とした落ち着いた雰囲気。

テーブル席とカウンターがあり、単身乗り込んだ私は迷わずカウンターに腰掛けます。

メニューはラーメン、ハンバーグ、カレーを中心に定食もあり。

どれも1,000円前後で、食事に200円プラスでコーヒーを頼むことができます。

私が注文したのは…

bluemen2.jpg

和風ハンバーグ定食、850円也。

上手く撮影することができませんでしたが、ネギとエノキが入った和風のあんがかけられています。

ハンバーグも焦げ過ぎず、柔らかさを保ったままであんとの相性は最高でした。

女将さんも店内をしっかり目配りされているようで、食後のコーヒーを運ぶタイミングも絶妙。

わざわざ足を運んででも食べたい、そんなお店です。

今度伺う時は奥様もお連れして…

ボリューミーなメニューにもチャレンジしたいと思います。

ご馳走様でしたm(_ _)m





ちなみに、ナガブロの「自転車でゆく風林火山」さんもこちらでお食事をされた記録があります。

ご参考までに。。。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
«Prev1 2Next»