2013年 2月の記事一覧

«Prev1 2Next»
13年02月28日 02時36分21秒
Posted by: tsuchihashi
ようやく、準備書面の起案が完了した。

連日の執務時間終了後、自由時間を割いて明け方まで時間を使った集大成ともいうべきものだ。

書証を取り集め、それを基に理論を組み立てていく。

普段から取り扱いの多い不当利得返還請求訴訟とは勝手が違ったので、二週間を調査に費やし、四日間で集中的に書面を仕上げた。

準備書面自体は11頁、証拠として提出する甲号証はナンバリングすると26にも及んだ。

必要部数の複写をしていると、その多さから自分が印刷会社にでもなったのではという錯覚にすら陥る。

それでも期日までに間に合い、一人安堵の溜息をつく。



事案を検討している間に浮かんだのは、当事者間に存在するのは、価値観というか、イデオロギーの対立であるということ。

イデオロギーについてフリー百科事典をひも解くと、下記のような解説が見付かる。

(1)世界観のような、物事に対する包括的な観念。

(2)日常生活における哲学的根拠。

(3)主に社会科学の用法として社会に支配的な集団によって提示される観念。

Plato.png

元来は、プラトンに始まる哲学の根本用語「イデア」から生まれた言葉であると考えられる。

個別紛争を俯瞰すると、当事者間にかかる哲学的な観念の相違に端を発しているとの印象を受けることがある。

普遍的な良識を守っているのが一方か、若しくは双方か。

如何により、訴訟代理人として取るべき態度は自ずと変わってくると思う。

そして、何よりも大事なことは、当事者間のイデオロギーに巻き込まれることなく、自らを保持することである。

無論、当事者も大人としての品位を保持していることが望ましい。

「相手と同じ土俵に立ったら負け」、と言うことがある。

子ども同士の喧嘩でも、「馬鹿って言った方が馬鹿なんだよ」、などとたしなめる大人がいる。

両者は真理を突いていると感じる。

相手方がいかに挑発的な態度に出たとしても、それに乗って頭に血を上らせては足元を掬われることに繋がりかねない。

代理人としては、そうならぬよう依頼者をリードするのも一つの役割なのだろう。



私自身、まだまだ若輩者であり、人生経験の不足を痛感することが多い。

年が若いという事実だけで、下に見られることも経験してきた。

自分の物差しで見て、頭から小馬鹿にしたような態度をとる人間。

「先生」とは言いつつも、その実、自らのいいように使役しようとする人間。

いかなる種類の人間に邂逅しようとも、超然と己を崩さずに対応できるようにならねばと思う。

そして、本質を見失わないようにすることだ。

訴訟に例を求めるならば、見るべきは相手方ではなく、裁判所である。

相手方を説得乃至屈服させるのが訴訟の目的ではなく、裁判官を論理的に説得させること。

そこに、感情は、要らない。

当然のことながら、国内法、過去の裁判例及び世間の良識に照らして判断されるべきであるから、イデオロギーも直接の影響を持たない。

主観的に存在する一切をかなぐり捨て、淡々と臨んでいくに限る。

主観を捨て切れない依頼者にしてみれば「事務的」に映るかもしれないが、やむを得ないことである。

その齟齬を解消するのが説明責任であると考えている。

まずは、自戒を込めてこの部分を努力しなければならない。

でなければ、請求が実現しても依頼者に「しこり」が残ってしまうからだ。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月27日 01時05分30秒
Posted by: tsuchihashi
2月はたったの28日。

その月末ともなれば、駆け込みでの仕事はどうしても発生します。

28日期限の準備書面の起案には、連日3時~4時までの徹夜状態で推敲に推敲を重ねています。

相手方がいわゆる本人訴訟ですと感情的な部分が先に立ち、論点が散漫になりがちです。

一つ一つ、要不要のフィルタリングをしていくことはかなり骨の折れる作業といえるでしょう。

一日だけであればテンション高く翌日を過ごすこともできますが、何日も続けば疲労は確実に身体に蓄積されるもの。

今夜もおいそれと眠れそうにはありません(>_<)



28日には登記関係の仕事も重なりました。

一件は、当初前週に実行予定だった融資が手続の都合でこの日に急遽変更となりました。

この日に住宅用家屋証明書も取得する必要があり、一日中バタバタとしそうです。

もう一件は、根抵当権の追加担保設定契約への立会。

前月に新築された建物の所有権保存登記を終え、金融機関に追加担保として差し入れる契約です。

日頃から懇意にさせていただいている会社さんのため、一連の登記をお任せいただけることになりました。

本当にありがたいことです。

二つの金融機関が同一順位で担保設定するため、当日は気が抜けませんが。



そんなこんなの準備のため、今週からは外出の機会が必然的に多くなっています。

26日も金融機関との打ち合わせに出向き、さらにこれらとは別件の準備で役所回りに。

国道158号(野麦街道)を経由することなく和田から新村駅を越えます。

sensyoji.jpg

松本環状高家線に合流した地点には、「専称寺」という寺院があります。

元々は1568年に神林に建立されたというのですから、450年もの歴史を誇っています。

信州七福神として、弁財天が祀られているとか。

全七福神は、下記のとおりのようです。

・恵比須 大宮熱田神社 松本市梓川梓北北条4396
・大黒天 東光寺     安曇野市穂高等々力2721
・毘沙門天 長興寺     塩尻市大字洗馬元町3392
・弁財天 専称寺     松本市新村字安塚982
・寿老人 兎川寺     松本市里山辺字兎川寺2940
・布袋 盛泉寺     松本市波田中波田5997
・福禄寿 宗林寺     安曇野市明科光字北村108

何れも松本平に点在しますので、軽いお遍路気分で巡ってみるのもいいかもしれませんね。

とりあえず、事が上手く運ぶように神仏に願いを掛けましょうか・・・(;´Д`)









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月26日 23時37分58秒
Posted by: tsuchihashi
何もない日曜日。

文太さんとの食事会松本山雅の決起大会と連日出席した疲れか、起床してもだるさが消えず。

何をするでもなく、ボーっと時の過ぎ行くままに時間を浪費してしまいました。

とうとうコンビニにすら出ることもなく、一日が終了。

夕方からは今週の仕事の準備に入ることができただけヨシとするより他ありません。



もともと大人数が嫌いで、人と群れることを極力避けてきた私。

対人関係というものに対する自身は未だにありません。

一人っ子という生まれで、多分他人との距離感をどう保つべきかが鍛えられていないのですね。

たまたま目に付いた他人の言動に憤り、それをぶつける。

言ったからといって何が変わるでもないことをいつまでも考える。

気持ちの切換えをすべきなのに、どうしてもそんな気にならない。

こうした傾向が顕れてくると、我ながら少し危機感を持ちます。

相手との適切な距離を保ちつつ、適切な態度を常に忘れないこと。

これが抜け落ちてしまっているということは、根底にちょっとした焦燥感があるのでしょう。

メリハリを付けて、休めるときは休み、動くべきときは動く。

自然の摂理に基づいて自分を労わりつつ生活できればいいんでしょうけど。

知らず知らずのうちに疲労を蓄積させてしまう厄介な性格のようです。



山雅の決起大会で再会したK原先輩に指摘されました。

「何か去年は暴れたらしいじゃん」。

去年、青年会議所の中で取ってしまった行動が、どうやら先輩の耳にも入ったようです。

「いいウワサってのは僕らの耳に入ってこないんだけどね・・・」。

正直言って、この指摘は相当堪えました。

もちろん、そうしたウワサが飛び交うことは予想していましたが、面と向かって言われると・・・。

自分の言動には自信を持っていたつもりでした。

でも、現実には独り善がりのところがあったのかもしれない。

・・・それは、仲間のうちだけだろうか。

普段何も言わない妻も、本当は・・・。

事情を詳しくは知らない他人からの評価というものは貴重です。

自らが気付かないうちに他人を傷付け、困惑させていることもあるのだと心しなければならないと思いました。

一事が万事、口は禍の元。

諸々思うところはありますが、それを全て口にすることは必ずしもクレバーではありません。

抑えるべきは抑え、より大人としての振る舞いができるよう、自らに磨きをかけようと思います。

何もない日曜日だからこそ、自分と向き合えたのかもしれません。

そう考えれば、喧騒から身を置く日はやはり必要ですね。

・・・ということで、自分に無理をせずしっかりと休もう(´・ω・`)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月24日 01時05分04秒
Posted by: tsuchihashi
23日は皇太子殿下の誕生日でした。

謹んでお祝い申し上げます。

その日、午前から夕方にかけて司法書士会主催の認定司法書士研修会。

終了の後、松本山雅FCの後援会通常総会と来週に控えたシーズン人に向けての決起大会がありました。

恐らく両方に出席したのは私だけ。

俗に言う「ダブルヘッダー」というやつです(笑)



研修会の方は、静岡県会の古橋清二先生と弁護士の上條剛先生を講師に、みっちりと講義を受けました。

場所は松本市勤労者福祉センター。

昨今の司法書士の代理権問題を巡っては、法曹人口の増加とも相まって訴訟にまで発展するケースもあります。

代理権獲得前から本人訴訟支援などに深く携わってこられた古橋先生。

理論的な解説を交え、また現実的な対処法を含めた講義をいただき、執務指針とすることができそうです。

実践編として交通事故(物損)についての講義は上條先生から。

代理権獲得当時から当会の研修にもご協力いただき、司法書士の訴訟活動にも寛容な方です。

私自身も多重債務問題全盛の頃、先生とご一緒させていただいたこともあります。

たまたま今回は私自身も経験したことのあるテーマでした。

受任当時、がむしゃらに(自己流に)訴訟を提起しました。

ですが、それ以前にこの講義を聴いていればもっと落ち着いて追行できたのではないか、という内容でした。

ご経験を基に組み立てられたご講義は、生々しい実務の空気感が伝わってくるものであり、即役立てられそうな知識ばかり。

司法書士が交通事故を取扱うケースは比較的稀ですが、権利意識の向上と共に紛争数自体は増加するのでは、と先生のご見解。

もしも被害額が140万円以下であれば、司法書士がお役に立てるケースです。

加害者がお金を支払ってくれないなどお困りの際には、是非近所の司法書士事務所に相談いただければと思います。



1302yamaga1.jpg

松本山雅FCの後援会通常総会と決起大会は、市内のホテルブエナビスタにて行なわれました。

個人会員、法人会員合わせ約200名もの人数を集め、今期の活動方針が通常総会で承認されました。

昨年度途中から後援会に入会した私が総会に出席するのは今回が初めて。

松本青年会議所のOBたちが先頭に立って設立された松本山雅FC。

後援会の執行組織には共に青年会議所で活動した先輩方の名が連なり、会場には山本理事長と内ヶ嶋専務理事の姿も。

緊張感ある通常総会が閉会した後は、引き続き決起大会兼会員親睦会。

現役選手を交えて会食し、現場との一体感を高揚させる仕掛けは地元密着チームならではのこと。

J1にも決して引けを取らない観客動員数は、地域貢献活動も含めて日頃からのファンサービスの努力の賜物なのだと思います。

これからも市民に根ざした活動を継続し、頂を極める日が来るのを心待ちにしています。



そして、親睦会のクライマックスはサイングッズが当たるジャンケン大会。

昨年11月の親睦会では見事に負けて戦利品を手にすることができなかった私。

潜龍雌伏の時を経て今年こそは、と同席した内ヶ嶋専務理事と共に勝負をかけました。

その結果は…

1302yamaga2.jpg

二人とも見事サイン色紙を獲得(中央)( ´∀`)

私が手にしたのはGK村山智彦選手のもの。

(左はMF飯尾龍太朗選手、右はDF鴇田周作選手のもの。ミーハーな私は無理を言って自分から「取りに行き」ました)

いずれもニューフェイス、今後の活躍が見込まれる有望選手です。

翌日の練習試合を控えた中、快くサインしていただいてありがとうございました!

事務所の応接室に飾らせていただきますので、皆さんが来所の折にはぜひご覧になってくださいネ。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月23日 01時32分50秒
Posted by: tsuchihashi
22日昼、松本市内の某飲食店で俳優を引退した菅原文太さんとの食事会に参加してきました。

2009年に松本青年会議所が松本少年刑務所で行なった植樹事業からのお付き合いがあります。

当時の植樹に私は参加できませんでした。

そのため、事務局から案内があった時は迷わず参加の意思を伝えました。

まさしく千載一遇のチャンスであり、僥倖というもの。

青年会議所に属しているからこそ実現した出会い。

その機会をフルに活用すべきだよ、とは我が兄貴分・堀川氏がかつて私にかけてくれた言葉。

これが私を後押ししたのも紛れのない事実です。

期待に胸膨らませ、会場へと向かいました。



参加した現役メンバーは、山本理事長、堀川監事、早田議長にペーペーの私。

予定よりやや遅れ、丸山元理事長の車に先導されて菅原さんが到着しました。

車から降り立った菅原さんはやはり独特のオーラをまとっており、初対面である私と早田君はそれに圧倒されました。

映画、テレビの第一線で活躍されただけのえも言われぬ貫録があります。

小心者の私は「自己紹介させていただいてもよろしいでしょうか」とお話しするのが精いっぱい。

対照的に、早田君は自らが9月に実施予定の事業についての夢を滔々と語っていました。

握手をさせていただいた手の感覚を、きっとこれから忘れることはないでしょう。



俳優業の引退後、山梨県の耕作放棄地で農業に従事されている菅原さん。

自らの農園に就農希望者を受け入れるなど、市民の観点からの活動に軸足を移されています。

その傍ら、東日本大震災後の脱原発問題にも積極的に関わっておられます。

菅原さんのご活動を興味深く拝聴し、私たち青年だからこそできることへの協力も求められました。

近年の我が国をめぐる状況にも深い憂慮をされており、その思いから私たちの活動にも期待を寄せていただいているとのことです。

また、私たちの活動についても様々なサジェスチョンをいただきました。

これを機会と捉え(特に早田君)、今後の活動に生かすことができればと思います。



ご一緒させていただいた時間は一時間余りでした。

昔堅気という表現が適当であるかどうかは分かりませんが、筋の通った生き方を全うされている菅原さん。

一人の男として、一人の社会人として、感銘を受けました。

「菅原さんのようにカッコよく年を重ねたい」。

そう思って生きてきましたが、ご本人とお会いしてその思いが強くなりました。

「頑張れよ」。

短いながらも熱い思いの込もった言葉をいただきました。

出会いに、感謝。

菅原さん、どうもありがとうございました。








ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月21日 02時28分53秒
Posted by: tsuchihashi
simon&garfunkel.jpg

中学に通っていたころ、初めて Simon&Garfunkel の存在を知った。

音楽の教科書に載っていた曲は、「Scarborough Fair」。

言わずと知れたこのデュオの代表曲であり、ハーモニーの真髄を味わえる曲である。

少年だった私が音楽の素晴らしさを感じた思い出の曲。

何にでものめり込みやすい単純な性格である私は、程なくして彼らのベスト盤CDを購入する。

The Sound of Silence、A Hazy shade of winter(邦題:冬の散歩道)、The Boxer、El Condor Pasa(邦題:コンドルは飛んで行く)、etc。

どれも親しみやすいメロディ、かつ、どこか郷愁を誘う調べであり、その虜になったものだ。



時は流れ、様々な音楽に触れ合い、社会に参画するようになった現在でも折に触れ聴きたくなる曲がある。

1970年発表の、「Bridge over Troubled Water(邦題:明日に架ける橋)」。

原題を直訳すれば、悩める水に架かる橋、とでもなろうか。

激流に身を置く友に手を差し伸べる、美しい友情を歌い上げた曲である。

その歌詞の日本語訳を下記に転載する。

「君が疲れ果て、途方にくれて
涙さえ浮かべていたら
ボクがその涙を拭いてあげる

ボクは、いつも君のそばにいるから
辛いとき、友達も見つからない時
ボクが橋となって
激流の中に立ち尽くす
君を救い出してあげるよ

ボクが激流に身を投げ出し
橋となって、立ち尽くす君を
救い出してあげるよ

君が挫折し、希望を失って
一人街を彷徨い
つらく寂しい夕暮れを迎えた時は
ボクが君を慰めてあげるよ

暗闇が訪れ、苦しみに包まれた時も
ボクは、必ず君の味方だよ

激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる

激流に架かる橋のように
この身を投げ出してあげる

さあ、立ち上がって!(無限の可能性を持つ少女)
前に向かって歩き出すんだ!

暗闇が去って、輝く時が来たんだ
君の行く手には、いくつもの希望がある
みんな輝いているだろう?

友が必要な時は、振り返ってごらん
いつも君の後ろにボクがいる

激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ

そう、激流に架かる橋のように
君の心の支えになってあげるよ」

(Yahoo! 知恵袋より)



社会人になったからこそ、この歌の良さが身に沁みて分かるような気がする。

行動範囲が狭く、友人の範囲も自宅の近くに限定される子ども時代では、「心の友」と呼び得る存在に出会うことはそう多くない。

自らの価値観を確立し、その上で様々な見方をできるようになる年代に出会った、価値観を共有できる友人。

損得勘定を抜きに友情で結ばれた人は貴重であり、一生ものだろう。

そうした友を持つことができるのは幸せなことであり、歌い手である二人の関係もまたそうなのではないかと思う。



ところで、私たち司法書士の依頼者に対するスタンスは、この曲にピッタリだと感じている。

悩める依頼者と共に思いを共有し、実現に向けて二人三脚で進んでいく。

依頼者を積極的にリードするでもなく、追従するのでもない。

あくまで双方が尊重し合い、共に歩む。

それが、市民に最も近い法律家である私たちの立ち位置だ。

そう認識するにつけ、この曲の味わいが増すのだ。

この曲との出会いは20年前になるが、理想に向けて歩みを止めるわけにはいかない。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月20日 00時22分18秒
Posted by: tsuchihashi
松本の中心市街地にある金融機関と家庭裁判所とに用事があり、昼過ぎから夕方にかけて外出しました。

金融機関には、一度お預かりした書類の返却。

予定されていた融資の実行日が先に延び、書類の差替える必要があるためです。

建物の完成が遅れ、融資予定日に表題登記が間に合わないことが確実になりました。

表題登記が完了しなければその後の所有権保存登記、担保権の設定登記も連なってできないことになるわけで。

まあ、そういうことも当然起こります。

私どもとすれば建物が完成しなければどうしようもありませんので、その日が来るのを待つのみということになります。

家庭裁判所には、遺言書検認申立書の提出に。

遺言書の証拠保全のため、保管者や発見者は遅滞なく家庭裁判所に申し立てしなければなりません。

申立をしなければ過料の制裁がありますし、事実上、各種遺産の名義変更をすることもできません。

昨年末にご依頼いただいておりましたが、相続人全員の戸籍を収集するのに時間がかかりました。

お子様がいらっしゃらず、相続人となるべきご兄弟もほとんどお亡くなりになっていたため、甥・姪にあたる方が相続人となったケース。

封緘が施されているので内容は分かりませんが、遺言者の意思が尊重される結果であればと願っています。



街まで出たので、内容証明郵便は本町通りにある松本郵便局へ。



今年は内容証明郵便を発送する機会が多いのですが、いずれも郵便局の窓口で差し出しています。

昨今は電子化の進展により、郵便局に行かずとも「電子内容証明郵便」を事務所にいながらにして送ることもできます。

自動的に必要部数が印刷・封入されて手間が省け、手数料も若干安くなる電子内容証明郵便。

非常に使い勝手としてはいいと感じていますし、利用を検討してみたこともあります。

しかし、個人的に考えたこととして、インパクトに欠けるような気がしています。

受け取り手の立場に立ったとき、どのような印象を受けるかという観点です。

電子内容証明郵便は、そもそも発送者の押印が要りません。

どころか、郵便認証司(内容証明郵便を取り扱うことのできる職員)の押印も電子押印になります。

対して紙の内容証明郵便には発送者の朱肉による押印があり、郵便認証司のスタンプが押されることで、内容証明郵便に命が吹き込まれる感じがします。

同時に、発送者の内容証明郵便に込めた意思表示も明確になる印象があります。

比較すると、あくまで私個人の主観ではありますが、紙の内容証明郵便に分があるような気がするのです。

人間が介在する以上、そこに関わった者の思いを少しでも乗せたいもの。

そうすると、無機質な感の否めない電子内容証明郵便を利用する気にはどうしてもなれないのです…

…両者を受け取る立場だからこそ考えたことなのかもしれませんね。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月19日 00時19分02秒
Posted by: tsuchihashi
20年来の愛煙家である私。

両親が共に喫煙していたということもあり、煙草はとても身近な存在です。

気分転換や一区切りの際、好んで紫煙をくゆらせます。

もちろん最低限のマナーとしてポイ捨ては言語道断。

思わず歩きたばこをしてしまうこともありますが、必ず既設の、又は自分の灰皿に吸殻を捨てております。

喫煙者への風当たりが強まっていることは周知のとおりですが、近頃さらにその網は確実に狭まってきています。

その理由の一つとしては、やはり平成14年の「健康増進法」の制定があります。

同法の第25条には、

「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。」

という規定が置かれています。

高騰する医療費を抑制するために制定された法律です。

同条は罰則のない、いわゆる努力規定になっていますが、まあ、言わずもがなのことを規定しているにすぎないと思います。

これを受け、さらに各地方公共団体では受動喫煙防止条例を定めているわけですね。



私の住む松本市でも、「健康寿命延伸都市」を標榜し、本年は「タバコと向き合う松本スタイル~あたり前の禁煙へ~」を策定する動きがあります。

菅谷昭市長が医師で、ご自身が初期の胃癌を罹患した経験もおありのことから、健康に対する造詣は人一倍深いものと推察します。

健康が第一ということは分かってはおりますが・・・

約二年間禁煙した経験もございますが・・・

なかなかどうして、ちょっとやそっとでスッパリやめられるような「あたり前」のことではございません。

屋内から屋外へと追いやられるのも時代の趨勢か、と半ば諦めてはおりますが・・・

愛煙家に対する包囲網として、こんな風景を見かけました。

smokingroom.jpg

芳川出張所の喫煙ルームだった場所。

現在は見るも無残な物置と化してしまっています(´・ω・`)

公共施設から喫煙場所が駆逐されるのは仕方ないにしても、この使われ方はどうにも解せません。

物置として使うにしても、段ボールなどが市民の目に付くような置き方は見た目にも良ろしくなかろうと思います。

市長、これじゃあ市民の精神衛生的に問題ありませんか??







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月18日 02時41分18秒
Posted by: tsuchihashi
新車をGetしました!

…絆愛部長のベビーカーですが(笑)

kizuna13.jpg

ある天気のいい日、お母さんである妹君とコロコロとお出かけしました。

ご機嫌でご近所のスーパーまで行って来たとのこと。

お出かけ中はほとんどぐずることもなく、お外大好きになっている様子。

私が抱っこしながら近くを一周した時も、眩しさに耐えつつ必死に眠気と戦っていました。



昼間にお出かけしたら、夜は甘えん坊さんに一変。

kizuna14.jpg

お母さん、奥様、私に万遍なく抱っこを要求します。

横抱きから縦抱きにも慣れてくれたらしく、一つの関門突破といったところでしょうか。

そして私は遊び相手でもあるので、連日の60分一本勝負です。

あれこれと話しかけたり、指を顔の前でチラチラ動かすと手足をばたつかせて激しく反応したり。

私のヒゲにパンチを食らわしたこともありましたし、喉仏に裏拳ももらいました。

毎日の進化は見ていて飽きないもの。

今の私たちにとっては、ストレスを吹き飛ばしてくれる存在です(^-^)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月17日 00時18分16秒
Posted by: tsuchihashi
先日、麻績村での仕事に出向いた際、筑北村の全支所を訪問しました。

国道403号を北上すると、まず最初に現れるは本城総合支所(合併前の旧本城村役場)。

honjo.jpg

JR篠ノ井線・西条駅至近にある、堅牢な印象を受ける庁舎です。





道なりに進み、県道467号線に入って坂を登っていくと、筑北村役場(合併前の旧坂北村役場)に辿り着きます。

国道403号線と「道の駅さかきた」を高台から見下ろす格好のロケーション。

chikuhoku(sakakita).jpg

傾斜地に建設されているということもありますが、コンパクトで機能的な印象を受けます。

シルバーの外壁は太陽の光に照らされると目にも眩く映ります。



県道467号線はまさに坂北地区の大動脈。

この道沿いに図書館、小学校が存在し、行き詰まりにJR坂北駅があります。



国道403号線に戻り、さらに道なりに進むとほどなくして麻績村に入ります。

麻績インター入口を過ぎ、左手の麻績村役場を通過してJR冠着駅に至る県道12号線に入って高速道の高架下をくぐると再び筑北村。

この界隈は合併前の旧坂井村地域で、「旧本城村・旧坂北村と旧坂井村の間は山地で直接連絡する道路がなく、旧坂井村地区は麻績村を経由しなければならない事実上の飛地」となっています。

sakai.jpg

こちらが旧坂井村役場の坂井総合支所。

村章の跡が庁舎にはクッキリと残っています。





本城総合支所から坂井総合支所までは、距離にして僅かに11.5km。

山間の狭い地域で結び付きの強かった旧三村。

地方交付税交付金の削減と合併特例債の発行というアメとムチが後押しとなったとはいえ、早晩共同体となることは必定だったのでしょう。

そうした枠組みの中から麻績村が離脱したのは想定外だったのかもしれませんが。

抱えていた高齢過疎化、産業の振興という共通の課題はこれからも付き纏うことに変わりはありません。

この課題にどういった形で答えを出していくのでしょうか。

筑北村の取り組みに、今後注目していきたいと思います。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月16日 00時35分02秒
Posted by: tsuchihashi
15日、隣の自治体の某機関にて訴訟準備のための打ち合わせに赴きました。

公務員さんには守秘義務があることは充分に理解していましたが、些細なことでも手掛かりを掴めれば、との思いからでした。

電話にて面会の申入れをしたところ、上役の方とも協議されたようですが、打ち合わせが実現しました。

経緯は担当の方がご存じでしたので、簡潔に当方の目的とご協力願いたい旨を伝えました。

個別的な部分についての説明はいただけませんでしたが、それも織り込み済みのこと。

一時間ちょっとの面会の中で、担当者のご苦労が言葉の端々に滲み出ており、それを肌で感じられただけでも収穫でした。

この結果をもとに、訴訟にどう役立てていくか。

しっかりと検討し、必ずプラスの材料としていこうと思います。

様々にもたらされる材料を生かすも殺すも代理人次第。

よくよく咀嚼し、飲み込み、法廷という発表の場に味付けをした料理をお届けするのが私の仕事ということになります。



事務所に帰ってからは、過払い金に関する対応の打ち合わせを1件と、裁判所への申立書類の打ち合わせが1件。

いずれも依頼者の方と協議し、ご納得いただくというプロセスを大事に進めさせていただいています。

雪の中出向き、またご足労いただいた一日。

このところは昼も夜も関係なくバタバタしっぱなしですが、人間同士のつながりを第一にした日々を送っています。

夜、楽しみにしていたチョコレートにようやく手を伸ばしました。

13choco.jpg

もはや毎年の恒例ともなっている、奥様の妹君お手製の生チョコ。

数日前にもらったんですが、バレンタイン前に食べるのもなんだか・・・と考えていたら、当日を逃したという何とも間抜けなお話。

今年は我が家での手作りとなりました。

疲れた体には、やっぱり甘いもの。

とっても美味しくいただきました(∀`*ゞ)

奥様と一緒にエネルギーを充填し、また奮闘していきます。

・・・肝心の奥様からのチョコは、一月遅れとなるようです( ゚∀゚)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月15日 00時27分22秒
Posted by: tsuchihashi
聖バレンタイン・デーの14日、標記交流会が松本商工会館で行われました。

商工会議所は青年会議所絡みで勧誘され、昨年入会したのが始まりです。

5,000弱の中小企業が加盟し、松本の地域経済を支える経済団体である松本商工会議所。

異業種との交流の機会はそれほど多くないだけに、貴重な機会と考えて参加しました。

130214.jpg

交流会に先立ち、

『あなたの会社の広報は正しいですか? 中小企業の広報戦略』

と題し、コンサルタントの山見博康氏のご講義を拝聴しました。

会社を人体に例え、経営者の広報に対する姿勢の在り方を問うた山見氏。

1時間半のおよそ半分は、小グループに分かれての自社PR実践タイムでした。

自社の魅力や長所を把握しさらに伝える力がなければ、いかに良い商品やサービスであろうとも宝の持ち腐れとなる。

自社が顧客をはじめ他人の目にどう映っているか。

この点を常に意識し、広報に活用していくことが必要だと実感しました。

私どものような士業者は、特に「差別化」という点が重要だと思います。

「この人に依頼して良かった」、一人でも多くの方にそう感じていただけるよう、今後を考えていかねばなりません。



ご講義に引き続いては職員による商工会議所の説明と、軽食を伴う名刺交換の交流会。

交流会は商工会議所内に設置された部会の枠を超えたものでした。

これからもこうした機会を活かし、人脈を作っていきたいですね。

参加してみて驚いたのは、青年会議所の仲間が多く参加していたこと。

S谷君、O藏君、H原君、M城君にK林先輩。

日頃顔を合わせていても、こうした場で遭遇すると新鮮です。

企画・運営しお声掛けいただいたK澤君、ありがとうございましたm(_ _)m









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月14日 00時32分44秒
Posted by: tsuchihashi
登記完了後の書類をお届けに、麻績村へ。

山間部は前日の雪で通行が大変かと思いきや、水気の多い雪質のおかげかほとんどが融けていました。

昼過ぎに麻績村に入り、ご用を済ませる前に腹ごしらえ。

前日に周辺の食事処の目星を付けておき、お目当ての食堂へ。

その名は、「すしや」さん。

名は体を表すと申しますがさにあらず、お寿司屋さんではありません。

JR聖高原駅前にある、れっきとした食堂です。

sushiya1.jpg

この表構え、昭和の香りがプンプンと漂ってきます。

否が応でもレトロマニアの私のテンションは上がります。

胸の高鳴りを抑えつつ、暖簾をくぐって店内に入ると…

sushiya2.jpg

予想どおり、朴訥とした昔ながらの食堂の雰囲気。

テーブル席のほか、奥には小上がりの座敷もあります。

お品書きの札がいい味を出しています。

メニューは定食、丼物、ラーメン、カレーなど。

決して奇を衒った品揃えではありませんが、そこがかえって新鮮といえるのではないでしょうか。

お値段の方は最も高いものでも750円!

sushiya3.jpg

冬場は寒いセメント打ちの土間ですが、こんなストーブを目にするだけで心が温かくなります。

でも、本当に心温まるのはおばあちゃん。

一見さんの私でも可愛らしい笑顔で迎えてくれました。

口コミにもありましたが、このお店の最大の魅力と言えるかもしれません。



そして、私が注文したお料理が運ばれてきました。

sushiya4.jpg

天ぷら定食、750円。

丁寧に作ってくれてるんだろうな、と噛みしめつついただきました。

おばあちゃんとおじいちゃん2人の3人で切り盛りされているお店。

どうかいつまでも元気で、美味しい食事を作り続けてもらいたいと思います。

次回は同じく昭和大好き女の奥様を連れて行くつもりです。









ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月13日 00時33分11秒
Posted by: tsuchihashi
前日、育児休暇を取った妹君に代わり、一日育児に勤しんだ私たち夫婦。

私たちは楽しい時間を過ごさせてもらい、妹君もいい気分転換になったようです。

山形村の大型ショッピングセンター、アイシティ21にお買い物に行ったとのこと。

6日から12日までの一週間開催されていた北海道物産展で仕入れたらしく、

13bussan.jpg

こんもりとお土産をもらいました。

どれもこれも、道東出身の奥様が泣いて喜ぶ品々。

棒鱈、鮭とば、利尻昆布、コマイ(氷下魚)の一夜干し、そして松前漬。

…ぜーんぶ酒の肴ですけどね( ゚∀゚)

お酒を呑まない(正確には、呑めない)奥様の大好物。

写真にはありませんが、いかめしも。

海なし県に長らく暮らす私としても、海産物には尋常でない魅力を感じます。

次回以降の物産展には顔を出したいですね☆ミ



奥様が10代を過ごした港町・釧路には、勝手丼で有名な「和商市場」があります。

かつて訪れた時の市場は磯の匂いに満ち溢れ、空洞化が進む釧路の中心市街地とは一線を画す賑わいでした。

タレントの大泉洋さんもロケで偶然訪れており、写真撮影禁止だったのを省みずに遠目から撮ったことを思い出します。

結婚して間もなく、旅行で立ち寄ったのがもう4年半も前のこと。

また夫婦で訪ねたい街。

今度は、奥様が生まれた街、根室にも足を伸ばしてみたいと思っています。

雄大な自然を誇る北海道は、山の中に生きる者にとっては遥かな憧れの地なので。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年02月12日 02時18分45秒
Posted by: tsuchihashi
三連休の最終日は、私たち夫婦と絆愛との水入らずでした。

おむつを取り換え、ミルクを与え、遊び相手になった(なってもらった?)一日。

kizuna12.jpg

揺り籠に揺られることにもすっかり慣れた彼女。

ご機嫌で起きている時には決まって歌を歌ってあげます。

童謡、ポップス、演歌などジャンルを問わず、思い付いたがままに。

お気に入りはどうやら、レミオロメンの「3月9日」。

メロディも素晴らしくて大好きな歌ですが、きっと私の声色もいいのでしょう。

ニッコリ笑い、アーウーおしゃべりをしてくれます。



天使がくれた休日。

私たちにいつ天使が来ても、楽しくやっていける自信を掴んだお休みでした。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
«Prev1 2Next»