2013年 1月の記事一覧

«Prev1 2Next»
13年01月31日 02時42分27秒
Posted by: tsuchihashi
裁判所から、一本の電話がありました。

私が三年ほど前に申し立てた個人再生の債務者が再生計画に基づく弁済を怠り、債権者から再生計画取消の申立があったとのこと。

再生債務者が返済を怠った場合、裁判所は、債権者の申立によって再生計画を取り消すことができます(民事再生法第189条第1項第2号)。

裁判所としては、私が履行の監督をしているか、債務者と連絡を取り合っているかを確認したかったようです。

基本的に私は支払の履行を監督していません。

ですが、何かあればすぐに連絡くださいね、とは皆さんに申し上げています。

事前にご相談があれば防げたことだったかもしれません。

収入の減少などの「やむを得ない事情」があれば、再生計画の変更の申立もできたところだったからです(同法第187条)。

この方は再生計画の認可決定確定後、私とは一切連絡を取らなくなっていました。

ですので、ご本人からご連絡がない以上は私が今後関わることはないのではないかと思います。



原則3年という返済期間中、残念ながら一定の割合で返済が滞ってしまうことはあります。

私が関わった案件では10%程度でしょうか…

これを多いと見るべきか、少ないと見るべきかは分かりません。

再生計画を順調に遂行できないことは、当事者であるご本人が一番無念なことと思います。

もちろん、お手伝いさせていただいた私も、順風満帆に行かないことは一緒に悔しく思います。

しかし、必ずその状況に見合う手立てもまたあります。

諦めず、恥ずかしいと思わずにご連絡をいただければ全力でサポートします。



少々残念な電話に心が痛みましたが、心和む場面もありました。

kizuna11.jpg

何やらご満悦な様子の絆愛さん。

そのズルイ表情は反則ですよ!

君、本当に生後1ヶ月だよね…(;´Д`)??







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月30日 01時03分38秒
Posted by: tsuchihashi
我が家でゆったりとした毎日を送る、産後の妹君。

微妙に疲労が蓄積しつつあるのでしょうか、ほぼ毎日と言っていいほど鼻血を出しています。

夫婦で心配し、栄養のある物を食べさせてやりたい…しかし、なかなか時間が…とジレンマに陥っていました。

とりあえずは買い出しをしなければ、と深夜も営業する某スーパーへ…

あれやこれやと意見を交わしつつ、食材を物色している最中に私がふと漏らした、

「そういえば最近鰻食べてないね~」であっさりと決定。

奥様曰く、「私もそう思ってたよ(笑)」

本当に考えていることが同じくなってきたことに驚きます。

以心伝心というやつでしょうか…?

時間に追われる中でも温めるだけで食べられるという手頃さも、私たちのニーズに見事にマッチしました。

13eel.jpg

ということで、鰻丼。

妹君も喜んで食してくれました。



ちょうど寒さが一番厳しい頃ですので、体力の回復にはもってこいだったのかもしれません。

過去の記事を確認したところ、昨年の寒の土用の丑の日に鰻を食べた記録が残っていました。

今年の間の土用の丑の日は先週だったようですね。

鰻屋さんのトレンドには乗り遅れてしまいましたが、まあそこが私たち夫婦らしいといったところでしょうか(苦笑)



スタミナのおかげかどうか、翌日に妹君は絆愛さんを抱っこして近所をお散歩。

風もなく晴れ渡った空の下、束の間の外出を楽しめたそうです。

その調子でじっくり養生してくださいね。

…鰻で余計に血が余って鼻血がほとばしらないことを祈ってます( ´_ゝ`)







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月29日 00時54分35秒
Posted by: tsuchihashi
打ち合わせのため、東筑摩郡は麻績村へ。

国道19号から国道403号へと進路を変え、筑北村を通り抜けた先が目的地。

途中の滝上峡を越えれば山間を縫って走るのどかなドライブコースになります。

事務所を出てほぼ一時間で辿り着きました。

松本、塩尻、安曇野を挟む東筑摩郡の東北端にあたります。

さらにしばらく車を走らせれば、聖高原を抜けて千曲市に至ります。

omi.jpg

麻績村役場。

傾斜地に建設されており、入口へと延びるスロープが印象的です。



麻績インターにもほど近く、役場の近隣はまさに村の中心部として機能が集約されている印象があります。

平成の大合併を巡る動きの中、坂井村、坂北村、本城村との四村で構成された任意合併協議会を離脱し、自立の道を選択した同村。

主には豊かな自然環境を活かし、観光に力を入れているようです。

小さくともキラリと光る村として頑張ってほしいですね。

hijirikogen.jpg

役場とは国道を挟んだ反対側に位置するJR聖高原駅。

特急も一部停車します。

開業当初は「麻績駅」の名称でしたが、1976年に「聖高原駅」と改称したそうです。

…私の生まれる前の話なので知りませんでした(;´Д`)



4年前は頻繁に近辺を通ったものですが、最近はめっきり通る機会も減っていました。

ましてや、仕事で来ることは今までありませんでしたので、降車して写真を撮ることもありませんでした。

結婚前に妻と聖高原にドライブに来たことくらいでしょうか。

筑北村には修那羅峠の石仏群など、興味をそそられる遺産もあります。

改めて時間を取って観光に訪れてみたいと思います。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月28日 00時47分29秒
Posted by: tsuchihashi
2009年に松本青年会議所の50周年を記念して作成された「新松本・安曇野宝かるた」。

karuta-2.jpg

市民の皆さんをはじめとして地域の「宝」のアンケートを取り、かるたの句も公募して完成した一品。

松本・安曇野地域に点在する地域資産にスポットを当て、かるたという形をとり見直してもらうという目的によるものです。

昨年の青年会議所のサマーコンファレンスではグランプリを獲得するという快挙も成し遂げました。

karuta-3.jpg

絵札には切り絵作家の柳沢京子さんの切り絵を採用し、見た目にも芸術性の高い作品に仕上がっています。

また、絵札を裏返しにして順番に並べると、松本広域圏の地図上に「宝」の所在がマッピングされるという工夫もあります。

家族みんなで遊びながら地域資産を学ぶことができるようになっています。

購入などのお問い合わせは、松本青年会議所事務局(TEL 0263-32-7646)まで。



さて、今年私が所属する「想い・物語の伝播委員会」では担当する二月第一例会において、このかるたを題材に地域の強みを発信します。

委員会ではそのための準備を連日しています。

ご当地かるたは全国に数あれど、これをどのようにして地域振興に役立てていくことができるか。

例会は、2月4日(月)。

多くの皆さんのご来場をお待ちしています。

例会についての情報は、松本青年会議所HPをご覧ください。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月27日 00時41分11秒
Posted by: tsuchihashi
13日、むたい俊介代議士新春のつどいに参加した私。

そのお礼状が郵便で届きました。

そこには、会場での写真が同封されていました。

13newyear7.jpg

代議士がご登壇された場面。

隣に着座されているのは相澤孝夫・相澤病院理事長です。

13newyear8.jpg

代議士と握手を交わした決定的瞬間も。

左隅には若林けんた参議院議員も写っていますね。

会場にカメラマンがいて撮影しているのは知っていましたが、私も写り込んでいるとは思いませんでした。



これからも国民のための司法書士制度を推進するため、長くお付き合いをすることになることは相互の了解事項。

細かなお心遣いにいたく感動した休日でした。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月26日 00時21分03秒
Posted by: tsuchihashi
1月末。

それは、司法書士にとってはまとめの時期となります。

「業務報告書」の提出が控えているためです。

これは、司法書士が前年の1月から12月までの1年間に取り扱った事件の内容と件数とを所属司法書士会に報告するというものです。

この所属司法書士会への報告期限が1月末日までと会則で決まっています。

各会員から報告書の提出を受けた司法書士会の会長は、これを取り纏めて日本司法書士会連合会会長宛に提出することになっています。

これが3月末まで。

各司法書士会で取り纏め、連合会でも取り纏めて統計として分析の対象としています。

寄せられたデータを元にそれぞれ活動の参考にしているということです。

つまり、標本数が集まらなければ正確な実体を把握することができません。

個々の会員がこの義務を怠れば、全体の活動に支障が出るということになります。



とはいえ、几帳面に毎月なり数ヶ月毎にまとめていれば苦労はないのかもしれませんが…

どうしても日々の業務に忙殺され、後回しにしてしまうのが反省しなければならないところです。

毎度のことですが、この土日のうちには目処を付けておかなければならないと思います。

数字となって眼前に現れるのも恐いものがありますが、逆に自分の1年を振り返るいい機会とも言えそうです。

まとめていると依頼者の方のお名前から様々な思い出が蘇ります。

一緒に悩み、苦しみ、そして喜んだこと。

思い出しては感傷に浸り…

なんてことを繰り返すので案外時間がかかってしまうんですね┐(´д`)┌

1ヶ月遅れでやって来る1年の総まとめ。

依頼者の方は覚えていてくれるかなあ…

と考えつつ、また毎日の業務に戻ります。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月25日 01時13分14秒
Posted by: tsuchihashi
前夜は青年会議所の今年初の委員会があり、出席してきました。

担当例会に向けてのスケジューリング等の確認で、新年総会を経て徐々に盛り上がっていくと思います。

私自身も昨年の出来事を忘れ、今年の活動に傾注していきます。



明けた24日の朝は冷え込みも緩みましたね。

氷点下8℃や9℃が続いた日からすればありがたい限りです。

おかげで布団から出ることを躊躇いもせず、目覚ましの音を聞きつつ起床することができました。

この日は裁判所に向かい、今年初の出廷。

いわゆる過払い金返還請求訴訟ですが、しばらく提訴しないでいるうちに目に見えて事件数が減っていました。

同じ時刻に5件、6件と事件が重なっているのが当たり前でしたが、同じ時刻に入っていたのはわずかに1件。

一時の鬼のような事件数が嘘のようです。

そのためか、担当裁判官もかなりゆったりと余裕のある訴訟進行でした。

…まあ、これはこれで別の緊張感も覚えたりするわけですが(苦笑)



法務局で登記完了書類を受領後、金融機関へお届け。

長野へ向かう前に一丁腹ごしらえをしました。

iidaya.jpg

松本市民なら誰もが知っているといっても過言ではない、イイダヤ軒のかき揚げ月見そば(470円)。

無性にそばが食べたい衝動に駆られ、今年の初そばです。

一滴のつゆも残すことなくキレイに平らげました(*^^)v



お腹も膨れたところで、いざ長野へ向けて出発です。

今年初の会報編集委員会へ参加。

新年号の発行も終わり、次号3月発行分の企画と新体制への引継に向けた打ち合わせです。

3年半の間携わった編集もあと半年余りを残すのみ。

浅学非才ながら、後の期間も最後のご奉公として務め上げるだけ。

特集記事のアンケートの企画や分析で苦労した日々が、走馬灯のように思い出されました。

私の後を受ける方々は、知恵を結集して情報豊かな紙面を作り上げてほしいと思います。

などと、去り往く者の感傷に浸っていたため会議も上の空でしたm(_ _)m

次期編集長に就任が内定している有能な委員もいることですし、私も安心して退任することができます。

会議が終了したのは予定を大幅に過ぎた21:50。

長野市内で降り始めた雨は、山間で霙交じりに変わっていました。



mark-x.jpg

長い一日を共に頑張ってくれた我が愛車、マクセル。

法務局の駐車場で偶然にも白いマークXが近くに停まっていたので撮影しました。

いや、我ながら惚れ惚れする美しいフォルムです…

7ヶ月で走行距離が10,000kmを超えました。

これからもたくさんの思いを載せて走ってくれるでしょう。






ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月24日 02時42分32秒
Posted by: tsuchihashi
長らく個人の債務整理業務に取り組んでいますが、初めて法人の債務整理を受任しました。

手探りの状況ではありますが、個人事業とほとんど変わらない感触で当たっています。

・手形や小切手による決済がないこと

・従業員に対する未払い給与がないこと

・什器備品等、市場における換価価値がほとんど見込めないこと

・強硬な取引先が存在しないこと

・以上から、管財事件となる可能性が低いこと

などの現状であり、書類作成という限定的な権限であっても所期の目的が達成できるのではと考えています。

法人名義での公租公課滞納や、個人名義での住宅ローン問題もありますが、司法書士独自の二人三脚でクリアしていこうと思います。



ところで、本件に関して債権者以外からのお問い合わせを受けました。

市内に支店をもつ、某信用情報会社。

当該法人が債務整理手続きに入ったか否かを確認する電話でした。

俗に「倒産情報」としてサイトでも情報にアクセスできますが、その登録のための調査と思われます。

一定規模以上の法人で、関係先に与える影響が大きければ登録されることも致し方ないかもしれません。

しかし、守秘義務との兼ね合いもあり、詳しくお話をすることは避けました。

私たちとしても立ち位置が難しい部分はあるのは事実です。

ただ、そうした曖昧な中で個人情報に類する情報をおいそれと提供することには抵抗がありました。

今となっても妥当な判断であったかどうか、自問自答していますが。



そこで疑問が。

どこからこうした情報が信用情報会社に流れてしまったのであろうか、という点です。

考えられる点としては、一つ。

いずれかの債権者です。

私が送付した受任通知を受け取った関係者が、その会社に連絡を取ったとしか考えられません。

いずれ裁判上の手続をとれば、官報にその旨が掲載され事実は明らかになるところではありますが…

個人事業と同一視できる零細企業ですから、依頼者とすればできるだけ内密にしたいのは当然のことです。

「腹いせ」なのかどうかはわかりませんが、個人の債務整理に携わってきた者として、少々残念な出来事でした。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月23日 02時42分04秒
Posted by: tsuchihashi
flag.jpg

昨年のある日のこと。

近所の某第二地銀の最寄り支店の若手行員から電話を受けた。

趣旨は、

「投資信託を契約いただきたく、お話を聞いてくださる時間が欲しい」

とのこと。

新年の挨拶回りなどで事務所を訪問いただいたこともあった。

仕事の見積もりを出してほしい、と連絡いただいたこともあった。

だが、結局預金口座開設はなかったし、見積もりを提出した後の正式な断りの連絡すらもいただかなかった。

言ってみれば、全く無関係に等しい間柄だろう。



当然割り当てられたノルマはあるはずだ。

それを達成するために滲むような努力をしているであろうことも理解できる。

しかし、である。

普通預金口座を開設して、あるいは何らかの融資を受けて支店との「お付き合い」が開始するのが通常だろう。

そうした段階を抜きに、一足飛びに投資信託の勧誘をされるとは夢にも思わなかったのが偽らざる心境だ。

以前にも書いたように、投資信託は非常にリスクを伴う商品である。

自らの身をもってその痛みを経験した者からすれば、あり得ない営業の仕方だ。

物事には然るべき順番というものがある。

通常の売買取引であれば、開始当初は少量で、日を追い、信頼関係が築かれる中で数量が増えていくのが自然の流れだと思う。

担当者個人に対する信頼が即ちその会社に対する信頼となり、他の商品購入など取引を拡大させていくのだ。



単に小金を持っていそうで契約してもらえそうだ、という彼なりの計算もあったのかもしれない。

そして、金融機関と司法書士との関係は、良く言えばギブ&テイクだが、悪く言えば「無理を聞いてやって仕事をもらう」こともままある。

必要のない資金を義理で借り入れ、必要のない商品を仕事のためと購入する。

開業して間もない司法書士が仕事に渇望しているというのも事実だが、その足元を見てはいないだろうか。

私も開業後日の浅い時期であったら、あるいは言われるがままに購入していたかもしれない。

だが、そうして身の丈を超えた取引をしてみても、現実に仕事を依頼されるという保障もまたない。

「仕事が欲しそうな顔をしないこと」

これは、私が独立前に勉強させていただいていた事務所の先生が語った言葉だ。

また、その先生はこうも言った。

「仕事をくれるまで金融機関の待合でずっと待っていた司法書士を見たことがある」

これらの言葉は今もなお私の心の中に残っているし、戒めのようなものとして一度もそうした行動に及んだことはない。

武士は食わねど高楊枝、まさしく士業としての矜持を忘れてはならないのだと思う。



もちろん、投資信託の話を聞くこともなく、丁重にお断りさせていただいた。

通常の取引に照らしても順序を疑問に思ったところであるし、自分自身の矜持を貫くためだ。

他の司法書士の姿勢がどうであれ、私は自分が惨めになるような行動は今後もしないだろう。

失礼ながら実例として挙げさせていただいた彼にも、営業の姿勢として、自らがそうされた時にどう感じるかを再考してほしいと思う。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月22日 01時20分14秒
Posted by: tsuchihashi
先週の降雪後、立派に成長したつらら。

13tsurara.jpg

我が家の北西の軒先は最も日が当たらない場所です。

ここまで長く垂れ下がったのも記憶にないくらい。

それだけ毎晩の冷え込みが厳しいことの証。

大寒を過ぎ、一年の裡では最も寒い時期です。

「大寒の朝の水は1年間腐らない」とも言われるそうです。



寒さの象徴として捉えられるつらら(氷柱)。

しかし現実には、極寒だけでなく寒暖がある程度繰り返される必要があるそうです。

融けては凍り、凍っては融けの連続がつららを成長させるんですね。

まるで成功と失敗を繰り返して成長する人間のようだと思います。

融けてばかりでも、凍ってばかりでも、大きなつららにはなり得ません。

人間も、成功してばかりでは天狗になってしまうでしょうし、失敗ばかりでは腐ってしまうでしょう。

緊張と弛緩、幸福と不幸は、程よい均衡をもって人生を豊かにするものなのだと思います。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月21日 02時09分13秒
Posted by: tsuchihashi
一体この人は何を考えているのだろうか。

そう胸の内を疑わざるを得ない人は、確かに存在する。

血縁の有無、親疎にもまた関係がない。

私自身、なるべく胸襟を開いて接するよう心掛けているが、100%相手が心を開いてくれるということはない。

相手に拒絶感や厭世感、また固定化された価値観といった一種の頑なさがあれば、それを突き崩すのは容易いことではない。

人と接する仕事をし、さらにはプライベートの上でもそうした人とは多く相まみえてきた。

私が本音を曝け出して一人の素の人間として言葉を発しても、残念ながら最後まで心の裡を見せてくれない人は、確かにある。

悲しいが、それが現実である。

しかし、少しでも頑なな心を解すこと、そうした方を一人でも減らすことがリーガルカウンセラーの職責であると信じている。



遺産分割における相続人相互のように、利害が衝突する可能性のある局面がある。

この場合、依頼を受けた相続人の利益を最大限に図ることが、私たちに課せられた義務である。

だが、その相手方の心情も尊重し、妥結を導くというのが裁判外における理想であると考えている。

では、直接の依頼者という人物がかなりクセのある人格であり、相手方の主張がより強い正当性を有する場合にはどうであろうか。

利益を最大限に図る義務を有することに変わりはない。

そのために相手方には極めて事務的に対応して、依頼者のために粛々と進める。

一人の専門職能として、恐らく最も正解に近い行動なのではないだろうか。

あくまでも、依頼者に有利な「結果」を出しさえすればよいのだから。



しかしながら、このような行動は司法書士にとって重大な危険性を孕んでいる。

司法書士の言動により相続人間の対立が生じ、または先鋭化すれば、弁護士法第72条にいう「争訟性」が問題となる。

一度対立が生ずれば、その瞬間から業務を行い得なくなるためだ。

俗に言う「非弁活動」であり、かつて平和産業とも称された司法書士の出る幕ではなくなる。

(140万円以下の簡易裁判所関係業務もさることながら、家事事件についての代理権が司法書士にはないからである)

私たちの行っている業務には常に法律の壁があり、現実との狭間で苦悩する場面が少なくない。

それは依頼者の知る由もないことであるから、余計にジレンマとなって私たちにのしかかる。

こうした諸問題については、政治連盟役員の立場からしても解消していかなければならないし、そのための活動を長期的視野に立って取り組んでいく所存である。



先日も、かかるジレンマを感じる出来事があった。

相手方とは、半年以上にわたって話をしてきた。

遠方に居住していることもあり、電話のみでの話である。

「相手方の顔が見えない」ということは想像以上であり、そこには誤解が生じやすい傾向がある。

発言の内容、その裏の真意、そして私の人間としての部分が充分に伝わらず、相手方は相当のお怒りだったようだ。

無論、私とすれば相手方の希望も尊重する意向を示したが、相手方の猜疑心は一向に消えることはなかった。

出来得る限り感情を込めず、事務的に進める努力もしてみたのだが、未熟な私にはどだい不可能な進め方であったのかもわからない。

だが、とうとう私も感情を露わにせざるを得ない状況となった。

聞き手に徹することのみであったのを捨てて本音をぶつけたところ、相手方の態度から何かが消え去ったように思われた。

私自身の人となりを表に出し、これまでの内心や意図を伝えると、相手方の言葉は柔らかくなり、わだかまりがなくなったようだ。

互いの非礼を詫び、事件とは関係のない話をすることもできたのである。



本来であれば私の態度や言動は誉められたものでは決してあるまい。

専門職能としての倫理に照らせば、もしかしたらお咎めをいただく可能性すらあろうかと思う。

だが、私はそれ以前に一人の人間でありたい。

そんな不器用な人間がいてもいいではないか。

軽い弁解を自分にしつつ、私は私の信念に立脚した方法で解決への道を探っていきたい。

相手が何を考えているか。

引き出すには、同時に自分が何を考えているかを明らかにするのが最大の近道である。

そう信じて、「分からない人」にもぶつかっていく。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月19日 00時44分16秒
Posted by: tsuchihashi
17日は標記研修会が松本城の正面入口、中華の第一会舘で行われました。



第一講は「実践役員変更登記」、第二講は「不動産登記に関わる訴訟の実務」。

いずれも実践的な内容であり、私たちが日頃の業務で取り扱う可能性の多いものでした。



役員変更登記は会社法の施行後、会社の機関設計に融通が利くようになったことから役員の任期管理にも留意すべき点を改めて喚起されました。

特に、役員が本来の任期が満了しているにもかかわらずその登記をしていない場合(いわゆる権利義務役員)や、監査役の権限を会計の監査限定から拡大する定款変更決議をした場合など、お目にかかる頻度は必ずしも高くはないけれども「あり得る」ケースについての参加型検討が勉強になりました。

現実の業務で会社関係をお受けすることは悲しいかな、年に10件あるかないか。

まともに役員関係のことを勉強したのも受験時代以来のような気がします。

しかしその過去を思い出し、久々に頭の体操ができたので、実務でも対応できそうな自信になりました。

本会から派遣の高山正義所員、峯村伸吾所員、講師の大役お疲れ様でした。



不動産登記に関わる訴訟は、債権の消滅時効を援用しての仮登記抹消登記手続請求訴訟や、被告が様々な理由により所在が不明となっていた実例に基づく講義でした。

手続の検討と選択から始まり、具体的な訴状他の記載方法など、まさに生きた教材から学ぶというもの。

ご判断にも苦労された事例と思われるものが多く、その過程を開陳していただいたことは大いに参考になりました。

20130117.jpg

熱弁を振るわれる飯田支部の田中清文理事。

その気魄には聴く人を圧倒するものが感じられました。



話題は変わって大雪後の某日。

国道19号を市街地方面に向かって北上していた時に出くわした光景。

それは…

上半身裸の男性が、歩道を南に向かって歩いているではありませんか!!

晴れ間で寒さが和らいだとはいえ、何たるチャレンジャー…( ゚д゚)

(画像は肖像権の問題がありますので、自主規制とさせていただきます)

その一種独特の雰囲気に動揺しつつ、多方面から意見を募ってみたところ、数々の無責任な意見が寄せられました…

「修行僧」、「何かの罰ゲーム」、「サーファー」、「部活でのイジメ」、etc...

私の見立ては、「羞恥心を滅却するというエッセンスを加えた新手の寒稽古」。

…なお、某後輩は警察が呼ばれ謝っているところを目撃したとか。

新年から縁起が良いのか、悪いのか?

ともあれ、珍しい光景でした!







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月18日 01時41分33秒
Posted by: tsuchihashi
昨年の12月15日朝に誕生した絆愛。

妹君と一緒に我が家に「里帰り」しているため、一ヶ月検診に付き添ってきました。

身体測定と先天性異常の検査をしましたが何ら異常は見つからず、一同安心です。

体重も約1kg増え、身長は約3cm伸びていました。

順調な成長です。

一番近くで見ている私たちにとっても、お墨付きをいただいたことで胸を撫で下ろしました。

…せっかく私たちの元にいるのに「指導」されたら責任問題ですし(ノ∀`)

妹君と私たち夫婦の思いを一身に浴びて日々を送る絆愛。

お母さんのおっぱいに顔を預ける寝姿は天使そのものです。

(ただし、画像につきましては自主規制とさせていただきます)



駅前での仕事を済ませ、向かった先は祖父母が眠る中山霊園。

いつも私たちを見守ってくれているであろう彼らに、祖母の命日に報告へと赴きました。

13nakayama1.jpg

連休中の雪で、一面は銀世界。

私以外に墓参に来た人もいないようで、一帯は静寂に支配されていました。

もちろん我が土橋家の墓所も例外ではなく、

13nakayama2.jpg

アプローチ部分と墓石の周囲の雪を掻き分け、どうにかお参りできる状態にしました。

ベタ雪だったので、線香もまともに立てることはできませんでしたが…

逆に人気のないことをいいことに、祖父母にじっくりと報告をすることができました。



新しく授かった命と、命を繋いでくれた先祖に対する感謝。

人間はこうして歴史を重ねていくんですね。

今の私があるのも、過去を作ってきてくださった先祖先達のおかげ。

「おかげ様」を胸に、私は私の人生を作っていきたいと思います。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月17日 00時17分09秒
Posted by: tsuchihashi
降雪の後に残された夥しい雪。

国道や主要地方道を除いては除雪車が入らず、車を運転しても車輪が滑り、ハンドルが取られます。

年配のご相談者は悪路の中をお越しくださいました。

JR平田駅でお待ち合わせをし、先導して事務所へご案内します。

(周囲は住宅や畑が混在するので場所のご説明にも一苦労するんです…)



お話をお伺いすると、ご自宅の権利証を紛失されたとのこと。

将来ご自身にもしものことがあった場合に備え、遺された方々に迷惑がかかることのないように心配されてのご来所でした。

結論から言えば、権利証がなくとも自己の権利が否定されることは決してありません。

その旨を丁寧にご説明し、ご自宅の登記簿を登記情報提供システムで確認していただきました。

「生前に処分等される場合であれば手続上権利証は必要です。

しかし、もしもの場合に相続登記をする場合、相続人の方からの申請となるので権利証は必ずしも必要ではありません」

と登記制度についてお話ししたところ、安心されたご様子でした。



ただ、やはり権利証がお手元にないというのは不安が残るようです。

どんな事情があっても権利証は再発行されないので、プリントアウトした登記情報をお渡ししお持ち帰りいただきました。

25年も前に発行された権利証。

現在に至るまでの中で紛失も汚損も充分にあり得る機関です。

お話をしていて感じたのは、「登記済」の朱印が今も相当の重みを持っているという事実。

私が開業した10年前はまだ権利証が発行されていました。

それがいわゆる「電子政府」構想に登記手続が組み込まれ、登記識別情報の発行にとって代わられました。

一枚の紙の上に目隠しシールが貼られたそれは、様々な意味で取り扱いが難しいものです。

登記完了書類をお渡しする際にどこの司法書士でも悩むのが、その「権威付け」でしょう。

やはり「登記済」の朱印は私たちの仕事を明瞭に示す証拠でもありました。

と同時に依頼者の方にとっても、同じく格段の重さを感じていらっしゃったということになります。

つまり、権利証の紛失は権利の紛失に繋がる、というイメージなのだと思います。

アナログ派の自分としても、比較すれば権利証の方がありがたみがあるかなぁ、とも。



せっかくいらしたのだから、と与太話をしているうちに法律相談ともお悩み相談ともつかない話題になりました。

将来を真剣にお考えになっていらっしゃる方だからこそ、遺言も検討していらっしゃるとのこと。

内容についてざっとお聞き取りした上でアドバイスを差し上げ、

「困ったらいつでもお声掛けくださいね」

そう笑顔で申し上げておきました。

私たち司法書士は、市民に最も身近な法律相談の受け手という自負を持っています。

雪を溶かし、暗闇を照らす太陽のような存在として。

さらなる研鑽に励んでいきます。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
13年01月16日 00時33分14秒
Posted by: tsuchihashi
…出席するはずが、急遽欠席せざるを得ませんでした(汗)

昨晩から降り続いた雪を掻き、出発の準備をしようとしていたところ突如として強烈な倦怠感に襲われ…

熱を測ってみたところ、37.5℃… Σ(゚д゚lll)

液晶表示を見た瞬間にモチベーションがあっという間に失われ、欠席の連絡を入れることすらできず寝床へ逆戻り。

委任状を提出しておいたのがせめてもの救いでしょうか…。

ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。

botchan.jpg

この純粋無垢なお顔に免じてお許しくださいm(_ _)m



いや、それにしてもかなりの積雪でした。

30cmほどになったでしょうか。

水分を多く含んでおりスコップが重いこと。

目覚めた後の腰の異常な張り具合で、相当な負担だったことを実感しました。

夜になってようやく体が楽になったところです。

とはいえ、家の中に赤ちゃんがいるというのがかなり張り合いになることは間違いありません。

kizuna8.JPG

絆愛部長。

本日は薬売りに扮しております。

…そんなやる気のない仏頂面では売れる物も売れませんよ(ノ∀`)

肉体的に大変でも、精神的にホッとさせてくれる宝。

この子の一日一日を間近で見ることができるのはこの上ない喜びになっています。







ご相談・お問い合わせは、info@tsuchihashi-solicitor-office.com まで。

不動産、会社、契約、裁判、消費者トラブルなど、身近な問題に対応します。

長野県の松本市、塩尻市、安曇野市を中心に日々奮闘中です。



ひっそりとブログ村ランキングに参加中。

記事が面白かった方も、つまらなかった方も、ためになった方も、そうでない方も。

私の知り合いの方も、全く面識ない方も、ランキングに興味のない方も…

 クリックにご協力いただければ嬉しいです 

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
«Prev1 2Next»