留学仲介大手のゲートウェイ21が
10月1日に自己破産手続きの
開始申立てを行ったようです

報道によると負債総額は
約12億9000万円とのこと

社団法人日本旅行業協会の
HPで確認したところ
どうも第三種旅行業の登録を受けているようですから
同社との旅行業務に関する
取引きをした消費者は
その取引によって生じた債権について
弁済業務保証金から一定の範囲で
弁済を受けることが出来る可能性があります

…といっても負債総額
約12億9000万円に対し
弁済限度額は900万円ですから

あくまで推測ですが…
債権を申し出て認証されたとしても
その金額が900万円以下
…ということはなさそうですから
按分比例で算出した額が
戻ってくることになりそうです


そうすると弁済業務保証金制度を
利用しようと思い
申し出たとしても、戻ってくる金額は
微々たるものかもしれません
しかしながら、まずは認証手続きを
行う必要があるかと思います