路線価とは、道路に面した
1平方メートル当たりの土地に
値段が設定されており
その値段をもとに土地の価格を
算出するもので相続税や贈与税における
評価額算出の基礎となるものです


不動産の価値は、これ以外にも
取引想定価格を示した「実勢価格」や
国交省が毎年1月1日時点の標準地の土地価格を
3月下旬頃に発表する「公示価格」
鑑定士が算出する「鑑定評価額」
それから「固定資産評価額」など
実に様々なものがあります


上記のうちの路線価に関して
1日、国税庁2008年分の路線価を公表しました
全国の平均路線価は前年を10.0%上回り
3年連続で上昇したようです

都心部の一部で伸び率が鈍化している旨の
報道もありましたが…
エンドユーザーにとっては
マンション購入時の価格に影響しますので
これから購入を控えている方に
影響を及ぼすかもしれません

バブルの様に地価が上がり続けるのであれば
不動産投資もありえるのかもしれませんが
米国のサブプライムローンをみるに
今のところそれも厳しいように思います

あくまで無責任な私見なので
読み流していただければ幸いなのですが
不動産を買う方が少し減ったような気もいたします
まぁ…もしも不動産投資を行う方が
いらっしゃればその選択は
慎重におこなったほうがよろしいかと思います^^