4月を迎え、進学、就職、転勤
転職などの時期となりました
この時期は新生活をスタートされる方が
多いため、不動産の売買や
賃貸の契約をめぐってトラブルが
多いように思います

3月などに物件を探して
新生活を始めたものの何らかの
契約上の過失があったケースもあれば

住宅ローンを申し込んだものの
4月から、状況により収入が減ってしまったなど…
事情の変更により契約が困難になったため
購入を控えたいケース

契約交渉の途中で売主が条件を変更してきたが
これは契約の変更なのか
新たな申し入れなのか…といったケースなど
様々な問題があろうかと思います


このような場合に
契約を変更できるのか?
解約をするのであれば契約解除か?
それとも手付解除か?
また…そもそも契約は成立していたのか?
など様々な問題が出てこようかと思います

このような場合、あたりまえの事ですが
トラブルをさけるためにも
事前に専門家などに
その可否などを確認のうえ
各変更の経緯などを、なんらかの書面で
残しておくことをオススメいたします