不動産登記申請をインターネットを通じて行う
オンライン登記の申請件数は
本年1月15日からわずか一ヶ月間で
約5万7000件に上ったそうです

06年度の年間申請件数は
1122件だったそうですから
大幅UPということですね


また、先日日記やブログでも書きましたが
正確には、不動産登記の【半】ライン申請が
可能になったことで飛躍的に件数が
伸びたものと思われます(汗)

なぜ【半】ラインというかといいますと…
半分オンライン申請をするからなのです
登記申請と登録免許税の納付はオンラインで行って
添付書類はあとから法務局に送付
もしくは持参するという形で登記申請を行う流れです


以前からあったオンライン申請を
便宜上完全オンラインとし、これと比較すると
主に下記のような違いがあります

1.オンライン申請をすると登録免許税が安くなるようになった
2.オンライン申請だと売主、買主等の電子署名が必要だが
  半ライン申請は、申請等をオンラインで申請して
  添付書類を別送するため、売主、買主の電子署名が不要である

電子定款が一気に普及したときと同様に
減税という費用削減のメリット
当事者の電子署名不要という利便性が
件数が一気に伸びた理由ではないかと思います

但し、オンラインによる登録免許税の
減税の面でも全ての登記が対象となるのではなく
不動産は所有権保存・移転、抵当権設定
商業登記は株式会社、合名会社
合同会社等法人の設立登記に限られますのでご注意下さい

登録免許税減税というインセンティブは
やっぱり魅力的ですよね
(><)

遠方の登記における専門家の
交通費や日当などの負担減等もありえますし^^
積極的に利用なさってみるのも
よろしいかと思います